ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-<映画>哀川 翔×仲 里依紗

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』特別試写会

Special Movie

あのゼブラーマンが帰ってきた!
ゼブラーマンVSゼブラクィーン

主演・哀川翔×脚本・宮藤官九郎×監督・三池崇史の黄金トリオが再結集。「白黒つけたぜ!」の決め台詞で2004年の日本映画界に誕生したヒーロー“ゼブラーマン”。今度の敵は、強くて怖くてセクシー過ぎる“ゼブラクィーン”。小学校教師・市川新市がゼブラーマンとして地球を救った15年後、東京は“ゼブラシティ”と改名、不法都市と化していた。朝夕の5分間は警察が民間人を殺していい“ゼブラタイム”が導入され、新市もあわやその犠牲者に。世界を真っ黒に染めようとする“ゼブラクィーン”の正体は? そして、白黒つきすぎのピンチにゼブラーマンはどう立ち向かうのか!? 笑いとセクシーエキスを欠かさず地球を救う、大人のヒーロームービーが再び。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

Seacret of The movie

  • 映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』
  • 映画『ゼブラーマン』の秘密1
    「これぞゼブラーマン」な台本に哀川翔も満足!

    哀川翔(47)の主演100本目記念作品として完成された、前作の『ゼブラーマン』。“変身ヒーロー”といえば、変身前も爽やか青年をイメージするが、ゼブラーマンになるまでの新市はダメ男そのもの。不倫中の妻、援助交際している娘、いじめにあっている息子、学校でも生徒から人気がない教師だった。そんな彼が好きだったテレビのヒーロー“ゼブラーマン”に自らが変身する。この大ヒットした前作で哀川さんは日本アカデミー賞主演男優賞を受賞! 今度は哀川さんのデビュー25周年を機にゼブラーマン続編が生まれた。あっと驚く斬新な台本に「終盤は『こう来るか!』って感じで最高だよ」と話す哀川さん。こんな変身ヒーローもアリ!?

  • 映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』
  • 映画『ゼブラーマン』の秘密2
    セクシー衣装、実は「面積少なくて、楽」!?

    前作では、短いシーンながら鈴木京香が演じた「ゼブラナース」のセクシー衣装が話題となったが、今作は冒頭から「え? この悩殺ダンスで歌ってる女の子は誰?」と思う人も多いだろう。彼女こそ悪の結晶“ゼブラクィーン”。演じるのは、映画『時をかける少女』で制服姿のヒロインを演じた仲 里依紗(20)。清楚、元気なイメージの役が多かっただけに、悪役というのにも驚いたが、彼女のコスチュームも、さらに彼女を映すカメラのアングルも、セクシー過ぎて女性が見ても目が釘付けに! それでも仲さん自身は「衣装の面積が少なくて恥ずかしかったんですが、慣れてきたら解放感があって楽でした(笑)」とのことでアッパレ。

  • 映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』
  • 映画『ゼブラーマン』の秘密3
    成長した「浅野さん」は、すっかりイケメンに

    今回はキャストも一新。ゼブラクィーンの父親でゼブラシティの知事・相原役にはたけし軍団のガダルカナル・タカ(53)。知事の運転手兼ボディガードで、ゼブラクィーンとも一緒に行動する新実役で初めての悪役を演じるのは「花男」シリーズの阿部力(28)。理由があってテレビで放映されたゼブラーマンのDVDを全巻持っている市場役にココリコの田中直樹(38)。そして、「仮面ライダー ディケイド」で変身ヒーローを演じた井上正大(20)が、物語では唯一、前作に登場した「浅野さん」を演じる。「浅野さん」は、テレビ版ゼブラーマンをこよなく愛する“同志”として新市が尊敬していた小学生。成長した浅野さんは果たして・・・。

Special Present

映画『ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-』
舞台挨拶付きプレミア試写会ご招待を
150組300名様にプレゼント!

ある朝、路上で目を覚ました新市は、突然大勢の警官たちにぼろ切れのように撃たれてしまう。ここは西暦2025年の日本。東京は「ゼブラシティ」と名前を変えた。ヒットチャートでは知事の娘“ゼブラクィーン”の曲が40週連続ナンバー1を達成。シティの外にある八千代区の「白馬の家」に急患で運ばれた新市。白馬の家は瀕死の患者で溢れている。彼は驚異的な生命力で息を吹き返すが、自分の一切記憶がなくなっていた・・・。

  • 監督/三池崇史
  • 脚本/宮藤官九郎
  • 出演/哀川 翔、仲 里依紗、阿部 力、井上 正大、田中直樹(ココリコ)、ガダルカナル・タカほか
  • 配給/東映
  • 公式サイト/http://www.zeb2.jp/
  • 2010年5月1日(土)公開
  • ■開催日時:4月5日(月)17:30開場、18:30開演
    東京ドームシティ JCBホール(水道橋)
  • ※哀川翔、仲里依紗、阿部力、井上正大、田中直樹(ココリコ)、三池崇史監督が舞台挨拶に登壇予定
  • ※登壇者に関しては、変更になる可能性がございますので、あらかじめご了承ください
  • ■応募締め切り:3月29日(月)

応募受付は終了しました

© 2010「ゼブラーマン -ゼブラシティの逆襲-」製作委員会
取材・文/安田佑子

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社