プチ不調や身体の悩みを解消!働く女性の保健室

働く女子の保健室

寒くなってくるこの季節は、気になるプチ不調や身体の悩みがいっぱい。そこで秋冬にぴったりな健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします。

更新日:2019/11/27

秋・冬に多いお悩みは?東京女性にアンケート

1875人の読者のリアルなお悩み事情を大調査。秋・冬に多い健康の悩みや、心がけている解消法をチェックしよう。
(2018/10/9~2018/10/22、オズモール調べ)

秋・冬の健康の悩みはある?

秋・冬の健康の悩み

ほとんどの人が秋・冬に身体のプチ不調あり

秋・冬の健康の悩みがあると答えた人は、なんと97.5%。ほとんどの読者が、寒くなってくるこの時期ならではの身体のプチ不調があるよう。

秋・冬の悩みを具体的に教えて

半数以上が「冷え」「乾燥」「肩こり」に悩んでいるよう

4分の3以上が「冷え」、半数以上が「肌の乾燥」「肩こり」に悩みを抱えているという結果に。特に足や手に冷えを感じることが多いそう。

秋・冬の冷え対策はなにしてる?

食事や入浴で、全身を温めようとしている人が多数

回答が多かったのが、「湯船に入る」「体を温めるものを飲む・食べる」など。日々の生活の中で、簡単に取り入れられる食事や入浴で対処しようとしているよう。

秋・冬の悩み第1位の「冷える・冷え性」に関するトピックス

寒さの厳しくなる冬は「冷え」に注意!
さまざまな不調が深刻になる前に「温活」でケア

寒さが本格的になってくるこの季節。手足が冷たくてなかなか眠れなかったり、肩こりが悪化したり、さまざまなプチ不調を感じる人は多いはず。そんなさまざまな不調は、実は「冷え」が原因であることも。そこで早めに体を温める「温活」を始めて、真冬の到来に負けない体を作っておきたいもの。医師の福田さんに、冬の温活について伺いました。

読者のコメント

・ここ数年、温活してます。夏でも飲み物は常温にしてますし、生姜など体を温める食材をたとるようにしてます。(ゆちさん)
・寒くなってきたから、より足元の冷えが気になります・・・血が巡らない感じでなかなか暖かくならないんですよね。そんな時は温めるのはもちろんですが、筋トレして筋肉を増やそうと努力中! (tassoさん)
・冬の夕食は鍋が多いので温活になっている気がしますが、朝食のポタージュは取っていなかったので、やってみたいと思います。パンと合いますしね!(kittyさん)
・生野菜は毎日、ほぼ毎食食べていました。体にいいと思っていましたが、冷やしていたんですね・・冬は温野菜にします。(なっっつさん)

脂肪が“冷湿布”になり体を冷やす!?
女性が冷えを感じやすい理由とは?

冷えに悩む人にとってはツライこの時季。よく女性のほうが男性よりも冷えを感じやすいと言われるけれど、それはなぜ? 冷える理由から根本的な解決方法について公認スポーツ栄養士の鈴木志保子さんに教えてもらおう。

読者のコメント

・肥満なひとって冬でも半袖なイメージでしたが筋肉と脂肪の関係だったのですね。冷えにはただ痩せるより筋肉量を増やすことが大事なのかー(ジャスミンさん)
・朝食に温かいスープいいですね。トマトジュースとコンソメの素使ったスープにベーコンやしめじ入れるとお手軽に出来ます(キコーさん)
・太ももとか脂肪の多いところはいつでも冷たくなっているので、なんとかしたいです。(ひかゆんさん)
・脂肪は温まるといいけど、冷えると温まりにくくなるっていいますもんね。(トモさん)

ロフトがセレクト!
冷えをケアできる温活グッズ5選

寒さも本格的になってきた近頃、冷えからくる不調に悩む人は多いはず。生活習慣を見直すのはもちろんのこと、手軽にケアできるアイテムも頼ってみては? さまざまな便利グッズが揃う生活雑貨の専門店ロフトのボディ&ビューティ売り場担当・坪田さんに、今年おすすめの温活グッズを伺いました。

