OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『G.I.ジョー』 劇場招待券

映画『G.I.ジョー』 徹底レコメン

『トランスフォーマー』の製作陣と『ハムナプトラ』の監督が組んだハイパー・アクション・ムービー『G.I.ジョー』。戦車、飛行機、建物など、金属ならなんでも瞬時に食い尽くす最強化学兵器の“ナノマイト”をめぐり、国際機密部隊の“G.I.ジョー”と、世界征服を企む邪悪な集団“コブラ”の闘いの火蓋が切られた。G.I.ジョーチームはナノマイトを弾頭に装備したミサイルがパリ、ワシントン、モスクワ、北京に撃ち込まれるのを阻止することができるのか!? 最新映像テクノロジーにわくわくし、生身で挑むファイティングアクションにドキドキする、熱いエンターテイメント大作はやっぱり映画館の大きなスクリーンで彼と一緒がいい!

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

映画『G.I.ジョー』

映画『G.I.ジョー』の秘密:当時のフィギュアは今や“お宝もの”

日本の女の子たちのリカちゃん人形、バービー人形が、アメリカの男の子たちの「G.I.ジョー」フィギュアだった。「G.I」とは、Government Issueの略で米軍兵士のことを指す。1964年に発売された最初のG.I.ジョーは約30pの大きさで、ベトナム戦争で活躍する米兵をモチーフにしていたが、70年代に入ってからは日本でも発売、80年代に入ると約10pの大きさになり、「G.I.ジョー」はチームの名前となった。今作は85年のアニメ「地上最強のエキスパート・チーム G.I.ジョー」の序章。デューク、スカーレット、スネークアイズ・・・と、当時のファンには思い入れあるキャラクターたちばかり。

映画『G.I.ジョー』の秘密:「デューク役は生涯に一度の役」C・テイタム

化学兵器のナノマイトを悪の集団“ゴブラ”に奪われたデューク。しかも、敵のリーダーは、過去に辛い別れをしたデュークの元恋人・アナだった! ナノマイトの奪還とアナの行方を追うため、デュークはG.I.ジョーに志願する。演じるのはアメリカ生まれの29歳、チャニング・テイタム。テイタムはイケメンアスリートのイメージが受け入れられ、これまでにペプシコーラやマウンテンデューなどのCMに抜擢されたり、ダンス、バスケット、モーター・スポーツなどを取り上げた作品に出演。今回、デューク役に決まり、スタントは自分でこなすと志願したテイタム。4歳の頃、G.I.ジョーのフィギュアで遊んでいた少年が夢の大役を手にした。

映画『G.I.ジョー』
映画『G.I.ジョー』

映画『G.I.ジョー』の秘密:イ・ビョンホンが忍者暗殺者役に!

キャストもロケ地もグローバルな中、アジア代表の韓流スター、イ・ビョンホン(39)の活躍は大きな見どころ。ドラマ「オール・イン」、映画「JSA」などで日本にもファンが多い彼が演じるのは忍者アサシン、本名トーマス・S・アラシカゲ、コードネーム“ストーム・シャドー”という、悪役ながらコミック、アニメでも人気のキャラクター。映画では流暢な英語と持ち前の肉体美が見せるアクションで堂々のハリウッドデビューを飾る。ストーム・シャドーは幼い頃、東京でG.I.ジョーの忍者戦士、スネークアイズと同じ師匠によって鍛えられていた。幼いストーム・シャドーは設定では日本人のはずなのだが、なぜか韓国語で台詞を話す、そんなシーンにも注目して。

映画『G.I.ジョー』  劇場招待券

難病を救うべく開発された科学物質“ナノマイト”は、金属を食い尽くす化学兵器にその姿を変えられた。NATOの特殊精鋭部隊のデュークとリップコードは、近未来的な装備を持つ集団“ゴブラ”に輸送中のナノマイトを奪われる。デュークたちの命を救ったのは、敵の集団に劣らないハイパー・スーツに身を包んだ国際機密部隊“G.I.ジョー”だった。デュークとリップコードは、ナノマイト奪還を賭けてG.I.ジョーに志願する・・・。

監督/スティーブン・ソマーズ
出演/チャニング・テイタム、シエナ・ミラー、イ・ビョンホン、レイチェル・ニコルズ、マーロン・ウェイアンズ、デニス・クエイド、レイ・パークほか
配給/パラマウント ピクチャーズ ジャパン
上映時間/1時間56分
公式サイト/http://www.GI-J.jp
8月7日(金)丸の内ルーブル他全国ロードショー

■『G.I.ジョー』劇場鑑賞券/50組100名様

■応募締め切り:8月10日(月)

応募する

© 2009 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.
取材・文/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社