OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『天使と悪魔』劇場鑑賞券プレゼント

映画『天使と悪魔』 徹底レコメン

大ベストセラー「ダ・ヴィンチ・コード」の続編「天使と悪魔」が、再びトム・ハンクス×ロン・ハワードのゴールデンコンビで映画化! カトリックの総本山・ヴァチカンへの復讐を目的に、ガリレオ・ガリレイら科学者たちが作り上げた秘密結社“イルミナティ”が復活、枢機卿4人を誘拐し、殺害予告を送りつけた。ダ・ヴィンチの名画に隠された謎に続き、ロバート・ラングドン教授は、ガリレオの著書に隠された暗号“ガリレオ=コード”を解き、ヴァチカンを窮地から救うことができるのか!? ラングドン教授に協力するヴァチカンの聖職者役としてユアン・マクレガーが出演するなど、続編にふさわしいキャスト、スケールで歴史を揺るがすタブーに挑む!

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

トム・ハンクス 映画『天使と悪魔』

トム・ハンクス 映画『天使と悪魔』

ハリウッド・スターとしてこれだけ長いキャリアを持ちながら、続編もの、つまり同じキャラクターを演じたのは今回が初めてだというトム・ハンクス。それでも彼は「ラングドン・ミステリー」というよりも新しいものとして、映画『天使と悪魔』を体験してほしいと言う。

「前回とまったく同じ部分は、ラングドン教授が非常に複雑な事件に巻き込まれていく・・・ということだけなんだよね。前作『ダ・ヴィンチ・コード』の時には、歴史やセオリーを観客に伝えるための説明やフラッシュパックがたくさんあったけど、今回は違う。“教皇選挙のハイジャック”というわかりやすい物語だし、展開もずっと早い。確かに僕は同じ男を演じてるし、監督はロンで、原作者もダン・ブラウンで同じなんだけど、前回よりも多くのものをそぎ落とせたと思うんだ」

前作のテーマが「歴史 VS 精神性」なら、今回の『天使と悪魔』のテーマは「神学 VS 科学」だというトム。カトリックの総本山=ヴァチカンを滅ぼそうとする科学者たちの秘密結社“イルミナティ”。果たして“イルミナティ”は実際に存在するだろうか?

「存在したけど、悪魔的な組織と考えるのはナンセンスだと思う。イルミナティ=啓示を受けた人々、という意味だしね。僕が読んだ中世の歴史に関する本によると、ルネッサンス時代は、頭のいい人、教養のある人たちは誰でも“我々の存在”に関する問題に取り組んでいた。それはある程度危険だったかもしれない。でも、ガリレオは実際に素晴らしい発見をしたし、当時は『そんなのは事実ではない』としたけど、事実は事実だよ。現代でも権力者の中には『地球温暖化なんて起きてない』って言う人がいるんだから」

ロン・ハワード監督との縁は1984年の『スプラッシュ』に始まり、『アポロ13号』『ダ・ヴィンチ・コード』に続き、4作品目となる。

「僕が彼の作品に何度も出演する理由は、僕に“最高の仕事を要求してくれる”からだよ。アイディアや意見を求められるし、専門的知識やプロフェッショナリズムも要求されるんだ。彼は変わらないよ。自分が作りたい作品を作るために全力を尽くす姿勢は昔とまったく同じだね。観客を魅了する作品、映画業界だけでなく、芸術の世界の活力となる作品を作ろうとしているんだ」

ダン・ブラウンはさらなる新作を書いているという。ラングドン教授の脳みそをフル回転させる次なる謎とは何か!? 3作目として映画化される日もそう遠くないかもしれない。

「年を取りすぎていなければ、ぜひ出演したいね。僕が出てもおかしくないようであれば、もちろんやりたいよ」

profile トム・ハンクス
1956年アメリカ生まれ。俳優デビュー当時はコメディ作品が多かった。1993年の『フィラデルフィア』、翌年の『フォレスト・ガンプ/一期一会』で2年連続アカデミー賞主演男優賞を受賞するなど実力派スターとして知られる
トム・ハンクス 映画『天使と悪魔』

映画『天使と悪魔』 劇場鑑賞券プレゼント

“ガリレオ・コード(暗号)”を解け!
ヴァチカンに迫る危機―――
秘密結社イルミナティの復讐が始まる!

400年前、ヴァチカンは神の存在を脅かすガリレオ・ガリレイを中心とする科学者たちを弾圧していたが、科学者たちは秘密結社“イルミナティ”として密かに活動を続け、ヴァチカンへの復讐の機会を待っていた。今、その“イルミナティ”がローマ教皇死去に際し、4人の枢機卿を拉致し、ローマ市内の4つの教会で順に殺害すると予告。ヴァチカンはハーヴァード大学の宗教象徴学の権威、ラングドン教授に助けを求める・・・。

監督/ロン・ハワード
原作/ダン・ブラウン「天使と悪魔」(角川書店刊)
出演/トム・ハンクス、ユアン・マクレガー、アイェレット・ゾラー、ステラン・スカルスガルドほか
配給/ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
上映時間/2時間30分(予定)
公式サイト/http://www.angel-demon.jp
5月15日よりTOHOシネマズ日劇ほか全世界同時公開!

■『天使と悪魔』劇場鑑賞券/50組100名様

■応募締め切り:5月6日(水)

応募受付は終了しました。

取材・文/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社