OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪



大人の女力検定 石原壮一郎&全日本大人力検定学会

「女は少々おバカさんのほうが・・・」の時代は終わりました。「知らなかった〜ごっめんなさ〜い」で済ませられる年でもありません。そう、あなたは“大人の女”!この「大人の女力検定」で己の大人力を知り、さらに磨きをかけ、スマートな“大人の女”をめざしましょう♪

迷惑な善意をしりぞける

  • 問題1
  • 会社で「ゴールデンウィークに沖縄に行く」という話をしたら、沖縄には何度も行っているらしい先輩女性が、「だったら、○○に行くといい」「○○を絶対に食べなきゃだめだ」などと、熱心にアドバイスをしてくれた。どう答えておけばいいか?
イラスト
「うわぁ、いいですね! 絶対に行きた〜い(食べた〜い)」
「もうスケジュール決めちゃったんで、行けるかどうか・・・」
「○○さん、詳しいですね! 貴重な情報ありがとうございます」
「私が行くんですから、勝手に決めさせてください」
  • 問題2
  • 隣りの席の同僚は健康オタク。コンビニで買ってきたお菓子を食べてたりすると、いちいち「それは○○が含まれているから、体に悪いのよ」とケチをつけてくる。もっとも適切なあしらい方はどれ?
「小さい頃から食べ続けてるから、どうせもう手遅れだし」
「そこまで神経質になるほうが、よっぽど不健康なんじゃないの」
「へえー、そうなんだ。でも、おいしいから、まあいいかな」
  • 問題3
  • とてもおせっかいな親戚のオバサンが、毎週のように見合い写真を持ってくる。でも、イイ男だった試しはないし、見合いする気もない。どう言って断ればいいか?
「見合いで結婚するぐらいなら、一生ひとりのほうがマシだから」
「実はもう、心に決めた人がいるんです」
「結婚なんてまだまだ早いから、今は考えられないかなあ」

大人の女力検定一覧

文:石原壮一郎(いしはらそういちろう)
デビュー作『大人養成講座』でおなじみのコラムニスト。“大人モノ”だけでなく“恋愛モノ”“児童モノ”など、幅広く活躍中。
イラスト:小栗左多里(おぐりさおり)
漫画家。トニーとの面白生活を描いた『ダーリンは外国人』が大ヒット。その他著作、連載も多数持つ。

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社