OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『山形スクリーム』特別試写会

映画『山形スクリーム』 徹底レコメン

「バカバカしい映画を作りたい!」と、俳優&監督の竹中直人が一念発起し、ホラーコメディ映画『山形スクリーム』を完成させた。成海璃子ら演じる都会の女子高生4人が山形の小さな村で800年前の落ち武者(戦乱に敗れ、逃げ延びた武士)に襲われたり、800年の時を超えた愛を告白されたり。落ち武者に殺され、ゾンビと化した村人たちが、「ぎょい!ぎょい!」と叫びながら徘徊する様は、怖いのに・・・なぜか笑える!! 大河ドラマ「天地人」、映画『おくりびと』『スウィングガールズ』『武士の一分』など、山形を舞台にした作品は数多けれど、間違いなく『山形スクリーム』はいちばんの「おばか」作品。でも最後は、ほんのちょっぴり感動が!?

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

映画『山形スクリーム』

映画『山形スクリーム』の秘密:シリアスからコメディまでこなす成海璃子

ヒロインの女子高生・美香代を演じるのは、携帯電話のCMでおなじみの成海璃子。竹中監督も「たたずまいや声が好きだし、動きもお茶目。一生懸命走る姿もかわいい」と大絶賛の彼女は、1992年生まれの現役女子高生。8歳の時に、ドラマ「TRICK」で仲間由紀恵の少女時代を演じて注目を浴び、その後、ドラマ「瑠璃の島」で初主演、映画『あしたの私のつくり方』では映画賞の新人賞を複数受賞するなど、業界内外でもっとも“旬”な若手女優の1人。今作では、再婚した父親(ちなみに再婚相手はなんとクリスタル・ケイ!)が許せず電話を無視し続ける、ちょっぴり反抗期の美香代と、美香代にうりふたつの官女・光笛(みつぶえ)の二役を演じている。

映画『山形スクリーム』の秘密:庄内弁のAKIRA、本人役の温水ぬっくん!?

極端に言うと、美香代以外のほとんどが強烈キャラクターと言える今作。ゾンビたちの挙動不審さはもちろんだが、ゾンビ以外も濃い。美香代たちの引率教師・勝海子は“男欲しい病”。生徒の安全より、自分の縁結びが大事。演じるマイコのコメディエンヌぶりも楽しみたい。そして、山形に着いた美香代たちを出迎えるのは観光キャンペーンで「1日」ならぬ、「2日落ち武者」を務める三流俳優・温水洋一(本人が演じる)のさむ〜い落ち武者パフォーマンス。そして、落ち武者が眠るほこらを代々守り続けてきた、村の理髪師・三太郎。「落ち武者のただりだ〜!!!」と、EXILEのイケメンパフォーマー・AKIRAが庄内弁にチャレンジしている。

映画『山形スクリーム』
映画『山形スクリーム』

映画『山形スクリーム』の秘密:竹中直人がいっぱい! 公式サイトもチェック

今回は監督だけでなく、よみがえる悪の落ち武者、御釈ヶ部村の健康志向集団の団長役など、1人で何役もこなした竹中直人。トレンディ作品では、「笑わせてくれる演技派」というイメージがあるが、監督としては、『無能の人』、『東京日和』など、シリアスな作品を手がけてきた。そんな彼が、監督6作目となる新作に「ホラーはどうですか?」と提案されたのが今作の始まり。竹中監督と同じ時間を共有したい、とエキストラの募集には相当数の応募があったそう。ちなみに公式HP(http://yamagatascream.gyao.jp/)では、本編では登場しない、竹中監督が美香代たちの高校の副校長役になっての記者会見する映像が閲覧できる。

映画『山形スクリーム』 特別試写会

都立女子高2年の美香代は、ほか3人の生徒と歴史研修会の合宿で“落ち武者の里”、山形の御釈ケ部村(おしゃかべむら)へやって来た。さびれた村では、村おこしのためテーマパークを作ろうと、計画地に建つ「落ち武者の祠(ほこら)」を美香代たちの前で取り壊す。すると、本当に落ち武者が蘇ってしまった!! 村人を襲い、ゾンビに変身させていく落ち武者たち。美香代は800年前に添い遂げられなかった官女に瓜二つだと平家の侍頭にさらわれ・・・。

監督/竹中直人
出演/成海璃子、AKIRA、マイコ、竹中直人、桐谷美玲、紗綾、波瑠、温水洋一、沢村一樹 ほか
配給/ギャガ・コミュニケーションズ
公式サイト/http://yamagatascream.gyao.jp/
上映時間/1時間46分
8月1日(土)よりシネリーブル池袋、新宿バルト9ほか全国ロードショー

■試写会開催日時:
  7月15日(水)18:00開場、18:30開映 ヤクルトホール(新橋)

■応募締め切り:7月6日(月)

応募受付は終了しました。

© 2009 映画「山形スクリーム」製作委員会
取材・文/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社