OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


過ぎゆく夏の締めくくりに、増上寺で司馬遼太郎原作「燃えよ剣」の野外観劇はいかが? 開演は午後6時、まだあたりが明るい夕暮れから始まる。クライマックスに近づくにつれ照明で浮かびあがる増上寺の野外ステージに、心はすっかり幕末へ。新撰組副長・土方歳三役を中心に、すべての人物の台詞、ト書きまでを俳優・要潤が1人で演じ、舞台の上を刀1本で立ち回る“朗読活劇”。息つく間もない語りと呼応するフラメンコギターとカンテ(歌)の生演奏は演出的に斬新なようで、剣に生き、35年という短い人生を駆け抜けた土方の熱く、儚い生き様を象徴する。日本の夏も、日本の男も、まだまだ終わっちゃいない。9月13日、増上寺を歴史好きな女子たちで埋めつくそう!

朗読活劇 Recita Calda(レチタ・カルダ)
「燃えよ剣」(原作:司馬遼太郎)

出演/語り手:要潤、フラメンコギター:沖仁 、 カンテ:高岸弘樹
日程/2009年9月13日(日) 17:30開場、18:00開演
会場/増上寺 本殿特設ステージ
料金/7000円(税込・全席指定)
主催/TOKYO FM 企画制作/フリーダム 協力/増上寺
予約・問い合わせ/キョードー東京 03-3498-9999(10時〜18時) 詳しくはこちらから

要潤

要潤

ただの朗読劇ではない。1人芝居とも少し違う。弁士台でしゃべり続けたかと思うと、刀を持って闘いの場面を演じてみせる。想像力と臨場感の両方がかき立てられる、それが「朗読活劇」。今回、ただ1人の語り手、要潤は「自分の中で、何人もの人物を舞台に散りばめて1人で演じている点では落語にも似ている」と言う。東京公演に先駆け、7月には京都・壬生寺でも公演した。

「京都公演は楽しかったですね。僕の話すことは決まっていますが、ギターの仁さん、カンテの高岸さんはアドリブらしいんですよ。そのときの空気感とか、僕がどれだけのってるかを見ながら演奏していくんです。僕もそれを感じたし、2人もそれが楽しかったとおっしゃってくれましたね」

1835年に生まれ、近藤勇の右腕として新撰組を支えた土方歳三。長身で色白の2枚目、女性からも大変モテたと言われているが、要さんから見る土方歳三とは?

「ヒーローですよね。今の時代にこういう人いるの?って考えたときに、思いつきません。“世の中を変えてやる”と、1人腕っぷしだけで闘い、常に彼は2番手なんですけど、実際の主導権を握り・・・。とにかく熱い男なんですよ。そこまでなにかを捨てて、死んでもいいと思いながら闘ったわけですよね。草食系男子が多いって言われている今とは真逆ですからね」

歴女ブームにしても、「こういう男性を女性の方たちも求めてるんでしょうね」と話す要さん。では要さんも草食系かというと、迷わず「僕は肉食だと思いますね」という答えが返ってきた。

「土方と比較にはならないですけど、僕もなんのアテもなく1人で田舎から出てきて、成功したい、極めたいっていう思いが強くて、20歳くらいまでは“失うものはない”と思いながら生きてきたんで、土方の気持ちがわかる部分があります。人格って28歳で決まるらしくて、ちょうど僕の年なんですけど、僕はつねに26歳で極めてやろうって思っていましたね。無茶が好きなんです(笑)。仕事は縁ですけど、好き嫌いなく30過ぎるまではなんでもやろうと思ってます」

では、肉食男子の要さんが見た「いい女像」とは?

「僕は古いんですよ・・・。どこかで女の人は家を守って欲しいと、思ってるんですよね。外では男を立ててくれるような人がいいなあと。家事もどんなに頑張って掃除しても、女性がした方がきれいな気がするし、料理も飽きちゃって毎日は作れないし・・・。その分、僕は働いて、家族が安心して暮らせるように頑張ります」

「できるものならずっと土方歳三をやり続けたい。やり続けることで自分でも成長を楽しみたい」と話す要さん。最後に東京公演に向けての抱負を語ってもらった。

「予定調和なものは作りたくないんで、バランスのいい100点よりも、瞬間的に出た120点を信じてやりたいなと。ここだ!って思ったときに力を発揮して、凸凹でもいいんでそれが味になれば。この作品は日本でしかできないでしょうね」

profile 要潤
1981年、香川県生まれ。2001年、「仮面ライダーアギト」氷川誠役でデビュー。その後、昼のドラマ「新・愛の嵐」で大きく注目される。映画出演作に「CHASSERN」「UDON」「GOEMON」など
要潤
取材・文/安田佑子

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社