読者のコメント

・温活大事ですよね。腹巻は一年中していますが、もう手放せません。最近はレッグウォーマーも取り入れて生活してます。(appleeyesさん)
・首を暖めると全身がポカポカしてくるので、この冬はネックウォーマーが欲しいです!(あゆぼんさん)
・温活、私も数年まえから実践してます。靴下、腹巻き、カイロ、湯たんぽもスタンバイ&活躍中です。(ゆちさん)
・バスソルトはリラックス効果もありそうだし体が温まるし、この冬物欠かせないグッズになりそうです。(ハチさん)

食べ物にも温活を意識!
体を温める食べ物を知ろう

おなかや体の調子を崩す原因は、飲み物だけでなく、食べ物の影響も大きいはず。「温活」を意識することで、冷えやすい体を温めるには、どんな食生活がいいの? 女性の体に役立つ食事にも詳しい、管理栄養士、料理家として活躍する柴田真希さんに伺いました。

読者のコメント

・スパイスを上手に取り入れて、身体を冷えから守りたいです。気をつけることによって、秋からの体調が違ってくると思います。(のりたんさん)
・小さい頃は茗荷があまり好きではなかったのですが、いつの頃からかとても美味しく感じるようになりました! (しおんさん)
・つい冷たいもの、甘いものを摂取してしまいますが、控えめにしたいと思います。(ななみっちょさん)

秋・冬の悩み第2位の「乾燥」に関するトピックス

慢性的な肌荒れは“ハトムギ”で
体の内と外からケアしよう

毎日スキンケアをして気を付けているつもりでも、なかなか肌の調子が安定しない・・・そんな悩みを持つ人は少なくないはず。より根本的に肌荒れを解消するためのポイントを、漢方に詳しい薬剤師・カガエ カンポウ ブティック漢方カウンセラーの上之原静佳さんに教えてもらいました。

読者のコメント

・以前気に入っていたスキンケア商品が小麦由来のアレルギーが大きくニュースになった時に米に原料変更されて、肌に合わなくなりました。もしかしたらハトムギは合うかな?と試したくなりました! (micaさん)
・手作りなんですね!ハトムギ化粧水とかリーズナブルなものが流行っていますが肌に合わなかったので、こちらはやってみたいです。(akさん)
・毎日ハトムギ茶飲んでます。皮膚科医に勧めれたのがきっかけですが、肌の調子が良くなってきたのはそのおかげかなぁ(コムニさん)

夏の終わりこそ要注意!
秋口こそきちんと肌ケアを

厳しい夏が終わり、ホッと一息・・・。そんな気分をよそに、実は肌トラブルに泣く人がかなり増える時期ともいえるのが秋口。見た目にはジリジリ照り付ける紫外線は収まったけれど、夏の間蓄積された肌のダメージがじわじわ出てくる危険なシーズン。この時期にきちんと肌を気遣ってケアしておくことが、トラブル知らずの美肌を育てるポイントに。

読者のコメント

・夏のお疲れ肌で、季節の変わり目なのでお肌が荒れてきてますのでスキンケアにはめっちゃ気を使います。色々試して自分にあったケアを心がけたいですね。 (m-tomoさん)
・知らず知らずの内に気をつけていても夏の間に日焼けを重ねている。それを秋の内になんとかしなきゃ。(vivaさん)
・夏の肌の疲れが出るのですね。保湿をしっかりしなきゃなと、思いました。参考になります。(こーじーさん)

秋・冬の悩み第3位の「肩こり」に関するトピックス

ツラい肩こりは原因に合わせた対処を
3つのタイプ別・薬膳&漢方による改善法

長時間のデスクワークや運動不足などの影響で、多くの女性が悩んでいる肩こり。東洋医学では、その原因は「気や血液のめぐり」「冷え」「水分のめぐり」の大きく3つが挙げられるのだとか。原因別のメカニズムと改善方法を、薬剤師で国際中医師の山口りりこさんに教えてもらおう。

