傷だらけの男たち<映画 試写会>金城武&トニー・レオン

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ




『インファナル・アフェア』から5年。アジアのいい男2人が放つ、愛と事件。
アジアから世界へ―――。ハリウッドでリメイクされた『ディパーテッド』とともに大旋風を巻き起こした『インファナル・アフェア』から5年。世界から注目を集めるインファナル・チームがついに始動! ある殺人事件から明らかとなっていく真実と、その裏に隠された男たちの深い傷を描く。恋人の自殺から立ち直れない私立探偵ポンに『LOVERS』や『ウィンター・ソング』で知られる金城武、そんなポンのよき理解者であり殺された億万長者の娘婿、物語のカギを握るベテラン刑事ヘイにトニー・レオン。アジアが誇るいい男2人が心の傷と向きあって悩む姿に、思わず胸がときめいてしまう。彼らの傷を癒す女性たちの美しさにも心を奪われて。
右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。


公彦は驚くほどの強烈キャラ リハーサルからパワー全開でした
7月7日に公開になった『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督最新作『傷だらけの男たち』のプレミア記者会見を映画ライターSがレポート! すでにレオナルド・ディカプリオ主演でハリウッドリメイクも決定、アジアを代表する2大スター、トニー・レオンと金城武が共演と、話題満載の作品とあり、雨という悪天候に関わらず会場には大勢の報道陣が・・・。

壇上に上がったのは、映画と同じレザーのジャケットで決めた金城武とアンドリュー・ラウ監督の2人。当初来日が予定されていたトニー・レオンは、撮影スケジュールの都合で欠席とのこと。そのトニーから、急遽届いたというメッセージの上映から会見がスタートしました。

「お伺いできず申し訳ない。そして残念です。本作は初めて本格的に悪役を演じた、思い入れのある作品です。ぜひ楽しんで下さい」

忙しい撮影スケジュールの合い間に撮られた、トニーの熱意が伝わるメッセージ。が、最後の金城、ラウ監督両氏に向けた「私が行けなかった分も2人で頑張って。よく働き、よく遊び、寿司食って酒飲んで楽しんで下さい」というメッセージに会場は爆笑。メッセージを受けて「なんか・・・明るいっすね・・・」。ぼそっとつぶやいた金城の言葉もさらなる笑いを呼びました。

撮影現場の様子をたずねる記者からの質問に、「映画撮影の現場におもしろいことはひとつもありません(笑)。撮影後は僕自身が傷だらけの男になってました」というラウ監督の答えに、またもどっと笑いが。一方で金城は「真夏の撮影だったのですが、酒飲んで、皮ジャン着て、よく走ってます。そのがんばりを見て欲しい」とのこと。恋人を亡くしたショックから酒びたりになる悲しい男ポンを演じた金城。「毎朝現場に行くと、僕用のグラスに酒が注いであって。とりあえず飲んでおけ、と。酔いが足りないとウソっぽいし、酔いすぎると芝居にならない。そのへんが大変でした」と、ハードな撮影の様子をしみじみ振り返りました。

共演したトニー・レオンについては「役に対する理解力がすばらしく、並外れた安定感を持った役者!」と絶賛。切々と語る表情からも、トニーに対する並々ならぬリスペクトが伝わってきました。それを受け監督は「トニーのことは武が言ってくれたからいいとして、武は人をひき付ける魅力と迫力を持った俳優。トニーと武、2人が合わさると、すごく見どころのあるシーンが撮れる。本当に2人に共演してもらってよかった。でも、また別の(監督の)作品でも共演するそうですね。次回、武に出演をお願いするとき、トニーは使えないな(笑)」と2人の演技を絶賛しつつぼやく場面も。思わず苦笑して「僕を(キャストの候補から)外すでしょ」という金城に「いいや、トニーを変えるよ」と監督。

トニーの来日中止は残念だったものの、金城と監督の掛け合い漫才のような会見は終始笑いが絶えないなごやかな雰囲気。不在のトニーも含めた3人の男たちの、映画に劣らぬ固い絆が垣間見えました。

最後に金城は、「完成作を見てうれしかったのは、恋人役のスー・チーとのシーンが、男臭い作品のなかに独特の甘さを漂わせているところ。『インファナル・アフェア』チームといわれていますが、まったく新しい魅力に溢れています。ちょっと切ない映画ですが、ぜひ見に来て下さい」と、ファンへのメッセージで締めくくりました。

映画「傷だらけの男たち」試写会ご招待を350名様にプレゼント!
【ストーリー】
3年前は上司と部下の関係だった敏腕刑事ヘイとポン。ポンは恋人が自殺したことから刑事を辞め、飲めない酒を浴びるように飲み、酔っ払いの私立探偵に成り下がっていた。対照的にヘイは億万長者のひとり娘スクツァンと結婚して順調な生活を送っていた。ところが、ある日、スクツァンの父が自宅で何者かに惨殺される。この事件の裏には、驚くべき事実と数十年前の一家惨殺事件が関与していた・・・。
監督/アンドリュー・ラウ、アラン・マック
出演/トニー・レオン、金城武、スー・チー
配給/エイベックス・エンタテインメント
7月7日(土)よりみゆき座ほかにて全国ロードショー【2006/香港/1h51m】
■試写会開催日時:
 6月14日(木)18:00開場、18:30開映 新宿明治安田生命ホール(新宿)
■応募締め切り:6月6日(水)
応募受付は終了いたしました
(C)2006 Media Asia Films (BVI) Ltd. All Rights Reserved.

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社