厨房で逢いましょう<映画 試写会>ミヒャエル・ホーフマン監督

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ



映画『厨房で逢いましょう』

恋におちてしまうほどの料理に出合ったことはありますか?

料理の腕は超一流だが、他人とのコミュニケーションは人一倍苦手。太っちょのグレゴアは、平凡な暮らしをしている主婦エデンに恋をする。口ベタな彼が唯一できることは、エデンのおなかを満たす料理をつくってあげること。エデンもまた、グレゴアのつくる官能的な料理の虜となり、逢瀬を重ねるのだった・・・。映画の冒頭から次々と出てくるのが、エロチック・キュイジーヌ。この料理を手がけたのは、ミシュランで1つ星を獲得している料理人=フランク・エーラー。世界で最もクリエイティブな料理人と評される彼が手がけた創作料理の数々は、美しい絵画を見ているかのようにウットリ。ほろ苦く、大人の恋の物語をご堪能あれ。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

ミヒャエル・ホーフマン(監督)とフランク・エーラー(料理人)

Profile
写真左:ミヒャエル・ホーフマン(監督)

1998年初の劇場映画「トゥルーヴィルの海岸」を制作。3作目となった「厨房で会いましょう」は、2006年ロッテルダム映画祭観客賞、2006年ペサロ映画祭観客賞を受賞している。

写真右:フランク・エーラー(料理人)

ドイツの名店「レストラン・ベンツ」で修行後、各有名店を渡り歩き、1995年には「D'Rescht」をオープン。複数のレストランガイドが彼の料理を「官能的にしてエロチックな料理」と称えた。2005年には5ツ星ホテル「エルププリンツ」の料理長となる。

映画に登場する極上の料理“エロチック・キュイジーヌ”

映画を見終わったとき、特別な力が沸き起こってくればいい

ミヒャエル・ホーフマン監督がドイツ中のレストランを、食べ歩きながら、最後に出会ったのが、フランク・エーラーの料理。そこでの出会いと感動があって、この映画はスタートしたという。

ミヒャエル:“美味しい料理が人生を変えるなんて本当にあるのか?”よく、料理がその人の人生までも変えるなんていうことを耳にするけれど、そんなことは本当にあるのか?という第1の着想がありました。そこで、私はドイツ中のレストランを食べ歩き、フランクのレストランに辿りつきました。彼は私たちに、おまかせで8品のコース料理をつくってくれたのです。

そこでの感動を原動力として、映画は実際にフランクがつくるエロチック・キュイジーヌを名脇役(時には主役)として、つくられていく。プラリネをひと口食べた瞬間から、その後の人生が変わっていくエデン。いったいどんな味を監督はフランクにオーダーしたのだろうか。

ミヒャエル:映画に登場する料理は、見ただけで食べた人間に何が起こっているのかが伝わってくるような料理であることを、オーダーしました。彼の実際つくる料理もカラフルで、見た目からパワーが備わっているのが伝わるのです。

フランク:映画ということはもちろん意識していましたが、すべて良質な食材を使い、レストランで出す料理と同じ、つまり“フェイクではない”料理をつくりました。その本物感が映画には出ていると思います。

エデンがグレゴアに自分の名前を伝える重要なシーン。このカットは、このあとのグレゴアが起こすとんでもない行動へとつながっていく・・・。

ミヒャエル:そうですね。エデンが「私の名前はエデン」と言ったのに対し、グレゴアが「楽園がどうしたって?」と答えるあのシーンはとても重要なシーンです。エデンは何の特徴もない生活をおくっていて、本当の楽園に目覚めていない。ただ、それがグレゴアの料理と出会うことで楽園の扉が開かれていく・・・。といったことを伝えたかったのです。そしてネタバレになるので、詳しくは説明しませんが、グレゴアのある行動は、それまでの彼が自閉症気味で、ある意味フワフワとした生活をおくっていたのを自らの手で終止符を打つ。言わば、地にしっかりと足をつけるということを描きました。

ところで、フランクさんは、自分の料理以外に生涯忘れられない料理に出合ったことはありますか?

フランク:私の場合、自分で料理をつくりますが、美味しい料理を訪ねてレストランに出向くといったことはほとんどしません。生涯忘れられないような感動や出会いはもっと、絵画や芸術から得たいと思っています。

それでは、最後にオズモールの読者にメッセージをいただけますか。

ミヒャエル:この映画を見終わったあとに、何か新しいエネルギーを受け取ってくれたら、こんなにうれしいことはありません。丁度、旅を終えたときに、やはり自分の中に何か新しい力が沸いてくるのと同じような感動が伝わればと思います。

フランクさん、最後にオズモールの読者がどうすれば自分の彼氏や旦那さんに思いが伝わる料理がつくれるか教えてもらえますか。

フランク:それはもう、「愛」のスパイスだけですね(笑)。どんな料理をつくろうと、その料理に自分の愛情のすべてを注ぎ込むことができれば、きっとその思いは相手に伝わると思います。私のつくるエロチック・キュイジーヌは、そこに深い愛があるからこそ、多くの人に感動を与えているのだと思いますから。

映画「厨房で逢いましょう」試写会ご招待を300名様にプレゼント!

変わり物で太っちょ、料理の腕は超一流のグレゴアは、南ドイツの保養地で3テーブルのみの小さなレストランを営んでいる。彼がつくる料理はエロチック・キュイジーヌと呼ばれ、地元の食通に一目置かれているほど。彼は休憩時間に訪れたカフェで、ウエイトレスをしているエデンに出会う。エデンは夫とダウン症の娘と3人でこの町で平凡な暮らしをしていたのだが、ある事件がきっかけでエデンはグレゴアのつくったプラリネを口にし、たちまちその料理の虜になってしまう。深夜にも関わらず、グレゴアの厨房にやってきて料理をつくってほしいと懇願。度重なる逢瀬は、夫のクサヴァーの耳に入ってしまい・・・。

監督・脚本/ミヒャエル・ホーフマン
出演/ヨーゼフ・オステンドルフ、シャルロット・ロシュ、デーヴィット・シュトリーゾフ
配給/ビターズ・エンド
8月25日(土)、Bunkamuraル・シネマ他全国順次ロードショー 【2006/ドイツ=スイス/1h38m】

■試写会開催日時:8月18日(土)18:00開場、18:30開映 サイエンスホール(九段下)
■応募締め切り:8月8日(水)

応募する

© テキスト/山田正樹 撮影/佐野学

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社