【水族館】夏はカクテル片手に夜の水族館を堪能!“空飛ぶペンギン”や愛らしいコツメカワウソに会える「サンシャイン水族館」

サンシャイン水族館_おすすめ_水族館特集

池袋駅から徒歩10分、サンシャインシティのビルの屋上にある「サンシャイン水族館」。空と光と水と緑に満ちた都会の非日常空間=“天空のオアシス”がコンセプト。海の中の生き物を中心に展示した「大海の旅」、河川や湖などの水辺にすむ生き物を中心に展示した「水辺の旅」、そして海獣を中心とした展示の「天空の旅」で構成。空を飛んでいるかのような「天空のペンギン」や「草原のペンギン」など、見どころがいっぱい。

更新日:2019/07/01

サンシャイン水族館_おすすめ_水族館ニュース

夏の18時以降はカクテル片手にロマンティックな夜の水族館を堪能

7月19日(金)~9月1日(日)は、夏季限定で楽しめる「Night Cafe&Bar」がオープン。屋外エリアのマリンガーデンのテラス席では、約6000球のイルミネーションに囲まれた幻想的な空間でサマーソングライブ(期間中の木・金・土のみ)を聞きながら、館内では水槽の中を優雅に泳ぐ生き物たちを眺めながら、タリーズコーヒーが提供するお酒やカフェドリンク、フードを楽しめる。ここでしか味わえない限定メニューもあるのでチェックして。

サンシャイン水族館_おすすめ_水族館情報1

“空飛ぶペンギン”など、屋外エリアでは臨場感ある生き物たちの展示が楽しめる

屋外エリアマリンガーデン「天空の旅」にある「天空のペンギン」は、「サンシャイン水族館」の人気スポット。幅12mの大きくオーバーハングした水槽の中のスイスイと泳ぐケープペンギンの姿はビル群の上空を飛んでいるかのよう。ペンギンの本来の暮らしがわかる「草原のペンギン」では夫婦で過ごす様子や子育てする風景が見られるかも。

ほかにも、ドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」で都会の空をアシカが飛んでいるかのような姿が見られたり、「天空のペンギン」水槽から伸びる全長30mの天空の通路「天空パス」で気ままに過ごすモモイロペリカンが見られたりと、生き物の生態をこれまでにない方法の展示で楽しむことができる。

サンシャイン水族館_おすすめ_水族館情報2

アシカのパフォーマンスや、生き物たちのフィーディングタイムなど、パフォーマンスはやっぱり楽しい

オープンステージで行われるアシカのパフォーマンスは必見。アシカの息づかいまでも聞こえてきそうな距離感で、柵などもないので、目の前でかわいい姿を見られる。

ペンギンや豪快にのど袋を広げてエサを食べるペリカンや、獲物を狙ってジャンプするアロワナ&ドラドなどのフィーディングタイムもぜひ見てみたいところ。愛らしい表情や動きで人気のコツメカワウソのお散歩風景を見ながら、飼育スタッフが生態や暮らしぶりを解説してくれるグリーティングタイムも楽しみたい。

サンシャイン水族館_おすすめ_水族館情報3
(左)「パンケーキ かわうそ」380円/(左から右へ順に)「T'sアイスラッシュ ブルーオアシス」「T'sアイスラッシュ ストロベリー」各500円 「アイスコーヒーフロート」600円※サンシャイン60展望台店限定商品 「T'sスプラッシュ ブルーオアシス」500円

写真に撮りたくなるフォトジェニックなフードでおなかを満たして

「天空のオアシス」の一角に今年オープンしたのは、「タリーズコーヒー サンシャイン水族館店」。サンシャイン水族館にしかない限定メニューと、こだわりのコーヒーが楽しめます。水族館の人気者カワウソをモチーフにした「パンケーキ かわうそ」(380円)や、「パンケーキ ぺんぎん」(380円)は、写真に撮っておきたくなるかわいさ。さらに、ひんやりおいしい「T'sアイスラッシュ ブルーオアシス」(500円)など、暑い日にぴったりのドリンクが充実。

思い立ったらすぐに行ける都心の水族館。“空飛ぶペンギン”や愛らしいコツメカワウソたちに会いに行ってみては。

サンシャイン水族館_おすすめ_水族館情報4
(左上)ふわりうむ/(右上)カワウソたちの水辺/(左下)天空のペンギン/(右下)サンシャインラグーン
サンシャイン水族館_水族館データ

サンシャイン水族館

スポット名
サンシャイン水族館
電話番号
0339893466 0339893466
住所
東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上 Map
営業時間
9:00~21:00(春夏)
10:00~18:00(秋冬)
※入場は閉館の1時間前(再入場は30分前)まで
※営業時間が変更になる場合もあり
※「Night Cafe&Bar」は18:00~22:00(LO21:30)
定休日
年中無休
交通アクセス
東京メトロ有楽町線「東池袋駅」より徒歩約5分
JR・東京メトロ・西武線・東武線「池袋駅」より徒歩約10分
都電荒川線「東池袋四丁目」停留所より徒歩約6分
料金
大人(高校生以上)2200円、こども(小・中学生)1200円、幼児(4歳以上)700円
※3歳以下無料
バリアフリー情報
授乳室あり(水族館館内2階)、おむつ換え用ベッドあり(女性・多目的化粧室内)、貸し出し用ベビーカーなし、貸し出し用車椅子なし、多目的トイレあり
展示されている生き物
アシカ、ケープペンギン、バイカルアザラシ、カエル、カメ、イワシ、コブダイ、トラフザメ、ヒョウモンオトメエイ、ドクウツボ、ゾウギンザメ、モモイロペリカン、コツメカワウソなど
ホームページ
サンシャイン水族館

【特集】ひんやり癒される。東京&関東近郊の水族館・アクアリウム2019

東京&関東近郊の水族館・アクアリウム2019

天候に左右されないクールなお出かけスポットといえば、水族館。涼しげに泳ぐクラゲや魚たちは、見ているだけで暑さをクールダウンしてくれる。そこで今回は、人気の水族館ランキングから、夏のデートや飲み会で訪れたいおしゃれなアクアリウム・ダイニングまで、都内&東京近郊の水族館・アクアリウム情報を総まとめしてご紹介します。デートや家族、ひとりで、ひんやり癒しのお出かけを楽しんで。

WRITING/AYAKO OKABE PHOTO/AYUMI OOSAKI

  • LINEで送る