生理痛のメカニズムや解消法って?【働く女性の保健室】

働く女子の保健室_生理痛

毎月やってくる生理、女性の体にはとても大切なことなのだけど、働く女性の多くが生理痛に悩まされているという実態が明らかに。生理痛とは、生理の直前から生理中にかけて起きる、下腹部や腰の痛みのこと。イライラ・無気力など精神的な症状が現れることも。身体を温める、ツボ押しなど生理痛の対処法や、運動や入浴といった体質改善法など、なかなか人には相談しづらい生理痛の悩み・解消法について紹介します。

更新日:2019/10/23

働く女性954人にアンケート。生理痛の実態は?

読者のリアルなお悩み事情を大調査。生理痛や生理時の体調不良の実態をチェックしよう。
(2018/3/6~2018/3/13、オズモール調べ)

生理痛の実態

生理痛や生理時の体調不良がある人は87%も!

現代女性は人生の中で450~500回も生理があると言われていて、それは多産が平均的だった戦前の女性に比べると約10倍近くも増加しているのだとか。時代と共にライフスタイルが変化し、体に前代未聞の大きな影響を受けているのが現代女性。アンケートによると、働く女性の約9割が生理痛や体調不良を感じていることが判明。

生理痛が1日以上ある人は7割近くも

生理痛が1日以上ある人は7割近くという結果に

生理痛がある期間が1日以上ある人は7割近く、そのうち2日間が約3割ともっとも多い回答に。3日や4日も続くようでは、日常生活にも支障が出てしまいそう。生理痛は病気が隠れている可能性もあるので、ガマンできないほどの生理痛がある人、自分の生理が正常なのか判断が付かない人は、婦人科を受診することをおすすめ。

生理痛の原因って?

多くの女性が悩む生理痛・月経痛の原因とは?

生理痛は、原因別におもに2つに分類される。子宮や卵巣に異常の見られない生理痛は「機能性月経困難症」ともいい、通常の生理で子宮内膜がはがれる際につくられるプロスタグランジンという体内物質がおもな原因。一方、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気による生理痛は「器質性月経困難症」と呼ばれている。

監修:婦人科医師 佐々木明香さん

読者のコメント

・痛み止めを飲んでしまうと痛みからは解放されるけど、病気だったら怖いですね。(mihoさん)
・これまであまり知らなかったです。こうゆうの学校で教えて欲しかったです。(mitsubaさん)
・どうしてお腹が痛くなるのかがわかると、痛いのも納得ですねー(akkoさん)

これって生理痛?生理痛のタイプと生理前後に起こる症状

生理中にはおもに、プロスタグランジンという体内物質により、いわゆる生理痛や腰痛が現れる。プロスタグランジンには胃を収縮させる作用もあり、これが吐き気やムカつきといった症状の原因にもなるそう。早めにクリニックをしたほうがいい気になる症状のセルフチェックも。

監修:婦人科医師 佐々木明香さん

読者のコメント

・生理にまつわる症状は人それぞれ、千差万別です。幅が広いと思う。(はなくるみさん)
・ひどい時は頭痛もあります。何にもない時もあります。(アパッチさん)
・月によって、ちょっとずつ違うので、気にかけます。(ゆうあさん)

子宮や卵巣の病気かも?2種の月経困難症

生理痛・月経痛は誰にでも起こりうるものだけれど、痛みがひどくていつも通りの日常を過ごせなかったり、寝込んだりしてしまうなら、月経困難症としての認識を。症状は、激しい腹痛や腰痛のほか、吐き気や嘔吐、ふらつき、頭痛、食欲不振など。必要に応じて婦人科の受診を検討してみて。

監修:婦人科医師 佐々木明香さん

読者のコメント

・生理痛が毎月憂鬱だなーと思ってはいましたが軽い気持ちでエコーの検査をしてもらったら子宮が浮腫む子宮腺筋症の疑いありでした。億劫がらずに診察を受けたほうが対策もできますし、何より安心ですよ 行ってくださいね(プチさん)
・普段から予定日がずれたり不正出血があったりと、割と不安定です。こういった記事を見ると怖くなってくるなぁ。一度きちんと検診を受けた方がいいですよねきっと・・・。(くるまさん)
・なかなか調べる勇気って出ないですが、ちゃんと診てもらった方がいいんですね・・・人と比べにくい話だからこそ、自分でも何が普通なのかわからず難しいです。(みぃさん)

実はいまだに謎だらけ!生理痛がひどい理由とは?