読者のコメント

・デスクワークなので肩や首が凝り慢性化しています。中から改善していかないと本当の改善にはなりません。冷えもあるのでこれからの季節がしんどいです。日頃から温めることを意識しないと改善さしませんよね。(まゆゆさん)
・肩こりに相当悩んでいましたが、暖めるシップのようなものを貼っていたらすごく軽くなりました。(たーたまさん)
・クコの実は杏仁豆腐に入ってて大好きです!漢方として体にいいんですね!(mikaさん)
・寒い日は薬膳鍋にします。ポカポカするし、美味しいです。(ereさん)

肩こりの原因である血行不良は
ツボ押しセルフケアで手軽に解消

多くの人が悩んでいる肩こりとは、肩や首の筋肉が固まって血行不良を起こしている状態のこと。改善するにはマッサージや鍼灸などのプロの施術を受けるのが手っ取り早いけれど、できればセルフケアで対処したいもの。そこで鍼灸師の広瀬志帆さんに、手軽にできて肩こりに効果的なツボ押しを肩こりのタイプ別に教えてもらおう。

読者のコメント

・頭痛と肩こりなので、早速、手三里試してみたら、すーっと軽くなりました!ツボってすごいですね!!不思議。(もちもちさん)
・ 肩こりには、基本的に磁石ですが、ツボ押しもいいですね。(チョコリーナさん)
・寒くなって、肩凝りと頭痛がひどいので、セルフケアしてみます。ツボ押しします。(ウーウさん)
・仕事の合間に押してみます!でも自分でやってもイマイチ気持ちよくないんですよね。やはりプロの手を借りた方が良いのか・・・。(めさん)

お悩みキーワードから探す

習慣・活動キーワードから探す

出張!働く女性の保健室

あなたの会社でオズモールがセミナーをします!
「出張!働く女性の保健室」への参加企業募集中

女性のカラダの不調やそのケア、キャリアプランとライフステージごとのカラダとの向き合い方など、カラダと会話し上手に付き合うためのヒントがいっぱいのセミナー「出張!働く女性の保健室」。

あなたが働く会社でも、働く女性のヘルスケアメソッドに関するセミナーを実施してみませんか?

セミナー開催を希望される場合は、ぜひ下記のアンケートにお答えください。
※エリアは首都圏限定とさせていただきます
※セミナー実施の模様は、OZmallやオムロン式美人のサイト等で掲載させていただきます
※ご応募いただいた企業の中から、ご相談により開催を決定させていただきます

困ったときはプロに!OZのプレミアム予約

心と体を癒すアロママッサージでリフレッシュ

仕事や家事に追われて心も体もくたくたな現代女性に。体の本来の働きをサポートして、こりや疲れを解消して

鍼施術で肩こりやプチ不調に集中アプローチ

肩こりや腰痛、目の疲れなど、つらいお悩みは鍼にお任せ。経絡の調子を整え、体の内側から健康をサポート

体の内側からサポート。美容点滴で体内美人

疲労回復や美肌ほか、目的に合わせてチョイス。美容成分を直接体内に取り入れて、美と健康をかなえる

年に一度の習慣に。バースデーチェック

年に一度、誕生日前後に婦人科検診を受ける習慣を。体の状況をきちんと知って、自分の体と向き合おう

自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく過ごすためのヘルスケア特集。冷えやむくみなどのプチ不調や、生理痛やPMSなど女性特有の悩みの解決に向けて、温活や腸活、食べ物や飲み物、レシピなど、毎日簡単に続けられる習慣やグッズを紹介し、“働く女性の保健室”のような存在をめざします。

ILLUSTRATION/CHIKA SHIBA

  • LINEで送る

TOP