クレオパトラとエジプトの王妃展|東京国立博物館<OZmall>おいしい美術館特集




心うすおすアートなおでかけ 東京近郊の美術館

美術館特集TOPへ

とうきょうこくりつはくぶつかん東京国立博物館 平成館

クレオパトラとエジプトの王妃展

クレオパトラとエジプトの王妃展

「クレオパトラの鼻がもう少し低かったら世界は変わっていただろう」とは17世紀の哲学者・パスカルの言葉。“絶世の美女”そして“悲劇の女王”と語り継がれた、古代エジプト最後の女王・クレオパトラって、実のところどんな女性だったの? そんな疑問に応えてくれる展覧会。さらに本展ではそのほかの女王や王妃も紹介。世界各国から集められた、彫刻、レリーフ、宝飾品、絵画などを通して、古代エジプトを支えた女性たちの実像に迫りたい。特設ショップでは多彩な展覧会オリジナル商品を販売しており、女王や王妃をかわいらしくあしらったグッズや、アクセサリーブランド「ABISTE」のジュエリーも展開。鑑賞の余韻に浸って、お買い物を。

  • 展示会の見どころポイント
  • ポイント1

    巻き髪が細やかに表現されたクレオパトラの貴重な彫刻作品。古代エジプト最後の女王が暮らした宮廷などは、地震や海面上昇で海に沈んだため、彼女に関連する作品はあまり残されていないとか。クレオパトラは実は美しい声が魅力で、7カ国語を操る聡明な女性だったという逸話も

  • ポイント2

    《アメンへテプ3世の王妃ティイのレリーフ》 新王国・第18王朝時代 アメンヘテプ3世治世(前1388~前1350年頃) 
    ブリュッセル、王立美術歴史博物館蔵 ©RMAH

    王族出身ではないものの、第18王朝絶頂期のファラオであるアメンペテプ3世の寵愛を受けた王妃・ティイ。王母となってからは特に手腕を奮って、アメンペテプ4世を支えた。そんな彼女の品格が伝わってくるレリーフは、ティイの家令を務めた人物の墓の前室に施されていたそう

  • ポイント3

    《王妃ハトシェプスト》 新王国・第18王朝時代 トトメス2世~ハトシェプスト女王治世(前1492~前1458年頃) ボストン美術館蔵 Gift of Mrs. Joseph Lindon Smith in memory of Joseph Lindon Smith, 52.347, Museum of Fine Arts, Boston. Photograph©2015 MFA, Boston

    トトメス1世の王女で、トトメス2世の王妃でもあるハトシェプスト。トトメス2世が亡くなった後は、まだ幼かったトトメス3世に代わって政権を守り、後に同統治者に。女王となって第18王朝繁栄の基礎を築いた

開催日 2015/7/11~ 9/23
開館時間 9:30~17:00  金~20:00 8/25~27・土・日・祝~18:00(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月(ただし9/21は開館)
料金 1600円
Webサイト 「クレオパトラとエジプトの王妃展」の詳細はこちら

招待券プレゼントに応募する

施設情報|東京国立博物館 平成館情報

  • 東京国立博物館 平成館
  • 1872年に創設された日本最古の博物館。平成館は皇太子殿下のご成婚を記念し、1999年に開館。2階はすべて特別展専用の展示室で、1階には考古展示室、同時通訳設備と映写室を備えた講堂、ラウンジとドリンクコーナーがある。また、考古展示室のデザインは、米国スミソニアン研究所のジョン・ゼルニック氏によるもの。
住所 東京都台東区上野公園13-9MAP
アクセス JR上野駅、鶯谷駅より徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅、千代田線根津駅、京成電鉄京成上野駅より徒歩15分
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
Webサイト 東京国立博物館の詳細はこちら
  • 美術館近く OZ編集部のおすすめのレストラン
  • 【上野・イタリアン】AQUA

    【上野・イタリアン】AQUA
    上野駅近くに誕生したイタリアン&バル「アクア」。キッチンから活気が伝わるダイニングで、本格ナポリピッツァを堪能しながら、アートトークを楽しんで。
  • 【秋葉原・中国料理】フカヒレ専門店 銀座 鹿鳴春

    【秋葉原・中国料理】フカヒレ専門店 銀座 鹿鳴春
    天然素材のうま味が凝縮した“体にやさしい中華”を提供するフカヒレ専門店「銀座鹿鳴春」。シャンデリアがきらめく上質な空間に、アートな会話も弾むはず!

  1. オズモールTOP >
  2. 東京国立博物館|おいしい美術館
シェアする twitter|facebook|mixi

TOP