OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『すべては海になる』試写会

Special Movie

27歳の私を変えてくれたのは
「本」、そして「17歳の男の子」

ツラいとき、誰かの愛を信じられないとき、本に救われた経験はないだろうか? 言葉にならない気持ちを作者が文字にし、もやもやしていた心にピントが合う。夏樹は好きでもない男性たちと体を重ねた過去を持つ27歳の書店員。光治は崩壊した家庭で育った愛を知らない17歳の高校生。「本」だけを心の支えに生きてきた2人が出会い、お互いを自然に「助けたい」と思っていく。「時効警察」などの脚本を手がけた山田あかねが自身の原作小説を映画化。もがくことをやめたら楽になれるかもしれない。でも、それが「あなたの物語」でいいの? 心の方向音痴になっている人なら、なにかを感じとることができるはず。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

Special Interview

  • 映画『すべては海になる』 佐藤江梨子×柳楽優弥
  • 映画『すべては海になる』ダブル主演
    佐藤江梨子さん&柳楽優弥さんインタビュー

    誰と恋していてもなぜか寂しい。埋めようとするほどに深まる家族の溝。解決方法が見えない孤独を感じている夏樹と光治を演じるのは、佐藤江梨子さんと柳楽優弥さん。お2人は、そんな「思うように物ごとが進まないとき」は、どんな風に考えるようにしている?

    柳楽:僕は、例えばタクシーに乗ったとき、運転手さんの態度がすごく悪くても、「こういう人間もいるんだろうな」って意外と怒らずにいられるタイプ。映画って変わった人が出てくることが多いんで、そういう人に会った経験で得られるものもあると思うし。あまりにひどかったら怒ることもあるけど、我慢するのもイヤじゃないです。

    佐藤:私の場合、例えですけど、空に唾吐いて、唾が返ってくることがよくあるんですよ(笑)。でも最近は、そういうことより、ちっちゃなことに幸せを感じるようにしてます。昔はもっと派手な格好や派手なこともしたけれど、今は普通に電車も乗るし、お店にも入るし、日常生活を普通に送ることが幸せだなと思います。

  • 映画『すべては海になる』 佐藤江梨子×柳楽優弥
  • 夏樹と光治は、「本」を通して姉と弟、友達や恋人ともまた違う絆でつながっていく。お2人は、人ではない「なにか」に自分を救ってもらった経験はあるのだろうか?

    佐藤:それこそ「本」ですね。失恋したときとか、バカみたいに本を読んでいた気がします。恋愛小説でもなんでも読みたいと思う本をとにかく読む。言葉や本の持つ重みを感じるうちに、救われていくんでしょうかね。それ以外でも、これまで何度も読んだのは谷川俊太郎さんの本。詩集の『はだか』とか。

    柳楽:僕はいつも友達とか家族に救われてると思いますが、人以外なら「映画」ですね。好きな映画は『アモーレス・ペロス』。メキシコに超行ってみたかったし、撮り方がすごいと思う。あとは、小学生以来、久しぶりに『メン・イン・ブラック』を見たら、ウィル・スミスってやっぱりすごいな!って思いました(笑)。

    佐藤さんは、9歳年下の柳楽さんの答えに「MIBの頃って、小学生だったんだね」としみじみ。インタビューの1週間前に、柳楽さんはタレントの豊田エリーさんと入籍したばかり。佐藤さんは「まさか先を越されるとは」と笑いながらも、「私も結婚はするときはしますよ。でも今はまだダンナにも出会ってないですから(笑)」と自身の結婚について話していた。

  • 映画『すべては海になる』 佐藤江梨子×柳楽優弥
  • 最後に、この作品の大きいテーマである「愛」とは?

    佐藤:愛のわかる人のほうが少ないですよねきっと。でも、いつもは3秒で寝られるのに、ごくたまに、悲しかったり、寂しかったり、極度に緊張して眠れないときがあって、子供の頃はお母さんが手をずっと握っててくれたんですね。それを母に電話で話したら、「会って抱きしめて、頭撫でであげたい」って。そういう気持ちなんじゃないでしょうかね。

    柳楽:僕も愛はわかりません。結婚はしましたけど、そこまでそういう話を2人でしたこともないし。でも、一緒にいて、普通に幸せでいられるなら、それは愛し合っていることなんだと思うし、そういうことなのかな・・・。

    佐藤江梨子 PROFILE
    1981年、東京都出身。2003年、『プレイガール』で映画初主演し、以降、ドラマ、CM、映画、舞台と多方面で活躍中。作家としても活動し、昨年には石田衣良、唯川恵とのリレー小説『TROIS トロワ』を出版

    柳楽優弥 PROFILE
    1990年、東京都出身。映画『誰も知らない』に14歳の時に初主演し、カンヌ国際映画祭で日本人初&史上最年少で最優秀男優賞を受賞。主演作に『星になった少年』など。2008年に初の小説『止まらない雨』を出版

Special Present

映画『すべては海になる』
舞台挨拶付きプレミア試写会ご招待ほか、
150組300名様にプレゼント!

書店員の夏樹がセレクトした本を集めた「愛のわからない人へ」の棚は人気を呼んでいる。しかし、夏樹自身も、お金と引き替えに多くの男性と体を重ねた過去を持つ、愛がなにかわからない人間の1人だった。ある日、中年の女性客が万引き事件を起こす。しかし、呼び止めると、女性のかばんの中は空だった。女性の夫は慰謝料をよこせと激怒するが、後日、店に息子の光治が来て「母の万引きは癖だからもう謝らなくていい」と言うのだった・・・。

  • 監督・脚本/山田あかね
  • 出演/佐藤江梨子、柳楽優弥、要潤、安藤サクラ、猫背椿、藤井美菜、森岡龍、吉高由里子、村上淳、渡辺真起子、白井晃、松重豊ほか
  • 配給/東京テアトル株式会社
  • 上映時間/1時間59分
  • 公式サイト/http://sea.jp.msn.com/
  • 1月23日(土)より新宿バルト9、梅田ブルク7ほか全国ロードショー
  • 【特別試写会】
  • ■開催日時:
  • 2010年1月13日(水)18:00開場、18:30開映 科学技術館サイエンスホール(竹橋)
  • ■応募締め切り:2010年1月4日(月)
  • 【舞台挨拶付きプレミア試写会】
  • ■開催日時:
  • 11月16日(月)18:00開場、18:30舞台挨拶開始、19:00開映 汐留FSホール(新橋)
  • ※佐藤江梨子、柳楽優弥、山田あかね監督が舞台挨拶に登壇予定
  • ■応募締め切り:11月9日(月) ※応募締め切りは終了しました

応募受付は終了しました

© メディアミックス・ジャパン
取材・文/安田佑子 撮影/米山典子

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社