OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



お話をうかがった先生
菅澤恵子先生

蒲田西口クリニック院長。耳鼻咽喉科専門医。特にめまい診療を専門としている。毎週水曜日には都立神経病院にて神経耳鼻科を、毎週金曜日には東大病院にてめまい外来も担当
* * *
蒲田西口クリニック
TEL.03・3733・8733(受付け) 
東京都大田区西蒲田7・46・9月村ビル3F
アクセス/JR蒲田駅西口より徒歩1分 
http://www.kamatanishiguchi-cli.com

耳鳴りまたは難聴をともない、約30分以上持続する回転性のめまいを反復する。
メニエール病
頭の上げ下げや寝返りを打ったときなど、頭の位置を変えたときに回転性のめまいが起きる。じっとしているとめまいは1分以内で治まる。
良発作性頭位性めまい症
突然の激しい回転性のめまい。吐き気や嘔吐をともなうが、そのほかの症状は特にない。約1週間でめまいはおさまるが、その後歩くとふらつくことがある。
前庭神経炎
発作性の回転性めまい。約30分以上持続し、繰り返すことが多いが、耳鳴り・難聴をともなうことはない。
内耳性めまい
急に立ち上がったり、長時間立っていると目の前が暗くなり、血の気の引くような感じになる。立っていられなくなるが、しばらくじっとして座っていると落ち着く。
起立性調節障害
片頭痛もちである人が、ときどきめまいも起こる。
片頭痛性めまい
片方の耳だけに、徐々に進行する難聴があり、頭を急に動かしたり、歩いたりするとふらつくことがある。
聴神経腫瘍

自分がどのタイプかわかりましたか? このようなめまいの症状の振り分けをしているのが耳鼻科。初めてめまいが起きたら、迷わず耳鼻科に行くのがいいでしょう。メニエール病などは、何度も繰り返すうえ、どんどん悪くなり聴力が悪化することもあるので、気付いたら早めにめまいの専門医がいる耳鼻科を受診して。

※この情報はオズマガジン2006年3/27号に掲載されたものです。






バックナンバー
最新号を読む

Vol29 外反母趾 2006.11.20
Vol28 若年性更年期障害 2006.11.06
Vol27 過敏性腸症候群 2006.10.23
Vol26 顎関節症 2006.10.09
Vol25 いびき 2006.09.25
Vol24 脂漏性皮膚炎 2006.09.04
Vol23 夏バテ 2006.08.21
Vol22 知覚過敏 2006.08.07
Vol21 月経痛 2006.07.24
Vol20 下肢静脈瘤 2005.07.10
Vol19 水虫 2005.06.26
Vol18 不眠症 2005.06.12
Vol17 巻き爪 2005.05.22
Vol16 ワキガ 2005.05.08
Vol15 うつ病 2005.04.24
Vol14 不正出血 2005.04.10
Vol13 めまい 2005.03.27
Vol12 大人ニキビ 2005.03.13
Vol11 乾燥肌 2006.02.27
Vol10 ドライマウス 2006.01.24
Vol09 ドライアイ 2006.01.09
Vol08 胃痛 2005.12.20
Vol07 過呼吸 2005.12.06
Vol06 冷え性 2005.11.22
Vol05 便秘 2005.11.08
Vol04 ウオノメ 2005.10.25
Vol03 片頭痛 2005.10.11
Vol02 膀胱炎 2005.09.27
Vol01 日焼け 2005.09.13

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社