【上野】国立西洋美術館のアクセス&ランチ情報 『アルチンボルド展』を開催中!




ワクワクするアート散歩 東京・横浜の美術館

アート旅特集TOPへ

こくりつせいようびじゅつかん国立西洋美術館

アルチンボルド展

アルチンボルド展

ジュゼッペ・アルチンボルド《春》 1563年 油彩/板 マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館蔵 © Museo de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Madrid

イタリア・ミラノ生まれの奇想の画家、ジュゼッペ・アルチンボルドにフィーチャーした展覧会へ。ハプスブルク家の宮廷で活躍した彼は、果物や野菜、魚や書物といったモチーフを組み合わせ、驚くべき肖像画を発表していく。まるで暗号のようにミステリアスな絵画たちは、20世紀シュルレアリスム以後のアーティストたちにも影響を与えたほど。世界各地の美術館から集められたアルチンボルドの油彩約10点や素描の中には、『四季』や『四大元素』など、日本初上陸となる作品群もお目見えする。ユーモアあふれる作品の数々に、きっと摩訶不思議な世界へと誘われること間違いなし。

  • 展示会の見どころポイント
  • ポイント1

    ジュゼッペ・アルチンボルド《夏》 1572年 油彩/カンヴァス デンヴァー美術館蔵 ©Denver Art Museum Collection : Funds from Helen Dill bequest, 1961.56 Photo courtesy of the Denver Art Museum

    『四季』の中のひとつ。野菜と果物で構成されており、トウモロコシやナスなど、当時では珍しかった野菜が数多く登場している。連作全体のテーマとしては、季節の産物という小さなモチーフによって人間が形成され、それが季節という大きなテーマを表しているとか。

  • ポイント2

    ジュゼッペ・アルチンボルド《コック/肉》 油彩/板 ストックホルム国立美術館蔵 ©Photo: Bodil Karlsson/Nationalmuseum

    “上下絵”となっている、あっと驚く作品も展示される。日本初出展となるこちらの作品では、グロテスクな肉料理がコックへと変身! このほかにも、器に盛られた野菜が庭師に変化する『庭師/野菜』も鑑賞できる。

  • ポイント3

    レオナルド・ダ・ヴィンチにもとづく(?)《3つのグロテスクな頭部(売春の場面)》 1550年頃(?) ペン、茶色のインク/紙 ロンドン、大英博物館蔵 ©The Trustees of the British Museum

    レオナルド・ダ・ヴィンチの影響を直接、間接的にも受けたとされるアルチンボルド。本展では、彼を生んだ芸術的背景を読み解くべく“レオナルド派”の素描も展示される。空想的なイメージ、グロテスクな横顔は、レオナルドの作品との関連が指摘されているそう。

開催日 2017/6/20(火)~9/24(日)
開館時間 9:30~17:30、金・土~21:00
※最終入館は閉館の30分前
休館日
※8/14(月)、9/18(月)は開館
料金 1600円
Webサイト アルチンボルド展の詳細はこちら

施設情報|国立西洋美術館情報

  • 国立西洋美術館
  • フランス政府から寄贈返還された松方コレクション(印象派の絵画、ロダンの彫刻を中心とするフランス美術コレクション)を基礎に、1959年に発足。本館は、20世紀を代表する建築家のひとり、フランスの建築家ル・コルビュジエの設計によるもの。敷地内に展示されたオーギュスト・ロダンの作品『地獄の門』は圧巻。 画像:©国立西洋美術館
住所 東京都台東区上野公園7-7MAP
アクセス JR「上野駅」公園口よりすぐ、京成電鉄「京成上野駅」より徒歩7分、東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」より徒歩8分
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
Webサイト 国立西洋美術館の詳細はこちら

シェアする twitter|facebook|mixi

TOP