いつものBBQをもっとおしゃれに楽しもう! フードスタイリスト松田佳絵さんがお手軽アイデアを伝授

GWのレジャーといえば、やっぱりバーベキューははずせない! 青空の下、友達と集まってのバーベキューは最高に楽しい時間。でも、いつものように肉や野菜などを切って焼くだけでは味気ない・・・。そこで今回は、フードスタイリストの松田佳絵さんが、BBQをおしゃれに楽しむテクニックを伝授。今すぐ真似できるアイデアばかりだから、早速取り入れて!

更新日:2018/03/27

【体験レポート】松田佳絵さんに学ぶ、手軽でおしゃれなバーベキュー

松田さんが主催するバーベキューに潜入して、当日の様子をレポート。事前準備から当日の盛りつけまで、目からウロコのテクニックがいっぱい!

【事前準備】
前日にサラダ用の野菜を準備しておく

こってり濃い味付けになりがちなバーベキューにあると嬉しいのがフレッシュなサラダ。
「ひと口大にちぎったレタスやベビーリーフなどの野菜をファスナー付きポリ袋に入れて、ドレッシングと一緒に持参すれば、現地で盛りつけるだけで1品完成! このほかにも、お肉に絞ったり、ドリンクに浮かべたりと出番が多いレモンやライムは、あらかじめ輪切りやくし切りにして、密閉容器に入れて持って行くと便利」(松田さん)

AM10:00【準備】
調理の前にまずはテーブルセッティング

テーブルセッティングはバーベキューをおしゃれに演出する上で大切なポイント。
「お気に入りのクロスをテーブルセンターやランチョンマットとして使ったり、現地に咲いているお花を摘んで飾ったり。ほんのひと手間で、バーベキュー場のテーブルが一気に華やかになります」と松田さんが持参したのは、カラフルな食器類やクロスなど、テーブルを彩るアイテム。普段の食卓やホームパーティーにも使えるので、ぜひ覚えておいて。

AM10:20【準備】
デトックスウォーターを作っておく

せっかくだから、ドリンクにもこだわりたい! そこで、松田さんがおすすめするのは、お手軽デトックスウォーター。ドリンクディスペンサーを持参して、水とスライスしたレモンやライムなどを入れておけば、フォトジェニックなデトックスウォーターが完成!
「ガラス製のドリンクディスペンサーはキッチン雑貨店などで購入可能です。グラスに注いだらレモンやライム、ミントなどを浮かべれば、さらにおしゃれに」(松田さん)

AM10:30【焼く】
野菜は串に刺すだけでかわいくなる!

テーブルとグリルの準備が整ったら、いよいよ調理開始! ここでは、おなじみのバーベキュー用の金串が大活躍。
「赤や黄色のパプリカ、紫タマネギなど、カラフルな野菜を交互に刺すと見た目にも鮮やか。ミニトマトは洗って刺すだけでもかわいく見えますよ」(松田さん)
そのまま網に乗せて焼くよりも、焼きやすいのも嬉しいポイント。一方、肉を焼くときは、レストランのステーキのように、焼き網の模様がきれいに付くように意識してみて。

AM11:00【食事スタート】
盛りつけに工夫すれば、思わず歓声が上がる!

おいしそうに焼き上がった肉や野菜は、盛りつけにもひと工夫を。
「網から直接、紙皿に取って割り箸で食べるのではなく、きちんと盛りつけるだけで、一気にごちそう感がアップ。SNS映えもしますよ」(松田さん)
大きな塊や骨付きの肉はカットせず、ハーブやレモンを添えてダイナミックに盛りつけるのが◎。お皿代わりに大きめのカッティングボードを使えば、そのまま切ることもできて一石二鳥。さあ、みんな揃って乾杯しよう!

こちらもCHECK!

フードスタイリスト松田佳絵さんのフォトジェニックBBQのアイデア

テーブルにお花を飾ったり、ドリンクにこだわってみたり。いつものバーベキューが、誰でもできる“ちょい足し”でワンランクアップ! 思わず写真に撮ってSNSに上げたくなるアイデアをご紹介。

美膳:フードスタイリスト松田佳絵さん

プロフィール
もともと好きだった「料理」や「食器」、「コーディネート」を仕事にしたいという思いが強くなり、働きながら祐成陽子クッキングアートセミナーに通いフードコーディネーターの資格を習得。卒業後は同校にてアドバンススタイリング講座を受講し、CM動画のアシスタントを経てフリーランスに。現在は主に広告関係の料理やスタイリング、テーブルコーディネートを手がけている。

美膳とは・・・
食の世界の第一線で活躍するプロのフードコーディネーター、フードスタイリストが、みなさまの毎日の食卓を彩るレシピをお届けするレシピサイト。これまでにない“美しくおいしい料理”の数々をお楽しみください。
ホームページ
美膳の公式HP

WILD MAGIC - The Rainbow Farm -

2017年にリニューアルした都市型アウトドア施設。1.6haと広大な敷地内は「ヴィレッジエリア」「ファイヤーピットエリア」など7つのエリアに分かれ、カップルからファミリー、ウエディングまで、シーンに合わせて様々な使い方が可能。東京スカイツリー(R)や東京タワー、レインボーブリッジを望む、絶好のロケーションの元、手ぶらでバーベキューが楽しめる。

スポット情報
施設詳細を見る

【特集】おしゃれ&手ぶらバーベキューで大人の休日

今年もアウトドアシーズンが到来。爽やかな日差しのもと、新緑を眺めつつ、おしゃれなバーベキューを楽しんで。特集では、フードスタイリスト直伝の“ちょい足し”で手ぶらバーベキューをフォトジェニックにする技をはじめ、“BBQの達人”の極意やレシピをご紹介。バーベキューの便利グッズほか、手ぶらバーベキュー場を中心に女性目線でセレクトした都内や東京近郊のBBQスポットリストも必見です

  • LINEで送る