40代美容担当が気になる施術を体験〜シミ取り編vol.1〜

40代美容担当が気になる施術を体験〜シミ取り編vol.1〜

オズモールの「からだメンテナンス」担当のイシイです。40代になり、エイジングケアに興味津々。最近、頬のあたりにできた小さいシミが気になってきたので、レーザートーニングを体験してきました

更新日:2018/02/23

40代美容担当が気になる施術を体験〜シミ取り編vol.1〜

シミの濃さによって
ケアの方法が変わる

「シミ取り施術のひとつに“QスイッチYAGレーザー照射”がありますが、シミの濃さによってアプローチ方法が変わります」と教えてくれたのは、「青山からだのクリニック」の村田朋子院長。「濃いシミは、レーザーを強い出力で照射しメラニン色素を破壊します。施術直後は赤くなり、約1週間かけて肌が再生することでシミが取れます。その後、数カ月くすみが残ることがありますが、徐々に消えていきます」「当院では、施術後1週間程度、患部に保護テープを貼ってもらいます。大事なイベントの前や仕事に支障がある場合は、施術を受ける時期をよく検討してください」

40代美容担当が気になる施術を体験〜シミ取り編vol.1〜

薄いシミや肝斑に
強いレーザーはご法度

「一方、薄いシミや肝斑に強い出力でレーザーを照射すると、色素沈着をして色が濃くみえてしまうことがあるので注意が必要です。そのようなシミには、QスイッチYAGレーザーを弱い出力でシャワーのように照射する“レーザートーニング”を施し、肌質を上げることで徐々に色素を薄くしていきます。マイルドな施術なのでダウンタイムはありませんが、1〜2週間に一度、5〜10回続けることで効果が実感できます」とのこと。「肝斑は、紫外線によるシミとは違い、ホルモンバランスや物理的な刺激が関係していると言われています。こすったり触りすぎたりしないように気をつけてください」頬杖をついたり、ゴシゴシ洗顔したりするのも肝斑にはよくないそうです。

レーザーの刺激はあるものの
ダウンタイムがないのは魅力

シミ取り施術の説明を伺った後は、いよいよ施術へ。診断の結果、私のシミは薄いとのことで、弱い出力で照射する「レーザートーニング」を受けることに。「マイルドな施術」とは聞いていたものの、実際に受けてみたらパチパチとした刺激が。シミへのアプローチだけでなく美肌効果もあるそうなので、多少の痛みはガマン、ガマン。レーザートーニングは目尻や唇にも照射できるのも特徴のひとつだそう。ダウンタイムがないので、施術後すぐにメイクができるのも魅力です。当日は、入浴や運動を控えてくださいとのことでした。

シミ取り施術体験後のリアルな感想

「肌質を上げる施術なので、すぐにシミが取れるものではありません」と聞いていた通り、施術後すぐにシミがなくなることはありませんでした。ただ、施術直後から肌のくすみが解消したり、ハリが出たりしたような気はしました。また、化粧ノリもよくなりました。施術してくださった看護師さんによると、施術前にビタミンCを服用するとさらに効果を実感しやすいそうです。今回受けたのは10800円(初回8800円)のプラン。5〜10回通うのはハードルが高いですが、シミが取れるだけでなく美肌にもなれるなら、がんばって続けてみたいなと思いました。

青山からだのクリニック

青山からだのクリニック(表参道)

青山の住宅街に佇む、広々とした明るい雰囲気のクリニック。美容皮膚科医学と東洋医学の総合治療で、シミ・ニキビなど肌悩みや症状に合わせたケアを提案してくれる。ドクターはもちろん、経験豊富な看護師による丁寧なカウンセリングは初心者にも安心。

施設詳細を見る

※効果および痛みは個人の感想です

WRITING/MIOKO ISHII(OZmall)

  • LINEで送る