OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『ヒックとドラゴン』特別試写会

Special Movie

君が弱虫の僕に勇気をくれた
大人女子が涙する良質のアニメ!

ドリームワークスの最新3Dアニメーション映画『ヒックとドラゴン』は、誰と一緒に観ても満足できる作品。弱虫のバイキング少年ヒックと、村の天敵・ドラゴンのトゥース。敵同士のはずの2人の秘密の出会いが、奇跡を起こす! 3Dを活かした数々の映像は、うっとりする美しさ。トゥースの背中に乗ったヒックが大空を飛び回る姿が、本当に気持ちよさそうに描かれている。全米では3月に公開され、あの『アリス・イン・ワンダーランド』を抑えて全米で初登場No.1を記録。『カールじいさんの空飛ぶ家』が米アカデミー賞作品賞にノミネートされたように、良質なアニメーションは大人の女子にも、素晴らしいメッセージをくれる。この夏はヒックとトゥースに会いに行こう。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

Secret of The movie

  • 映画『ヒックとドラゴン』
  • 映画『ヒックとドラゴン』の秘密1
    これは“しゃっくり君”の成長物語

    今作の原題は「How to Train Your Dragon=(君のドラゴンの訓練法)」。英語圏にある書店のペットコーナーに溢れている「ペット犬の訓練法」的な本のタイトルを文字っている。少年ヒックとドラゴン・トゥースの友情物語に留まらず、エンターテイメントとしての面白みがあるのも、大人が十分楽しめる理由の1つ。周囲から「できの悪い族長の息子」と言われるヒックが持ち前の機転と手先の器用さで、敵に回せば獰猛なドラゴンたちを大人しくさせていく様は、観ていてワクワク! ちなみに“ヒック”というと、しゃっくり音のよう。彼の名前は原作&英語版では“HICCUP”で、本当に「しゃっくり」という意味。

  • 映画『ヒックとドラゴン』
  • 映画『ヒックとドラゴン』の秘密2
    ヒックは英国児童文学シリーズの主人公

    同じドリームワークス作品「リロ&スティッチ」のクリス・サンダース&ディーン・デュボアが監督で、原作は英国人女流作家のクレシッダ・コーウェルの児童文学。2000年に、絵本「Hiccup the Seasick Viking(船酔いバイキングのヒック)」が出版、その後2003年からヒックを主人公にした児童文学シリーズが計8冊出されている。イラストレーターでもあるクラシッダはキャラクターを文章にする前に、絵を描いてそのキャラクターらしい表情をイメージして文章にしていったのだとか。映画で登場しない部分として、原作では、ヒックは「ドラゴニーズ」と呼ばれる“ドラゴン語”を話せる唯一の少年という設定になっている。

  • 映画『ヒックとドラゴン』
  • 映画『ヒックとドラゴン』の秘密3
    G・バトラーが「髭もじゃのいかつい族長」

    コンピューターアニメ作品は、新作であればあるほど、その技術の進歩は驚くばかり。ヒックの父親・ストイックをはじめとしたバイキングたちはふさふさの髭を生やし、毛皮を身につけているが、コンピューターアニメの世界で「毛」を表現するのはとても難しく、「毛をいかに自然に見せるか」には最新技術を用いて細心の注意を払ったのだとか。ちなみにオリジナル英語版でストイックの声の演じているのは『300/スリーハンドレッド』のジェラルド・バトラー。スタジオでは声の演技をする彼の映像を同時に収録。その映像をアニメ化し、ストイックの動きやしゃべり方、表情に取り入れた。どうりでストイック役にジェラルドがぴったりなはず!

Special Present

映画『ヒックとドラゴン』2D/字幕版
OZ独占試写会ご招待を400組800名様にプレゼント!

バイキングたちの島、バーク島。彼らは村を守るため、ドラゴンたちと長年闘っていた。「ドラゴンを倒す者こそ真のバイキング」。男たちは自分からすすんで戦いに出ていった。でも、族長の息子・ヒックは、やせっぽちで弱虫。ドラゴンと戦いたくてもみんなに止められる。ある日、ヒックはしっぽの一部を失って飛べないドラゴンに出会う。モノ作りが得意なヒックは可哀想に思い、天敵であるドラゴンに手作りのしっぽを作ってあげることに・・・。

  • 監督・脚本/クリス・サンダース、ディーン・デュボア
  • 声の出演/ジェイ・バルチェル、ジェラルド・バトラー、クレイグ・ファーガソン、アメリカ・フェレーラ、ジョナ・ヒル、クリストファー・ミンツ=プラッセ、T.J.ミラー、クリステン・ウィグほか
  • 配給/パラマウント・ピクチャーズ ジャパン
  • 上映時間/1時間38分
  • 公式サイト/http://hic-dragon.jp/
  • 8月7日(土)新宿ピカデリー他 全国超拡大ロードショー
  • ■開催日時:7月4日(日)12:00開場、12:30開映 ヤクルトホール(新橋)
  • ■応募締め切り:6月28日(月)

応募受付は終了しました。

How to Train Your Dragon (TM) & © 2010 DreamWorks Animation L.L.C. All Rights Reserved.
取材・文/安田佑子

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社