OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『カムイ外伝』 試写会

映画『カムイ外伝』 徹底レコメン

60年から80年代にかけ、一世を風靡した白土三平の傑作忍者コミックが松ケン主演で実写化! 最新VFXを駆使した時代劇アクションムービー『カムイ外伝』の舞台は17世紀の日本。忍者の掟を破り、抜忍(ぬけにん)として追われながら組織や権力にたった独りで反抗し続けるヒーロー、カムイ。今の時代にこそ必要な生きることへの情熱と強さをメッセージに、崔洋一×宮藤官九郎が監督・脚本を出がける。寡黙だけど熱いカムイの生き方から、人生で「思い切って捨てていいもの」と「本当に大事にしなきゃいけないもの」が見えてくる! ユルくて気楽なのも好きだけど、やっぱり一生懸命生きるっていい。豪華キャストにも注目の、エンターテインメント超大作だ。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』

松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』

初めてのハードなアクション、そして、大きなケガをして撮影ができない初めてのイラ立ち・・・。インタビューをしたとき、そんな理由もあってか、松山ケンイチさんは少し不安を感じているようだった。しかし、スクリーンでの彼は「カムイ」そのものだったように思う。なにかを守るために闘い、人を信じることに迷い、ときに裏切られながらも自分の生きる道を探すカムイは、無骨ながら人間味にあふれている。

「この作品はエンターテインメントですけれども、主人公が社会と闘っている物語なんですよね。今を生きている人も、誰もが闘っていかなければならないですし。作品の持つメッセージも、すべての人に必要だって信じてますから、ぜひ、たくさんの人たちに観ていただきたいです」

作品のキャッチフレーズは「生き抜け!負けるな」。では松山さんが考える「生き抜き方」とは?

「自分をシンプルにさせること。自分はこうしたいけど、人がどう思うかわからないからやめとこう、ってことが今はたくさんあるじゃないですか。でもやっぱり自分が楽しくないとダメだな、そこはシンプルでいいんじゃないかなって。自分が楽しむだけじゃ必ず人を傷つけますし、傷つけたら嫌われる、傷つけたらダメだから、と考え過ぎるとなにもできなくなって、誰かのために生きることになってしまう。だから、自分もみんなも楽しめる努力をする。そういう風に生きてますね」

カムイが見せる元・忍者ならではのアクションシーンも見どころの1つだが、裸足で砂浜を全速力で走る、ワイヤーアクションで宙を舞うなど、猛暑の沖縄での撮影は想像を絶した。さらに、殺陣のシーンを撮影中に右太ももを打撲し、3週間の撮影中断を余儀なくされた。

「この作品は、自分自身との闘いでもあったと思うんですよね。ここまで体が動かなくなる焦りとか、イラ立ちを経験したことは一度もなかったことです。しかも撮影を再開してからもまた体が動かなくて、1日とか2日中断させてしまったこともありましたし、どんどんどんどん追い詰められていく自分がすごく嫌でした。自分の弱さが浮き彫りになった気がします。そんなときに、キャストの方たちや監督に気を使っていただいて、盛り上げてもらったことを本当に感謝しています」

作品を観ると、ミステリアスなキャラクターであるカムイをもっと知りたくなる。それは松山さんも演じながらぶつかった壁でもあり、「カムイを理解したい」という原動力にもなった。

「カムイの“わからない”部分を自分がどう表現するか、または“表現しない”という表現をするのか。自分がそのキャラクターを『これでいいんだ』と信じて演じるから楽しいんだと思うんです。でも、今回、僕がカムイを100%理解できるところまでいかなかったんですよね。まだまだ出してない部分、見えてこない部分が、たくさんあるキャラクターだなと思ったんで、ぜひ、また機会があるならカムイを演じてみたいです」

profile 松山ケンイチ
1985年、青森県生まれ。2001年、モデルとしてデビュー後、演技の道へ。映画『デスノート』シリーズの“L”役で大ブレイク。『人のセックスを笑うな』『デトロイト・メタル・シティ』など話題作に出演
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』

映画『カムイ外伝』  試写会

掟に縛られた世界に嫌気がさし、自由を求め“忍”の世界を抜け出したカムイ。そのため、「裏切り者」のレッテルを貼られ、かつての仲間、大頭やミクモに追われる日々。ある日、漁師の半兵衛を助け、家族に迎え入れられるカムイだったが、半兵衛の妻・お鹿はカムイを見たとたん、冷たい態度をとる。お鹿はカムイのかつての仲間で彼同様「抜忍」のスガルだったのだ。一方、半兵衛とお鹿の娘のサヤカはカムイに想いを寄せていくのだが・・・。

監督/雀洋一
脚本/宮藤官九郎、雀洋一
原作/白土三平『カムイ外伝』(小学館刊)
出演/松山ケンイチ、小雪、伊藤英明、佐藤浩市、小林薫、大後寿々花、イーキン・チェン、金井勇太、芦名星、土屋アンナほか
配給/松竹
公式サイト/http://www.kamuigaiden.jp/
上映時間/2時間
9月19日(土)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

■特別試写会開催日時:
  8月25日(火)18:00開場、18:30開映 よみうりホール(有楽町)

■応募締め切り:8月17日(月)

応募受付は終了しました

© 2009「カムイ外伝」製作委員会
取材・文/安田佑子 撮影/キムラミハル

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社