ひどいときには激痛と思われることもある生理痛。痛みの原因や傾向を知っていたら、対処が楽になると思わない? でも実は、生理痛のメカニズムはまだまだ未解明の部分も多いのだとか。さまざまな情報があふれる世の中だけれど、現代医学の視点で生理痛について見ていこう。

監修:婦人科医師 佐々木明香さん

読者のコメント

・寒い季節に生理直前と生理中に食欲不振になりました。冷えは良くないですね。(ミミリ-ンさん)
・生理痛にも2種類あるのですね。どっちにしても、受診必要ですね。(ひかゆんさん)
・やっぱり謎だらけなんですね。まだまだ付き合わないとなので勉強します。(朱さん)

生理痛で婦人科を受診。病院の選び方や診察の流れとは?

ひどい生理痛・月経痛は、「月経困難症」とも言われ、治療が可能。市販の鎮痛剤で痛みをコントロールできないときや、経血量の変化など気になる症状があるときは婦人科クリニックを受診しよう。ただ、初めての受診はなかなかハードルが高いもの。病院の選び方や診察の流れについて教えてもらいました。

監修:婦人科医師 佐々木明香さん

読者のコメント

・今、受診している婦人科の病院は口コミを読んでから行きました。婦人科専門なので、産科の患者さんがいないのも良いところです。先生は男性ですが話しやすいです。いろいろ事前に調べてみることをお勧めします。(kittyさん)
・最初の受診であれば女医さんをネットで検索すると良いかもですね。(ミミリーンさん)
・お医者様が男性だと話しにくいこともあって、女医さんがいいですよねー(akkoさん)

セルフチェック付き!生理痛と関連の高い3つの婦人科疾患

初経の時期が早くなったり出産回数が減ったことから、現代女性の生理・月経の回数は昔に比べて400回も増えているという。そのぶん子宮や卵巣への負担は増え、婦人科疾患のリスクも高まっているのだそう。子宮内膜症、子宮腺筋症、子宮筋腫という、生理痛・月経痛と関連の高い3種の婦人科疾患について知っておこう。

監修:婦人科医師 佐々木明香さん

読者のコメント

・生理痛や経血量には個人差があるから、異常を自分では判断できませんよね(akkoさん)
・結構な割合で患っている人がいるんですね。。定期的な検査は大事ですね(okakisanさん)
・子宮筋腫って4人に1人持っているんですねー。知らなかった!(haru22さん)

生理痛の対処法って?

多くの女性が悩む生理痛。簡単な予防法とは

生理痛を予防するためのセルフケアをしたい! そんな人は体を冷やさないことが第一歩なんだとか。入浴や温熱カイロなどで体の外側から温めるだけでなく、日ごろからストレッチやウォーキングなどで血行を良くし、新陳代謝を上げておくこともおすすめだそう。

監修:脳神経外科医 伊藤たえさん

読者のコメント

・婦人科で、痛くなる前に飲んでくださいと言われてその通りにしてから、吐くほどの激痛は免れています。鎮痛剤頼りですが、食事や入浴、ストレッチなどでも予防を考えていきたいです。(ちえりさん)
・仕事もレジャーも気分が乗らず心身不調になっちゃうけど、体を温めたりできることから取り組みたいです。(ハチさん)
・やはり温めるのが大切なんですね。三食きちんと食べるとか、健康に気を付ける生活が第一なんですね(ももさん)

異常や不調のサイン!?生理痛を和らげる方法

漢方では、生理痛は血液の循環が悪くなることで血がよどみ、たまっていることが原因だと考えるそう。血液の循環を悪くする大きな原因は冷え。特に下腹部が冷えていると症状が悪化しやすく、下腹部痛だけではなく、頭痛や腰痛、下痢なども併発しやすくなるんだとか。

監修:薬剤師・漢方カウンセラー 上之原静佳さん

読者のコメント

・20代まで生理痛が全くありませんでした。ところが、30代になって年々生理痛が酷くなり、卵巣と子宮に複数の病気が見つかりました。今は治療中で痛みは減ったものの、休薬期間は非常に辛いです。夏でも温かい物を食べたり飲んだり温活しています。生理痛は病気のサインかもしれないので気をつけて下さい。(kittyさん)
・確かに冷えが一番ダメですね。お風呂で温まるだけでも生理痛が緩和されます。でも吐き気への対処法が特にないのが困ってます。(しいさん)
・最近やっと暖めるようになって腹巻きと、ホットパッチのようなもので対応してます。(たーたまさん)

月経トラブルを軽減するおすすめ食材は?

