OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『なくもんか』特別試写会

Special Movie

瑛太が弟で竹内結子が妻
夢のようで、実はワケアリ家族

『舞妓Haaaan!!!』の黄金タッグが再び集結した映画『なくもんか』。名バイプレーヤーの阿部サダヲ堂々の主演2作目。そしてヒット作を次々に世に送る脚本家・宮藤官九郎が、初めてのホームドラマに挑戦! 父親に捨てられ、「泣くもんか!」と周囲の人に笑顔と親切で恩返しすることを決めた兄の祐太。母親を亡くし、親戚中をたらい回しにされ、「お笑い」を処世術に選んだ弟の祐介。名前も顔も知らなかった2人が、兄弟であることを知るけれど、祐介には、「兄弟お笑いコンビ」としてブレイクした相方で、ニセの兄貴の大介がいた。「血の繋がっていない家族」と「血の繋がっている他人」が織りなす、可笑しいのに切ないクドカン的“家族の肖像”。

映画『なくもんか』

Special Interview

  • 映画『なくもんか』 阿部サダヲ
  • なんだかハムカツが食べたくなる映画
    主演・阿部サダヲインタビュー

    主演の阿部サダヲさんによると、「なくもんか」というタイトルを聞いて、「人が泣くのを我慢してる姿って、ほんと泣けるんだよな。いいタイトルだな」と思ったのだと言う。映画の中でもさぞかし自分が泣くのを耐えるシーンがたくさんあると思っていた。しかし、実際は・・・。

    「僕、思いっきり、何度も泣いてるんでびっくりしました。タイトル自体は水田さん(監督)が考えたものなんですけど、宮藤(官九郎)さんも、そういう所ひねりがきいてますね」

    再び水田監督と脚本の宮藤官九郎との仕事ということで、やはり『舞妓Haaaan!!!』ファンの期待は高まる。

    「きっとオープニングから同じものではないと感じると思うんですよね。同じものにはしたくないというところから始まってるそうなので。でも、途中からどんどん引き込まれていく映画ですよ。僕自身がそうでした。竹内さんもあまり観たことのない役柄だし、瑛太さんが弟ってこともありますし」

  • 映画『なくもんか』 阿部サダヲ
  • 阿部さん演じる祐太は、幼なじみの徹子がとんでもなく太っていたときも、整形をして竹内結子になって帰ってきたときも変わらぬ愛情を示し、交際もしていないのに、突然プロポーズする。恋愛ベタな祐太の不器用な愛の告白に徹子から蹴りまで入れられてしまう。

    「あんな風にいきなり、強引に結婚を迫るっていうのもいい気がしますけどね。焦って親指に指輪はめようとしてましたけど(笑)。目的ははっきりするし、そこからつきあってもいいし。最初に男性から言われていれば、確実に女の人は優位に立てますよね(笑)。結婚がゴールじゃないですけど」

    祐太は、近所の人からのお願いにすべて笑顔で応じる商店街一の“善人”。だが、そんな祐太にも、自分のもやもやした感情を一気に爆発させる、家族にも内緒の「秘密の息抜き法」があった。毎週夜中に突然出かけて行く祐太が徹子は心配でならない。

  • 映画『なくもんか』 阿部サダヲ
  • 「祐太の気持ちは理解できますね。ああいう方法になったのは、彼の場合、生き別れた母親と対話したかったんじゃなかいかな。僕自身は、感情をためるっていうことはあんまりなく、何となく息抜きできていますね。バンドやったりもしてますし。

    でも、22歳くらいから「大人計画」に入ったんですけど、俳優を始める前、19から21歳くらいまでは気持ちをためこんでた時期かもしれないですね。仕事をしてるんだけど、人としゃべりたくない。みたいな。どういう自分になっていいのかわからなくて。お芝居を始めてから、発散できるものを見つけたのかもしれません。

    人とのしがらみも「大人計画」は全くなかったですし(笑)。それがすっごい楽だったんです。「ちゃんと稽古しろよ!」って言う人もいなければ、演劇のことを朝まで語り合うような会合もなくて、驚くほど現地集合、現地解散で。だから本当に運が良かったです。「大人計画」じゃなかったら、僕は今ここにいないかもしれない」

    阿部サダヲ PROFILE
    1970年、千葉県生まれ。俳優。出演作にドラマ「木更津キャッツアイ」、「医龍」、「不毛地帯」(放送中)、映画『下妻物語』、「パコと魔法の絵本」、「ヤッターマン」など

Special Present

映画『なくもんか』
特別試写会ご招待を150組300名様にプレゼント!

祐太は8歳のときに両親が離婚、父親と一緒に「デリカの山ちゃん」の店主夫婦にお世話になる。しかし、父は店の売り上げを持って失踪。祐太は店主夫婦に育てられ、祐太はその恩返しとばかりによく働く「善人」になっていた。ある日、家を出ていた店主の娘で、太っていた徹子が超美人になって帰ってきて、祐太は結婚を決心。また、テレビの取材でやってきたリポーターのお笑い芸人の雄介が、生き別れた祐太の弟であることがわかる。

  • 監督/水田伸生
  • 脚本/宮藤官九郎
  • 出演/阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、皆川猿時、片桐はいり、鈴木砂羽、カンニング竹山、高橋ジョージ、陣内孝則(特別出演)、藤村俊二(
  • 友情出演)、小倉一郎、光石研、伊原剛志(友情出演)、いしだあゆみほか
  • 配給/東宝
  • 上映時間/2時間14分
  • 公式サイト/http://nakumonka.jp/
  • 11月14日、東宝系にて全国ロードショー
  • ■試写会開催日時:11月6日(金)18:00開場、18:30開映 朝日ホール(有楽町)
  • ■応募締め切り:10月26日(月)

応募受付は終了しました

© 2009 「なくもんか」製作委員会
取材・文/安田佑子 撮影/米山典子

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社