サンシャイン・クリーニング<映画>エイミー・アダムス

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『サンシャイン・クリーニング』特別試写会

映画『サンシャイン・クリーニング』 徹底レコメン

「こんなはずじゃなかった。あたし、昔はイケてたのに・・・」高校時代は人気者だったローズ。でも、30代の今はシングルマザーで、既婚の元彼と不倫中。この前、セレブ婚をした同級生の家にハウスキーピングの仕事に行った時は、羨ましさと悔しさで涙が出た・・・。そんなときに妹のノラと始めた「特殊な清掃ビジネス」は、なんと事件現場の掃除だった!! アカデミー賞2部門を受賞した『リトル・ミス・サンシャン』のプロデュースチームが手がけ、全米で異例の大ヒットとなった今作は、ぶきっちょな人生でも幸せになりたい姉妹の物語。怖そうな設定をコミカルに描き、女友達と観に行くにもおすすめの、とっておきの1本となっている。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

映画『サンシャイン・クリーニング』

映画『サンシャイン・クリーニング』の秘密:あの人だ! 旬なキャストたちが集合

メイクや役どころがまるで違うので一瞬わからないが、今作は、人気作品で活躍している女優陣が揃っている。姉・ローズ役には映画『魔法にかけられて』で、突然歌い出す天然のヒロインを演じたエイミー・アダムス34歳。昨年度は『ダウト〜あるカトリック学校で〜』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされている。そして、ばっちりアイラインの妹・ノラ役は、『プラダを着た悪魔』でアン・ハサウェイの向かいに座って仕事を教える「むかつくけど憎めない先輩」役だったイギリス人女優のエミリー・ブラント26歳。いちばんわかりやすいのは、ノラが友達になるリン役のメアリー・リン・ライスカブだろう。ドラマ「24」でジャックの同僚・クロエ役でお馴染みだ。

映画『サンシャイン・クリーニング』の秘密:4館だけで上映された今作品が全米トップ10!

タイトルの“サンシャイン・クリーニング”は、事件現場の清掃というとちょっとアブない仕事だけど、前向きな名前がいいとローズが名付けた会社の名前。今年の3月にアメリカで公開され、たったの4館で上映する予定のはずがクチコミとネットで話題になり、上映館が600館以上に増え、全米トップ10に入るという大ヒットとなった。脚本家のミーガン・ホリーは、ラジオを聞いていたときに「事件現場の清掃」の話を知り、それをバックグラウンドにストーリーを書いて地元の脚本コンテストに応募したところ、見事優勝。プロデューサーの1人であるピーター・サラフは「怖くて面白くてキャラクターがリアル。読み終わった時には映画にしなきゃと思った」と言う。

映画『サンシャイン・クリーニング』
映画『サンシャイン・クリーニング』

映画『サンシャイン・クリーニング』の秘密:ちょい悪おじいちゃん健在!

『リトル・ミス・サンシャイン』のファンで今作を観る人なら、ローズとノラの父親ジョーを演じるアラン・アーキンにすぐ気づくだろう。そう。『リトル〜』の、薬物依存で老人ホームを追い出された“ちょい悪おじいちゃん”役で、アカデミー賞助演男優賞を受賞したアランは75歳のベテラン俳優。今回も孫のオスカーに調子のいいことばかり言っている“大人らしからぬ”おじいちゃんを演じている。プロデューサーのジェブ・ブロディは、「ジョーの役を考えた時に、みんながアランを連想してしまった。でも『リトル〜』で一緒に仕事をしたばかりだったし、他の役者を考えてはみたよ。でも、やっぱり彼しかいないとわかったんだ」と話している。

映画『サンシャイン・クリーニング』 特別試写会

姉妹が見つけた仕事は・・・事件現場のハウスクリーニング!?

高校時代はアイドルチアリーダーだった姉のローズ。30代の今は、未婚の母でハウスキーパーの仕事をし、元彼・マックと不倫中。妹のノラは不器用と短気のせいでバイトが続かない。そんなときに息子のオスカーが小学校を退学処分に。私立に入れるにはお金が・・・そんな時にマックからおいしい仕事の話が。それは殺人現場や自殺現場の掃除の仕事だった。背に腹は代えられないローズはノラと「サンシャイン・クリーニング」を始める。

監督/メーガン・ホリー
出演/エイミー・アダムス、エミリー・ブラント、アラン・アーキン、スティーヴ・ザーン、メアリー・リン・ライスカブほか
配給/ファントム・フィルム
上映時間/1時間32分
公式サイト/http://www.sunshine-cleaning.jp/
7月、渋谷シネクイント、TOHOシネマズ シャンテ他にて全国公開

■試写会開催日時:
  7月6日(月)18:30開場、19:00開映 ヤクルトホール(新橋)

■応募締め切り:6月29日(月)

応募する

© 2008 Big Beach LLC.
取材・文/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社