【恵比寿】山種美術館のアクセス&ランチ情報 『[企画展]上村松園 ―美人画の精華―』を開催中!



    オズモールTOP> 【恵比寿】山種美術館『[企画展]上村松園 ―美人画の精華―』

ワクワクするアート散歩 東京・横浜の美術館

アート旅特集TOPへ

やまたねびじゅつかん山種美術館

[企画展]上村松園 ―美人画の精華―

[企画展]上村松園 ―美人画の精華―

上村松園 《つれづれ》 1941(昭和16)年 絹本・彩色 山種美術館

山種美術館では、創設者の山﨑種二が上村松園と親しく交流していたため、日本屈指の松園コレクションを所蔵する。本展ではその全18点を公開。松園の代表作『蛍』『新蛍』『砧』『牡丹雪』をはじめ、鈴木春信や喜多川歌麿の描いた浮世絵美人図、女性画家たちが描く凛とした女性たちなど、バラエティにとんだ女性を描いた絵画が揃い、見終わったあとには、こんな女性をめざしたい・・・なんて、理想の女性像が見つかるかも。

  • 展示会の見どころポイント
  • ポイント1

    上村松園 《蛍》 1913(大正2)年 絹本・彩色 山種美術館

    簾越しの女性の姿や蛍を見つめる女性は、松園が好んで描いたモチーフ。「女性は美しければよい、という気持ちで描いたことは一度もない。一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香(かおり)高い珠玉のような絵こそ私の念願とするところのものである」と語った通り、麗しく叙情的な女性が描かれている。

  • ポイント2

    鈴木春信 《梅の枝折り》 1767-68(明和4-5)年頃 中判錦絵 山種美術館 [後期展示 9/26-10/22]

    鈴木春信の『梅の枝折り』は、世界でたった数枚しか現存が確認されていない希少な作品とあって、ぜひともチェックしておきたい。2人の華奢な娘の姿、髪型や着物のデザインに至るまで、じっくりと鑑賞してみて。また、前期には『柿の実とり』のおてんばな娘を見ることができる。

  • ポイント3

    月岡芳年 《風俗三十二相 うるささう 寛政年間処女之風俗》 1888(明治21)年 大判錦絵 [後期展示9/26-10/22]

    浮世絵美人図では、月岡芳年の代表作にも注目したい。他所蔵の『風俗三十二相』を特別展示しており、同館では今回が初公開となる。芳年ならではのウィットに富んだ切り口で描き出される、女性たちの豊かな表情が美しい。艶やかな着物の柄も素敵。全32図より抜粋した16図を前期と後期にわけて展示する。

開催日 2017/8/29(火)~10/22(日)
※会期中、一部展示替えあり。前期:8/29(火)~9/24(日)、後期:9/26(火)~10/22(日)
開館時間 10:00~17:00
※最終入館は閉館30分前
休館日 月、9/19(火)、10/10(火)
※9/18(月)、10/9(月)は開館
料金 1000円
Webサイト [企画展]上村松園 ―美人画の精華―の詳細はこちら

施設情報|山種美術館情報

  • 山種美術館
  • 1966年、全国初の日本画専門の美術館として開館した山種美術館。近代・現代日本画を中心に、江戸時代の絵画や浮世絵、洋画など、約1800点を所蔵しており、年に5から6回の展覧会を開催している。また、展覧会ごとにオリジナル和菓子を提供するカフェ「Cafe 椿」や、オリジナルのグッズも販売しているミュージアムショップも人気。
住所 東京都渋谷区広尾3-12-36MAP
アクセス JR「恵比寿駅」西口・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」2出口より徒歩10分、JR・東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」より「日赤医療センター前」行きバス「広尾高校前」下車すぐ、JR・東急・東京メトロ・京王線「渋谷駅」より「日赤医療センター前」行きバス「東4丁目」下車徒歩2分
お問い合わせ 03-5777-8600(ハローダイヤル)
Webサイト 山種美術館の詳細はこちら
  • 美術館近く OZ編集部のおすすめのレストラン
  • 【恵比寿/日本料理・創作和食】小割烹おはし ゑびすりびんぐ

    【恵比寿/日本料理・創作和食】小割烹おはし ゑびすりびんぐ
    恵比寿駅すぐのレストランビル5階、隠れ家のような佇まいのお店。木の温もりに満ちた和モダンな空間は、まるで自分の家のリビングにいる感覚に。味わい深く、体にもやさしい料理が楽しめる。
  • 【恵比寿/イタリアン】Buono

    【恵比寿/イタリアン】Buono
    漆喰の壁をモダンアートが彩るダイニングで、スペシャリテのズワイガニのスパゲティ、肉汁あふれる特選A5和牛サーロインの贅沢ディナーを。魚介の美味を堪能できる、スプマンテ付きランチもおすすめ。

シェアする twitter|facebook|mixi

TOP