OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『ちょんまげぷりん』特別試写会

Special Movie

今の時代、白馬の王子様より
料理ができる“サムライ男子”!

「侍みたいな人が好き」。では、義理堅くて男らしい、そのうえあなたが仕事に行っている間、家事をこなし、驚くほどおいしいデザートまで作ってくれるサムライ男子はいかが? ただし「侍みたいな」、ではなく「本物の侍」だけど・・・。そのサムライ男子・木島安兵衛は巣鴨のスーパーの入口に立っていた。江戸時代からなぜか180年後の現代にタイムスリップ。たまたま出会ったシングルマザーのひろ子と5歳の息子・友也が彼の面倒を見ることに。友也に対し「母上に対して、なんという口のききようか!」と本気で怒り、その後は本気でかわいがってくれる安兵衛に、ひろ子も胸がキュン・・・。監督には高い演出力でファンを増やす中村義洋。NEWS、「ラスト・フレンズ」などドラマの世界ではすでに実力派の錦戸亮のちょんまげ姿、パティシエ侍ぶりをご堪能あれ!

映画『ちょんまげぷりん』

Special Interview

  • 映画『ちょんまげぷりん』
  • 「仕事を楽しむママ」を息子に見せたい
    主演・ともさかりえさんインタビュー

    ともさかりえさんが今作への出演を決めたのは、「監督とお会いしてみたかったから」だそう。

    中村義洋監督は、『アヒルと鴨のコインロッカー』『ゴールデンスランバー』などの人気映画作品を手がけ、業界内外に多くのファンを持つ。

    「監督とは初対面でしたが、おもしろいと感じることが似ていて、これは大丈夫と思えました。監督の演出は、たまに言葉じゃなくて、“そこもっと、『ばーっ』て感じ”とかなんですが、その感覚にもズレがなかったんで。中村組で、みんながちゃんと同じことを楽しいねって思える中でお芝居ができて、ラッキーだったなぁと思います。タイトルから想像するイメージを、最後にはいい意味で裏切ってくれる純粋で誠実な作品です」

    料理に目覚める江戸時代の侍・安兵衛と、ともさかさん演じる働くシングルマザー・ひろ子。「安兵衛さんみたいな男気とか、無骨だけど優しい男性は普遍的に素敵」というともさかさん。安兵衛を演じた錦戸亮さんとの共演は?

  • 映画『ちょんまげぷりん』
  • 「錦戸さんは・・・実は撮影中ほとんど会話をしなかったんですよね(笑)。お互いに人見知りというのもありますが、お芝居以外でここまで話さなかったのは珍しいんじゃないかな。打ち上げで初めてちゃんと話した感じでしたね。」

    「でも錦戸さんは、話さなくても、役として向きあったときに安心感がありました。すごくフラットな方で、ご本人から安兵衛さんへの“境目”がないというか。私は、よし、本番!って、気持ちを切り替えてる部分があって、ムダに意気込んでつまづいてしまうことがあるんですね。でも、錦戸さんはその切り替えが緩やかで、私もこんな風にやれたらいいな〜ってよく思ってました」

    安兵衛との共同生活も順調かと思われたが、家事を切り盛りし、息子と遊んでくれていた安兵衛が働き始めて忙しくなると、ひろ子は溜まった思いが爆発してしまう。

    「ひろ子も、過去の過ちを繰り返しているって、自覚してます。でも・・・ありますよね。“そんなこと言うつもりなかったのに・・・”って瞬間。女性には、男性に仕事をがんばってほしい、打ち込むものを応援したいって気持ちが絶対ある。それは変わらないんだけど、“でも、あたしだって・・・”って気持ち。あのシーンは悲しかったですね」

  • 映画『ちょんまげぷりん』
  • 「あまりにひろ子の設定と自分がどんぴしゃでした」と話すともさかさん。最後に、5歳の息子を持つ働くママとして、ともさか流・育児は?

    「子育てって正解がないし、こんなこと言っちゃった、あんなことやっちゃったって、日々反省ばっかりしています。仕事もしたいし。24時間体制で息子に向きあえないってひどい母親!って、自分で煮詰まる時もあるけど、その選択をしたのは自分。でも、私の母も仕事をしてたので、一緒にいる時間が少なくても、母をリスペクトしてたし、母が楽しんでる姿を見て、そういえば嬉しかったなあ、って。その気持ちを思い出すと、私と息子も“じゃあ大丈夫かな”って思えるんですよ」

    ともさかりえ PROFILE
    1979年、東京都出身。1992年にCMデビュー後、女優としてドラマ、舞台、映画で活躍中。昨年は9年ぶりにアルバムもリリース。今後の出演作に9月27日から放送のNHK朝の連続ドラマ小説「てっぱん」、晩秋公開の『アブラクサスの祭』がある

Special Present

映画『ちょんまげぷりん』
特別試写会ご招待を150組300名様にプレゼント!

シングルマザーのひろ子は、今朝も息子の友也とドタバタと家を出る。「昔の人がいる!」。友也が指さす先には、スーパーの入口に立つ着物姿の侍が。イベント用の扮装だろうと気にも止めずにいたら、夕方、再びひろ子は侍に遭遇。彼は木島安兵衛という、江戸時代から来た本物の侍らしい!? 翌日、安兵衛が友也を危ない場面から救ってくれたこともあり、元の時代に戻る方法が見つかるまで、ひろ子は彼を家に住まわせることに・・・。

  • 監督・脚本/中村義洋
  • 原作/荒木源「ちょんまげぷりん」(小学館文庫刊)
  • 出演/錦戸亮、ともさかりえ、今野浩喜(キングオブコメディ)、佐藤仁美、鈴木福(子役)、井上順、忽那汐里、堀部圭亮、中村有志ほか
  • 配給/ジェイ・ストーム
  • 上映時間/1時間48分
  • 公式サイト/http://c-purin.jp/
  • 7月31日(土) 恵比寿ガーデンシネマほか全国公開
  • ■開催日時:7月14日(水)18:00開場、18:30開映 九段会館(九段下)
  • ■応募締め切り:7月5日(月)

応募受付は終了しました。

© 2010 J Storm Inc.
取材・文/安田佑子 撮影/千葉裕子 スタイリング/清水恵子(Image) 衣装協力/KEITA MARUYAMA TOKYO PARIS

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社