OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『真夏のオリオン』特別試写会

映画『真夏のオリオン』 徹底レコメン

『真夏のオリオン』は、女子にも観てほしい映画。第二次世界大戦・終戦前夜に繰り広げられたアメリカの「海上の知将」と日本の「海中の天才」との攻防戦。潜水艦という狭い空間で、笑顔、にぎり飯、音楽で乗組員たちを励ましながら機知に富んだ作戦で敵に向かっていく艦長を玉木宏が熱演。その親友をCHEMISTRYの堂珍嘉邦が演じ、今作で映画デビュー! 冬の星座であるオリオン座が真夏に海上に見えたときは吉兆のサインと船乗りの間では語り継がれているという。オリオンに導かれ、愛する人の帰りをひたすら祈る“女心”が物語のキーに。敵味方を越えた絆、「生きて帰ることこそ尊い」ことを貫き通した男たちから熱いメッセージを受け取りたい。

北川景子 映画『真夏のオリオン』

北川景子 映画『真夏のオリオン』

『真夏のオリオン』唯一の女性キャストである北川景子さん。教師として社会に出る前に、戦争中、祖父母が体験したことをちゃんと知っておきたいと思う女子大生いずみと、いずみの祖母で玉木宏さん演じる潜水艦長・倉本に想いを寄せる志津子の2役に挑戦している。インタビュールームに現れた彼女はバービー人形のようにキュート。ころころと表情を変えながら早口で話すさっぱりした性格の北川さんは、さぞかし男所帯の撮影現場で可愛がられたのでは?

「それが・・・玉木さんも堂珍さんも、私のことを女性として全然扱ってくれなかったんですよね(笑)。スケジュールがタイトだったので、私が待ち時間にイスとか、どこででも寝ていたら、『おい。また寝てんのか。おじさんか?』とか言われて。でも、そうやって気を使わないでくださったから私もいいお芝居ができたと思いたい・・・ですね(笑)」

今回、祖母と孫の1人2役ということで、「血筋を感じさせながらも別の人格を演じ分けるのが難しかった」と話す北川さん。昭和の女性らしくするため、歩き方や話し方にも気をつけたそう。

「もともと歴史が好きで、時代ものや戦争を題材にした作品には出てみたかったんです。昔の人たちがいて、今の自分がいるわけだから、そういう作品にどんどん出て、映像として残すことで後世に伝えていきたいと思っていたんですよね

『戦争映画って血がいっぱい出て怖い』という方もいると思うんですが、この作品は血はまったく出ませんし、『死にに行くための戦い』ではなく、『生きるための戦い』なので、前向きなパワーをもらえると思います。倉本艦長と、私が演じた志津子の恋愛の部分もありますし、あとは・・・かっこいい人しか出てないですから、女性の方はきっと観終わったあと、『あの乗組員がかっこいい!』という話で盛り上がると思います(笑)」

年上の部下にも敬意を払い、「お国のため」と人間魚雷の出動を志願する若い乗組員をなだめ、全員で生きて帰ろうとする“理想の艦長”、倉本と両思いになるという、なんともうらやましい役を演じている北川さん。

「倉本さんは、私にはお兄ちゃんみたいなタイプですね。玉木さん自身もとてもお兄ちゃんぽい方なんで。2人はなんか重なる部分多いです。恋人にするなら私は機関長役の吉田栄作さんがいいです! 笑顔が・・・かっこいいからです(笑)。母親がファンで一緒にドラマを見ていたんで小学生の頃からのファンなんです」

と、突然吉田栄作さんの話で大盛り上がり。「どちらにしろ面食いなんですか?」と聞くと、「いえ。好きになった人がタイプです」と言う北川さんは、「仕事をストイックにがんばっている人」が好きなんだそう。

「彼女に夢中で仕事が手につかない、っていう人より、『お前がいるからがんばれるぜ!』ってタイプがいいですね。私もそういうタイプなんで。デートも忙しい中で時間を見つけて会うのがいいんです(笑)」

profile 北川景子
1986年兵庫県出身。2003年、「ミスセブンティーン」に選ばれモデルとして芸能界デビュー。映画『間宮兄弟』『ハンサム★スーツ』、ハリウッド映画『ワイルドスピードX3TOKYO DRIFT』にも出演
北川景子 映画『真夏のオリオン』

映画『真夏のオリオン』 特別試写会

女子大生のいずみのもとにアメリカから手紙が届いた。差出人の男性は、手紙と一緒にいずみの祖母のサインが入っている楽譜を同封していた。彼の祖父はかつてアメリカ海軍で駆逐艦の艦長として日本と戦った経験を持つと言う。いずみの亡き祖父も日本海軍で潜水艦長を務めていた。戦争をしていた相手がなぜ祖母の書いた楽譜を持っていたのか? 当時、いずみの祖父と共に潜水艦に乗っていた老人に会いに行くと、彼は遠い記憶を語り始めた・・・。

監督/篠原哲雄
出演/玉木宏、北川景子、堂珍嘉邦、平岡祐太、吉田栄作、吹越満、益岡徹ほか
配給/東宝
公式サイト/http://www.manatsu-orion.com/
上映時間/1時間58分
2009年6月13日(土)全国東宝系ロードショー

■開催日時:
  5月21日(木)18:00開場、18:30開映 ヤクルトホール(新橋)

■応募締め切り:5月13日(水)

応募受付は終了しました。

© 2009「真夏のオリオン」パートナーズ
取材・文/安田佑子 撮影/藤巻晋

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社