オットー・クンツリ展|東京都庭園美術館<OZmall>おいしい美術館特集




心うすおすアートなおでかけ 東京近郊の美術館

美術館特集TOPへ

とうきょうとていえんびじゅつかん東京都庭園美術館

オットー・クンツリ展

オットー・クンツリ展

《ハート》1985年 ©VG BildKunst 2013

目が覚めるほど真っ赤なハートのブローチ、結婚指輪をつなぎ合わせたネックレス・・・1960年代からアートとしてのジュエリーを創造し続ける、オットー・クンツリ。体に直接触れるジュエリーだからこそ、その存在を感じることができるはずと考え、彼が解釈する“社会”や“人間”へのメッセージをこめた、ユニークで美しい「コンテンポラリー・ジュエリー」が生まれた。今回の展覧会のために制作された最新作まで、約150点のジュエリーを公開。ほかにも写真、ドローイングなどで彼のキャリアもたどっていく。強いメッセージを感じながらも、ウィットに富んだオットー・クンツリの作品は、ジュエリーの本当の魅力と楽しさを教えてくれているよう。

  • 展示会の見どころポイント
  • ポイント1

    《ハート》1985年 ©VG BildKunst 2013

    ジュエリーの定番モチーフであるハートを、さまざまな解釈で作品にしてきたオットー・クンツリが、最初に手がけたハートの作品がこのブローチ。つややかで鮮やかな色彩には、あの高級車・BMWと同じ赤い塗料を使用。高さ9.5cm、厚さ4.5cmとボリューミーなハートは、圧倒的な存在感があって目がクギ付けに

  • ポイント2

    《マンハッタン・ピース》1987年 ©VG BildKunst 2013

    禁煙志向が高まり、喫煙者への風当たりが強かった80年代後半のNY。オットー・クンツリはノンスモーカーだったけれど、当時のムードに行き過ぎを感じ、この作品を制作。ウィットに富みつつも、多様性や自由に対する思いが伝わる。マンハッタンの冬の風物詩、マンホールからのぼる蒸気にヒントを得たユニークな仕掛けも

  • ポイント3

    《チェーン》1985/86年 レンバッハハウス美術館所蔵 © VG BildKunst 2013

    新聞広告で協力者を募り、集められた48個の結婚指輪をつないだネックレス。オットー・クンツリは、指輪の提供者1人ひとりに直接会ってインタビュー。その内容を1冊の本にまとめ、ネックレスと一緒にひとつの作品として発表した。コンセプトやプロセスも大切にする、彼のコンテンポラリー・ジュエリーの本質を感じて

開催日 2015/10/10~12/27
開館時間 10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 第2・第4水(祝の場合翌休)
料金 1000円
Webサイト 「オットー・クンツリ展」の詳細はこちら

招待券プレゼントに応募する

施設情報|東京都庭園美術館情報

  • 東京都庭園美術館
  • かつては、朝香宮邸だった建物。朝香宮ご夫妻が、自邸の建設にあたり、フランス人芸術家アンリ・ラパンに主要な部屋の設計を依頼するなど、当時全盛だったアール・デコ様式を見事に昇華している。ガラス工芸家ルネ・ラリックによる、正面玄関ガラスレリーフ扉も美しい。2014年秋にリニューアルオープンしている。
住所 東京都港区白金台5-21-9MAP
アクセス JR山手線・東急目黒線目黒駅より徒歩7分
都営三田線・東京メトロ南北線白金台駅より徒歩6分
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
Webサイト 東京都庭園美術館の詳細はこちら

  1. オズモールTOP >
  2. 東京都庭園美術館|おいしい美術館
シェアする twitter|facebook|mixi