うすい会が提案!のんびり楽しみたい人のための“ほろ酔いBBQ”_今日もバーベキュー日和02

うすい会が提案する、手軽で楽しい“ほろ酔いBBQ”

仲間を集めておしゃれなおつまみとドリンクでのんびりと“ほろ酔いBBQ”を楽しむ「うすい会」のおふたり。そんなBBQ達人のふたりが、簡単にできて、しかもお酒に合うBBQ料理の作り方を伝授。ほろ酔いBBQがもっと楽しくなるアイデアもぜひチェックして

更新日:2017/05/30

準備も調理もみんなでゆる~く楽しむ、それが“ほろ酔いBBQ”の極意

「下ごしらえは家ですませて、当日は焼くだけのBBQをゆったり満喫して」

「うすい会」は外ごはんをこよなく愛するBBQユニットのご夫婦。日頃から自宅の庭やキャンプ場などでバーベキューを楽しむことも多いそう。「外ごはんの醍醐味は、空気や景色も一緒に味わえて、食事がより一層おいしく感じられること!」と声を揃えるふたり。さらにお酒や音楽が加われば、ほろ酔い気分で心身ともにのんびりリラックスできるのだとか。役割分担を細かく決めず、みんなでゆる~く楽しむのがうすい会流。「なんにもせず、食べる専門という人がいてもいいんです」という大らかさが、たくさんの仲間を引き寄せる。

“ほろ酔いBBQ”をゆったり楽しむ最大のコツは、料理の下ごしらえを家ですませておくこと。食材はあらかじめ包装を外し、料理に合わせてカットしたうえで、ジッパー付きの袋に入れて持参すればすぐに調理に取りかかれるし、ゴミも減らせる。ドリンクを片手に音楽に身をゆだねながら、肩の力を抜いて楽しむバーベキューは、参加した全員が満足できること間違いなし!

“ほろ酔いBBQ”レポ

うすい会の“ほろ酔いBBQ”に潜入して当日の模様をレポート。そこにはBBQの達人ならではのコツがいっぱい! ぜひ参考にしてみよう。

持ち物

AM10:00【準備】割れない素材などこだわりの食器を持参する

食器類はプラスチックやホーロー、アルミなど、軽くて割れない素材がおすすめ。竹製の器も、ナチュラルな雰囲気を演出してくれる。うすい会では、食器やこまごまとしたアイテムはバスケットに入れて持参する。「ひとまとめにして持ち運びやすく、見た目にもかわいくてテンションが上がりますよ」

テーブルクロス

AM10:10【準備】テーブルにクロスを敷く

まずはテーブルセッティング。アウトドア用のテーブルにクロスを敷くだけで、外ごはんはぐっとおしゃれな印象に。クロスは四隅をクリップでテーブルに固定するといい。クロスが風で浮き上がって食器が倒れるというハプニングも防げる。

ガーランド

AM10:30【準備】タープを張りカラフルなガーランドで飾る

タープテントは日除けになり、万が一の天気の変化にも対応できて、のんびりゆったりとした時間の流れを楽しみたい“ほろ酔いBBQ”におすすめ。カラフルなガーランド(フラッグ状の装飾)を付ければ、手軽におしゃれな雰囲気を出せる。タープを張る前に、ポールの先端にガーランドを引っかけておこう。うすい会のガーランドは、ハギレや着なくなった洋服を利用した手作り。いろんな柄を組み合わせるのが、かわいく仕上げるコツ。

当日は焼くだけ!“ほろ酔いBBQ”メニュー

当日は焼くだけ!本日の“ほろ酔いBBQ”メニュー

【01】即席おつまみスモーク
【02】鶏肉のハーブ&スパイスグリル
【03】あまから焼きおにぎり

【01】 「即席おつまみスモーク」

即席おつまみスモーク

「お酒とも相性抜群な、外ごはんならではの1品」

スキレット(鉄製のフライパン)と燻製用チップがあれば、手軽に燻製作りができてしまう。食材は、練り物やウィンナーのほかに、溶けないチーズ、サバなどもおすすめ。アレンジを楽しんで。

◆「即席おつまみスモーク」レシピ
<材料> 量はお好みで
ちくわ
笹かま
うずら卵水煮
ウィンナー

<作り方>
1.熱しておいたスキレットに、底が隠れるくらい燻製用チップを敷く。燻製用チップはホームセンターなどで手に入る。りんごや桜のチップがおすすめ(写真a)
2.1の上に焼き網をのせ、具材を並べる。煙が出るまで強火にかける
3.煙が出たら、もうひとつのスキレットを裏返しにしてふた代わりにかぶせ(なければアルミホイルで代用可)、中火エリアに移動させる
3.途中で具材をひっくり返しながら火にかけ、きつね色になればできあがり

<POINT>
燻製用チップは、バーナーであぶったり、直接炭を入れたりすると早く加熱できる(写真b)。ゆで卵を使用する場合は、あらかじめ燻製液(ゆで卵5個に対して、水1L・天然塩150g・砂糖70g)に一晩浸けておく

【02】 「鶏肉のハーブ&スパイスグリル」

鶏肉のハーブ&スパイスグリル

「家で下味をつけておけば、当日は焼くだけで簡単!」

とっても手軽に作れて、ハーブやスパイスの香りが食欲をそそるメニュー。うすい会のふたりが愛用するのは、ハーブや香辛料、調味料がブレンドされた「Seasoning Lab」のミックススパイス。この日は「レモングラスミックス」をチョイス。

