OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『白夜』プレミア試写会

映画『白夜』 徹底レコメン

登場人物はたった2人。EXILEのパフォーマー、MAKIDAIと吉瀬美智子がフランスのリヨンで恋に落ちる―――。別れた恋人を追ってフランス・リヨンまでやってきた女。明日帰国するためのチケットと小銭しか持っていない男。旅先で出会った知らない者同士だからこそ、ワケアリな自分をさらけ出す2人。しかし男はパリに向かう最終列車に乗らなくてはならず、女は夜にリヨンに戻る別れた不倫相手を待つ。急接近した2人のタイムリミットは22時。全編2人の会話のみで綴ったストーリーは恋、家族、人生のターニングポイントに揺れる男女の本音が詰まっている。1日だけの恋だからこそ、忘れられないのかもしれない・・・。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

眞木大輔 映画『白夜』

眞木大輔 映画『白夜』

映画『白夜』は、全編がフランス・リヨンで出会った立夫と朋子の2人の会話でつづられている。朋子に「日本人?」と突然話しかけ、煙たがれても、のべつ幕なしに喋り続け、朋子にコーヒーまでおごらせるが、どこか憎めない立夫。演じているのは「EXILE」のパフォーマーで、メンバーの中でも「わりとよく喋る方」というMAKIDAIこと眞木大輔さん。

「立夫が1年間外国にいて、日本語に飢えているんで、ここぞとばかりに喋っちゃってるのは寂しさの裏返しでもあるんですよね。その孤独感を出すために、撮影前に監督からは『人と喋らないでほしい』と言われて、共演者の吉瀬さんとも話をしなかったし、自分のマネージャーさんとも距離を置いてました。

「あとは、『あんまり寝ないでほしい』って言われたんで寝ませんでした。バックパッカーはいいもの食べてないし、ろくに寝てないだろうから、ちょっとぼーっとした感じがよかったみたいで(笑)」

立夫の毎日を考えると、筋肉質ではないだろうと、フランス滞在中はダンスの練習はまったくくしなかったという眞木さん。しかし、作品を観たファンを喜ばせるのは、ほんの少しだけ見られる立夫のダンスシーン。

「あれは、ダンスを見せたいというよりは、監督と話す中で、朋子を元気づけるにはいちばんわかりやすい方法かな、ということになったんですよね。上手く踊っちゃっても、それって立夫じゃないよなと思ったんで、わざとたどたどしくしたんですよね」

その答えを聞いていた誰もが、「ダンス、すごく上手かったですよ」と驚いた。その反応に、逆に眞木さんが焦ってしまった。

「え、ホントですか!? あれは、どうやったら下手に見えるか考えて踊ったんですけど・・・まあでも、上手いって思われて損はないか。『立夫、練習したんだな』と思ってくれれば」

眞木さん自身も、20歳の時に単身で海外に渡った経験がある。

「ダンスという夢があって、1年間NYに行って、それでも僕は結構“1人”が大丈夫なほうだったと思うんです。立夫はカフェでも目立たない席に座ろうとするけど、僕はNYの満員の映画館でもいちばん前の席で1人で映画見たりするのも平気でしたし。でも、なんのあてもなくNYに行ったんで、さすがに“ホントに1年もここに住むのか?”と思ったり、ちょっと寂しくもなるじゃないですか。そんなタイミングで中学校の友達にばったり出会ったんですよ。すごくホッとしたんですよね。そのときは、立夫の気持ちと似てたなと思います」

では立夫と同じように眞木さんも、異国の地で自分好みの女性、しかも言葉が通じる日本人に出会ってしまったら、恋に落ちる可能性が大?

「いいですねー。でも、正直ベースで言えば、せっかく海外に行ってるんだったら、その国の人とって思いますね僕は(笑)」

profile 眞木大輔
1975年、神奈川県生まれ。ボーカル&ダンスユニット「EXILE」のパフォーマー。俳優として舞台、ドラマ、映画出演ほか、映画『ハンコック』では日本語吹き替えも担当。ラジオパーソナリティとしても活躍
眞木大輔 映画『白夜』

映画『白夜』 プレミア試写会

フランス・リヨンの赤い橋の上で寒さに震えながら立っている女がいた。「日本人?」と日本語で声をかけてきたのは1年間、バックパックで旅をしてきた日本人の男。つれない返事の女に一度はその場を離れる男だが、また戻ってきて女に話しかける。「まだいたのかよ。ふられた男を追っておでましか? 不倫か?」と図星をつかれた女はいらだって怒るが、謝る男と話すうちに、金がないという男にカフェでコーヒーをおごることに・・・。

監督・原作・脚本/小林政広
出演/眞木大輔、吉瀬美智子
配給/ギャガ・コミュニケーションズ
公式サイト/http://byakuya.gyao.jp/
上映時間/1時間24分
9月19日(土)より新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

■プレミア試写会開催日時:
  9月7日(月)18:00開場、18:30舞台挨拶開始予定 九段会館(九段下)
  ※槇木大輔(EXILE)、吉瀬美智子、小林政広監督が舞台挨拶に登壇予定

■応募締め切り:8月31日(月)

応募受付は終了しました

© 2009「白夜」製作委員会
取材・文/安田佑子 撮影/徳田洋平

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社