OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



大人の女力検定 石原壮一郎&全日本大人力検定学会

「女は少々おバカさんのほうが・・・」の時代は終わりました。「知らなかった〜ごっめんなさ〜い」で済ませられる年でもありません。そう、あなたは“大人の女”!この「大人の女力検定」で己の大人力を知り、さらに磨きをかけ、スマートな“大人の女”をめざしましょう♪

うっとうしい話題をあしらう

  • 問題1
  • 会議室でのランチタイム。同僚が、飼い始めた猫のカワイサを延々と語り続けている。そろそろ聞くのに飽きたが、効果的に撃退できそうなセリフは次のうちどれ?
イラスト
「あたし、猫の種類って、三毛猫しか知らないの。アハハ」
「ペットに入れ込むなんて、けっこう寂しい女だったのね」
「それはそうと、昨日の竹内結子のドラマ見た?」
「ハックション! ごめん、猫を思い浮かべただけで花粉症が・・・」
  • 問題2
  • 給湯室で、隣りの部署の同期が「先輩の○○さんは、こんなにひどい」というウジウジした愚痴を語り始めて、なかなか解放してくれない。無難に逃げ出すには?
「課長がうるさいから、もう行かなきゃ。またあとでね」
「会社生活って、ままならないものよねー」
「こんなところで愚痴ってないで、本人に言えば」
  • 問題3
  • 会社帰りの居酒屋で、新しい彼ができたばかりの後輩が、彼への文句に見せかけたノロケを延々と語っている。聞いちゃいられないのでやめさせたいが、どう言えばいいか?
「お酒がまずくなるから、いいかげんにしてよ」
「はいはい、○○ちゃんが幸せなのはよくわかったから」
「今の私には、そういう話は辛すぎるなあ・・・」

大人の女力検定一覧

文:石原壮一郎(いしはらそういちろう)
デビュー作『大人養成講座』でおなじみのコラムニスト。“大人モノ”だけでなく“恋愛モノ”“児童モノ”など、幅広く活躍中。
イラスト:小栗左多里(おぐりさおり)
漫画家。トニーとの面白生活を描いた『ダーリンは外国人』が大ヒット。その他著作、連載も多数持つ。

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社