OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『のんちゃんのり弁』特別試写会

映画『のんちゃんのり弁』 徹底レコメン

小さい頃、「30代の母親」は大人の女性だと思ってた。でも、自分がそうなってみたらどうだろう。幼稚園の娘がいる31歳の小巻(こまき)は離婚したくて実家に帰ってきたけれど、世間知らずなうえに、キャリアも貯金もなく、水商売をするのはプライドが許さない。娘のために自立したいのに! そんな小巻の特技は娘のお弁当作り。小巻はひらめく。「あたし、お弁当屋さんを開く!」1995年から98年まで「モーニング」で連載された同名人気コミックの映画化。作品中に登場するお弁当は本当に美味しそう! 映画『いつか読書する日』の緒方明監督が贈る、「何かしなきゃ」という“思い”ばかりが空回りしている、アラサー女子たちへの応援歌ムービー。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

映画『のんちゃんのり弁』

映画『のんちゃんのり弁』の秘密:明日のランチは手作り「のり弁」で!

「のり弁」は、シンプルだけど日本に生まれてよかったと思うメニューの1つ。「のり弁」といえば多くの人が白いごはんの上におかかや昆布の佃煮をのせて、その上に板海苔を敷いたものを思い浮かべるだろう。今作ではさらにグレードアップ、幼稚園生ののんちゃんのために、彩りも栄養も考えられたさまざまな「のり弁」が登場する。まず、食べやすく、お弁当箱の蓋に海苔がくっつかないよう、海苔はちぎって敷き詰めてある。そしてお箸を入れるとひじきごはん、卵そぼろ、鮭そぼろごはん、ほうれん草のごま和えなどが段々に詰めてあり、まるでミルフィーユのよう。自分用にはもちろん、彼氏のお弁当も絶品な「のんちゃんのり弁」でサプライズさせてみて!

映画『のんちゃんのり弁』の秘密:「泣いたことなんてないだろ?」「だから弱いんです」

今のアラサー世代は、昔のアラサーよりも世間知らず!? 「お金はいらないからお店で働きたい。お弁当屋も自分でなんとかお金貯めて出します!」と、小料理屋“ととや”の主人・戸谷に頼み込むヒロイン・小巻。気持ちばかりで生活や開業にかかる費用などまったく考えていない小巻を、戸谷は優しい鋭さでたしなめる。原作コミックは95年〜98年に描かれたが、映画化にあたって設定は現代風に書き換えられた。監督は「今のアラサー女性たちは、かつての30代よりもどこか幼くて、人生にまだ漠然と夢を見ている感じがしたから」と話す。戸谷というキャラにはは監督をはじめ、人生の先輩世代からアラサー女性たちへの応援メッセージが投影されているとのこと。

映画『のんちゃんのり弁』
映画『のんちゃんのり弁』

映画『のんちゃんのり弁』の秘密:現実を見たアラサー女は強し!

離婚したい。でも私、社会の役に立つこと、なんにもできない。でも、ボンボンだけど怠け者で働かない自称「小説家」の旦那とは暮らしたくない。でも娘は自分で育てたい。でも居酒屋で酔っぱらったお客さんの相手なんてできない・・・。小巻は求めることはたくさん、そして「でも、でも」ばかりの31歳。小巻を演じるのは小西真奈美。早口で、思いこみが激しくて、爆発したら手がつけられない小巻について、「彼女の根拠のないパワーは自分にも相通じるものがありますね(笑)」と小西さん。「観終わって、自分も一歩踏み出そうと小巻から元気をもらえる映画になったと思います」とも。ちなみに小西さんも料理を作るのは普段から好きなのだそう。

映画『のんちゃんのり弁』 特別試写会

31歳の永井小巻はニートな夫に愛想を尽かし、娘ののんちゃんを連れて実家の下町に戻ってきた。とりあえず小巻は仕事を探し始めるが、これといった資格もなく、幼稚園への送迎のためにフルタイムは働けないので、就職面接もうまくいかない。小巻の唯一の支えであるのんちゃんは、小巻の作る幼稚園のお弁当が何より好きだった。食材を豊富に使い、栄養とアイディアたっぷりの“のり弁”は幼稚園でも評判になる・・・。

監督/緒方明
原作/入江喜和「のんちゃんのり弁」(講談社刊)
出演/小西真奈美、岡田義徳、村上淳、佐々木りお(子役)、山口紗弥加、岸部一徳、倍賞美津子ほか
配給/キノ フィルムズ
上映時間/1時間47分
公式サイト/http://www.noriben.com/
9月26日(土)より有楽町スバル座ほか全国ロードショー

■試写会開催日時:
  9月14日(月)18:00開場、18:30開映 ヤクルトホール(新橋)

■応募締め切り:9月7日(月)

応募する

© 2009「のんちゃんのり弁」製作委員会
取材・文/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社