“血のよどみ”とは、血のめぐりが滞っている状態。血のめぐりを滞らせる要因は「冷え」が代表的だけれど、実はそれ以外にも、その人の体質に応じてさまざまな要因がからんでいるのだそう。まずは自分にとって、なにが血のめぐりを滞らせる要因となっているのか、チェック項目で確認を。

監修:薬剤師・漢方カウンセラー 上之原静佳さん

読者のコメント

・クコの実って身体に良いといいますもんね。参考にして自分に合った食材を取り入れて、毎月の月経を軽くしたいものです。(朱さん)
・食材って本当に凄いですね。この場合はどれを食べれば良いとか、色々な場合もちゃんと解決があるんだ(真紀さん)
・漢方や薬膳に興味があるので、取り入れやすいものから試してみようと思います。(mocaさん)

生理痛・月経痛の解消をめざす!体質改善のための3つのポイント

毎月やって来る生理痛がつらくて、根本的に体質改善をしたいと考えている人も多いのでは? 冷えの改善、栄養バランスの改善、アロマを味方にしたホルモンバランスの改善など、自分が心地よいと感じる生理痛対策を試してみよう。

監修:アロマセラピスト・健康管理士 鈴木ひろみさん

読者のコメント

・年を重ねるごとに生理痛が酷くなってきたので、年齢のせいだと思っていましたが、出産してから半身浴や運動をする時間が取れていなかったので、この記事を読んで生活習慣から変えてみようと思いました。(Ilovedogsさん)
・真夏でもお風呂に浸からなくてはと思うのですが、汗だくで会社から帰ってきた時はどうしてもシャワーで済ませてしまっています。気を付けないといけませんね。(kittyさん)
・短期的にダイエット&筋トレしたら、ちょっと不順になったけど、元に戻った時には生理痛全くなくて驚きました!体質改善大事ですね!(madokaさん)

セルフケア6選!生理痛・月経痛がつらいときの対処法

温める、生理痛を和らげる姿勢で過ごす、軽い運動や体操をする、食べ物や飲み物は、無理なく取捨選択、生理痛を和らげるツボを刺激する、アロマテラピーで生理痛のストレスを和らげるという6つの生理痛対策について解説します。

監修:アロマセラピスト・健康管理士 鈴木ひろみさん

読者のコメント

・生理痛の時ほど走ったり運動すると和らぐな、とは思ってましたが。あと個人的な反応なのかもしれませんが、水分補給すると和らぐ気がします。(チカさん)
・生理痛がひどい月もあれば、軽い月もあります。辛い時は薬に頼りがちですが、まずはできることをしたいと思います。(まりさん)
・生理痛が最近ひどくなってきました。温めるとよくなる気がします。あと、個人的にはツボ押しも効きました。(ゆみみさん)

服用経験者はたった2割!?生理痛の軽減にも役立つ低用量ピルとは

さまざまな月経トラブルの治療でも使われる低用量ピル。避妊だけではなく、生理周期が整う、生理痛が軽くなる、経血量が減る、子宮内膜症が改善するといった効果があるんだそう。産婦人科医の上田弥生さんに、ピルに関する正しい知識を教えてもらいました。

監修:産婦人科医 上田弥生さん

読者のコメント

・PMS改善目的で一度試したことがありましたが、吐き気嘔吐の副作用が出てしまい断念しまた。姉は体質が合っていたようで、PMSや肌の調子もよくなったそうです。人それぞれですね。(ぽんさん)
・3年くらい飲んでます。最初の1~2ヶ月は胸の張りがありましたが、その後は問題ありません。やってみるのもありだと思います。(バナナ子さん)
・最初は抵抗があったけど、服用してから生理痛も緩和されました。正しい知識を得れば良いと思います。(ちえりさん)

困ったときはプロに!OZのプレミアム予約

香りのチカラを借りてアロママッサージ

心も体もくたくたな現代女性にぴったり。香りのチカラを借りながら、体の本来の働きをサポート

ハワイアンの手技に癒されるロミロミ

筋肉の奥深いこりをダイレクトにほぐしてくれる。血液の循環を促して、冷えの解消にも効果が期待できる

定期的なカラダチェックに!婦人科検診予約

婦人科クリニックで、定期的な婦人科・乳がん検診の習慣を。WEBから予約できるOZの婦人科検診プランも

そのほかのお悩みキーワードから探す

習慣・活動キーワードから探す

【特集】プチ不調や身体の悩みを解消!すこやかなココロとカラダへ

毎日がんばる働く女性にプチ不調や悩みはつきもの。そこでみんなが気になる健康法やグッズ、食材やドリンク、悩みの解決法やメカニズム、取り入れたい習慣などを専門家やプロのお話しとともにご紹介。自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく。オズモールはそんな“働く女性の保健室”のような存在をめざします

自分のココロとカラダに向き合って、健やかに私らしく過ごすためのヘルスケア特集。生理痛の対処法や生理休暇の実態など、なかなか人には相談しづらい生理痛の悩み・解消法について紹介します。

ILLUSTRATION/CHIKA SHIBA

  • LINEで送る

TOP