オスカー・ニーマイヤー展 ブラジルの世界遺産をつくった男|東京都現代美術館<OZmall>おいしい美術館特集




心うすおすアートなおでかけ 東京近郊の美術館

美術館特集TOPへ

とうきょうとげんだいびじゅつかん東京都現代美術館

オスカー・ニーマイヤー展  ブラジルの世界遺産をつくった男

オスカー・ニーマイヤー展  ブラジルの世界遺産をつくった男

オスカー・ニーマイヤー《ブラジリア大聖堂》Photo: Leonardo Finotti

2016年のオリンピック開催で、注目度がアップしているブラジル。そこでチェックしておきたいのが、ブラジルのモダニズム建築の父と呼ばれるオスカー・ニーマイヤー。街全体が世界遺産になっている首都・ブラジリアをはじめ、国内の主要な建物を数多く手がけていて、ユニークで斬新な建築作品は、ひと目見れば彼の作品だとわかるほど。日本初の大回顧展では、104歳で亡くなる直前まで精力的に仕事を続けたという、彼の活動に着目。代表的な建築物を模型で展示したり、彼を敬愛する日本の建築ユニット・SANNAが展示空間をデザインしたり。さらに写真家・ホンマタカシの作品も登場するなど、話題が盛りだくさん。ブラジルを語るに欠かせないニーマイヤーを今から知っておこう。

  • 展示会の見どころポイント
  • ポイント1

    オスカー・ニーマイヤー《イビラプエラ公園 講堂内部》Photo: Leonardo Finotti

    オスカー・ニーマイヤーの代表作のひとつでもある、イビラプエラ公園の30分の1の模型を、約500m2のアトリウムの大型空間でダイナミックに展開。ほかにも大小さまざまな模型でニーマイヤーの建築物を再現していく。※写真は実際の建築物を撮影したもの

  • ポイント2

    オスカー・ニーマイヤー《ブラジリア大聖堂》Photo: Leonardo Finotti

    なにもない高原の未開の地に築かれた首都・ブラジリア。ニーマイヤーは、街全体が世界遺産に登録されているブラジリアの主要建築物の設計を手がけた。美しすぎる曲線が特徴的なブラジリア大聖堂もそのひとつ。写真、模型でその美貌をチェックしよう

  • ポイント3

    オスカー・ニーマイヤー《カノアスの邸宅》Photo: Takashi Homma 2002年

    こちらもユニークな試み。写真家ホンマタカシが撮影したニーマイヤーの建築作品を、大きなサイズの写真に引き伸ばして展示。まるで本物の建築物が目の前に現れたような感覚を味わえるのは、美術館の広々とした展示空間だからこそ。現地にいるみたいな臨場感を味わって

開催日 2015/7/18~10/12
開館時間 10:00~18:00 9月までの金~21:00(入場は閉館の30分前まで)
休館日 月(祝の場合開館)
9/24
料金 1100円
Webサイト 「オスカー・ニーマイヤー展  ブラジルの世界遺産をつくった男」の詳細はこちら

招待券プレゼントに応募する

施設情報|東京都現代美術館情報

  • 東京都現代美術館
  • 企画展では絵画、造形、建築、コミックなど、今こそ注目したい国内外の現代美術・作家をピックアップ。2~3の展覧会を同時開催することもあり、現代アートを存分に満喫できる。見ごたえのある常設展、10万冊を所蔵するライブラリーに加え、レストラン、カフェ、ミュージアムショップもそれぞれ個性的で楽しみいろいろ。
住所 東京都江東区三好4-1-1MAP
アクセス 東京メトロ半蔵門線清澄白河駅より徒歩9分
都営地下鉄大江戸線清澄白河駅より徒歩13分
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
Webサイト 東京都現代美術館の詳細はこちら
  • 美術館近く OZ編集部のおすすめのレストラン
  • 【門前仲町・イタリアン】BAR di SICILIA LA VUCCIRIA

    【門前仲町・イタリアン】BAR di SICILIA LA VUCCIRIA
    門前仲町駅より徒歩3分の「BAR di SICILIA LA VUCCIRIA」は、シチリア伝統料理をメインとした自慢の料理と、選りすぐりのシチリア産ワインが楽しめる。楽しくアートトークができそう。
  • 【茅場町・イタリアン】Pali Kari

    【茅場町・イタリアン】Pali Kari
    日本橋茅場町、四方をぐるりと川に囲まれた路地裏に店を構える「Pali Kari」。オフィスビルが連なる一角にふと現れる外観は、まるで絵本に登場するレストラン。アート三昧のトークを存分に楽しんで。

  1. オズモールTOP >
  2. 東京都現代美術館|おいしい美術館
シェアする twitter|facebook|mixi