◆「鶏肉のハーブ&スパイスグリル」レシピ
<材料 5~6人分>
鶏もも肉 800g
ミックススパイス 大さじ1

<下準備>
・鶏もも肉はやや大きめの食べやすい大きさに切り、ミックススパイスを加えて手で軽く混ぜる(写真a)
・ジッパー付きの袋に入れて味をなじませておく(写真b)

<作り方>
1.鶏もも肉を網の上に並べる
2.トングでひっくり返しながら、火が通るまでよく焼く

<POINT>
鶏もも肉は、当日出掛ける前に下味をつけてもいいが、前日の夜から仕込んで冷蔵庫に入れておくと、より味がなじんでおいしくなる

【03】 「あまから焼きおにぎり」

あまから焼きおにぎり

「2種類のたれで楽しむ焼きおにぎりは、みんなに大人気」

おにぎりは家でにぎっておき、たれもあらかじめ混ぜておくのがポイント。香ばしく焼けたおにぎりにたれを塗るだけで完成。甘い味噌だれと、辛いコチュジャンだれで味の変化も楽しめて、いくつでも食べられそう。

◆「あまから焼きおにぎり」レシピ
<材料 6個分>
おにぎり 小さめ6個
[A]味噌 大さじ1
[A]醤油 大さじ1
[A]はちみつ 小さじ1
[B]コチュジャン 小さじ1
[B]長ネギ(みじん切り) 大さじ1
[B]ごま油 大さじ1
[B]醤油 大さじ1

<下準備>
・おにぎりはあらかじめ家でにぎり、ラップなどに包んでおく
・[A]を合わせて味噌だれ、[B]を合わせてコチュジャンだれをつくり(写真a)、それぞれふた付きの容器に入れる

<作り方>
1.グリルの網の上におにぎりを並べ、両面を焼く
2.表面に軽く焼き目がついたら、3個に味噌だれ、残り3個にはコチュジャンだれを刷毛で塗る(写真b)

<POINT>
刷毛はシリコン製がおすすめ。耐熱性が高いのでグリルで使いやすく、洗うのも楽でアウトドアにぴったり

飾るだけ、焼くだけ、混ぜるだけ!即席BBQレシピ動画をチェック

おでかけ動画マガジン「ルトロン」とコラボ! ほんのひと手間でいつものBBQ料理が格段とおしゃれになるレシピを動画でご紹介!

いつもの食材を簡単アレンジ!即席おつまみレシピ動画
混ぜるだけ!入れるだけ!1STEPドリンクレシピ動画
青空の下で「いただきま~す!」

PM12:00【食事スタート】青空の下で「いただきま~す!」

料理ができたら、みんなでにぎやかに食事を楽しもう。お手軽メニューも、大勢でわいわい作って外で食べれば、この上ないごちそうに。早めに乾杯をして、お酒を飲みながらのんびりと準備や調理をするのもいい。ただし、飲みすぎてしまうと後片付けが億劫になってしまうのでご注意。「ほろ酔い」気分で楽しむのが大切。使い終わった食器や調理器具はウェットティッシュで汚れをふき取っておくと、後の洗い物が楽になる。

ほろ酔いBBQをもっと楽しくする3つのアイデア

準備や調理にひと工夫を加えるだけで、さらにおしゃれで楽しいほろ酔いBBQが実現! さっそく真似してみて。

おさら

アイデア1 マイ食器やマイ箸を持参する

参加者には食器やカトラリーを各自持参してもらうのが、うすい会流。紙皿や紙コップを使うよりもゴミを大幅に減らせ、エコにつながる。食事中にどれが自分の食器かわからなくなる事態を避けられるのも利点。カラフルなマイ食器が集まればテーブルも華やかに。

ひとくち

アイデア2 ひと口サイズが、ほろ酔いBBQにはぴったり

料理はひと口サイズにカットしてサーブするのがおすすめ。立って歩き回ったり、グリルで肉を焼いたりしながらでも食べやすい。ドリンクを片手に、カジュアルに手でつまんで味わう気軽さが、ほろ酔い気分をより盛り上げてくれる。

音とキャンドル

アイデア3 音楽やキャンドルでさらに心地よく

ほろ酔いBBQに欠かせないのが、リラックス空間を演出できる音楽やキャンドルなどの小道具。持ち運べる小さなスピーカーがあれば、iPodなどの音楽をみんなで聴けて便利。夕暮れ時のBBQなら、ゆらゆら揺れるキャンドルの炎がお似合い。虫除け効果を備えたキャンドルもあるので、夏場のアウトドアに役立てて。グリル同様に、火の始末はしっかりと。

うすい会

今回取材にご協力いただいた方_うすい会さん

夫・うすいさん、妻・まなみさんのBBQユニット。小江戸バーベキュー協会主宰。外ごはんのエキスパートとして、雑誌などのメディアにたびたび登場。BBQ料理を中心としたフードイベントを主催するほか、野外音楽フェスへのケータリングも多数行い、外ごはんの魅力を発信している。長男のみつきくんも外ごはんが大好き! 著書に「週末ごはんフェス-外でつくって食べるアイデアレシピ」(DU BOOKS)がある

PHTO/KAZUHITO MIURA WRITING/AYA ITO

「今日もバーベキュー日和」シリーズをチェック

bbq

アウトドアが気持ちいい季節になったら、簡単&おしゃれなバーベキューを楽しもう

今特集では、たけだバーベキューさん、うすい会さんなど、ライフスタイルに上手にBBQを取り入れている“BBQの達人”の極意やレシピから、都内や東京近郊の手ぶらバーベキュー場を中心にBBQスポットをご紹介。思い立ったらすぐに楽しめる、お手軽&おしゃれBBQで素敵な夏の1日を作ろう

  • LINEで送る

TOP