インセプション<映画>レオナルド・ディカプリオ×渡辺謙

OZmall 東京女子の恋とキレイを応援

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『インセプション』特別試写会

Special Movie

ディカプリオ×渡辺謙
頭の中に侵入する完全犯罪!

眠っているときに見ている夢、それは本当にあなたのもの? 実は「誰か」に作られた夢かもしれない・・・。夢を見ている間に潜在意識に侵入し、秘密、アイディア、思い出までを盗むプロ集団。そして今回の彼らのミッションは、盗みではなく、思考を「植え付ける」ことだった! 『メメント』『ダークナイト』のC・ノーラン監督の最新作『インセプション』。想像もつかない展開と映像に、エンディングまで息もつけないおもしろさ! 主演にL・ディカプリオ、そしてセカンドクレジットには渡辺謙。さらにの『NINE』のM・コティヤール、E・ペイジなどとにかく豪華。セキュリティが本当に必要なのは、あなたの「頭の中」かも・・・!

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

Special Interview

  • 映画『インセプション』
  • ハリウッドの窓が、また1枚開けた作品
    日本人CEO“サイトー”役・渡辺謙さん

    共演のレオナルド・ディカプリオに、「彼はナショナル・トレジャー(日本の財産)」と言わしめた渡辺謙さん。渡辺さんが演じる“サイトー”とは、一体どんな人物なのだろう?

    「日本の大企業のCEOの役。ライバル企業の力をそぐために、そこのトップの潜在意識に“あるもの”を植え付けてほしいと、レオ演じる“コブ”に依頼するところから話は始まるんですね。おもしろいのはね、潜在意識の中では“自分が思う自分”と、“人が思う自分”って違うじゃないですか。だから、人のマインドの中のシーンでは、違うテイストで演じてもアリなんですよ。そういう意味では、キャラクターの手が自由に伸びていく瞬間がいっぱいあって、おもしろかったですね」

    レオをはじめ、今がまさに旬の若手ハリウッドスターたちと過ごした現場では、「やっぱり、刺激は受けましたね」、と渡辺さん。

    「いちばんイキのいいジェネレーションばかりじゃないですか。撮影のキャリアもスキルも、体力も充分にある。現場自体の空気圧が“ボンッ”って高い感じはしました。」

  • 映画『インセプション』
  • 「“お、やるな”って思ったのは、みんなで言い争うシーンの撮影で、セットコールの10分前にレオがトレーラーの前にみんなを集めて、台詞合わせをしたんです。単純な合わせというより、結局、みんなのテンションを高めるためなんですよね。レオの、作品を引っ張って行こうっていう空気が伝わってきました」

    キャリア&年代を重ねたことで、「渡辺謙ならこういう感じ」という観客のフレームができてしまいがちなところを、「ハリウッド作品で演じた役柄が、自分を原点に戻してくれている」、と言う渡辺さん。

    そのハリウッドでも、着実にその存在感を増している。今作では、『バッドマン ビギンズ』以来、2度目の仕事となるクリストファー・ノーラン監督が、渡辺さんをイメージして書いたという嬉しいエピソードも。

    「日本人である必然性はまったくない役で、それを僕のために設定を日本人にしてくれたんですよね。僕、ハリウッドでコンテンポラリーな(=現代設定の)役って初めてなんですよ。

    これは、ある意味大きなハードルでもあったんで、違う窓が開いたかな・・・という気はします。英語の台詞も、非常に現代的な要素が多くて、トレーニングの必要がありましたが、その課題も楽しめたと思ってます」

  • 映画『インセプション』
  • 世界6カ国で撮影され、その中には日本も含まれている。ますます期待高まる今作だが、渡辺さんに言わせると、「観終わった後に、誰かとしゃべらないとストレスがたまる映画」なのだそう。

    「かなり頭がシャッフルされる、脳内アトラクションのような感じですね。クリス(監督)は、13歳の時にこの映画のベースストーリーを考えたらしいですからね。妄想少年ですよねー(笑)。ほんとに彼は映画製作者になってよかったですよ。ちなみに僕は、この撮影を終えた後、『絶対に人の思考にも入りたくないし、入られたくもない!』と思いましたね」

    渡辺 謙PROFILE
    1959年、新潟県出身。ハリウッド映画『ラスト・サムライ』で米アカデミー賞助演男優賞ノミネート、ほかにも「バットマン・ビギンズ」「硫黄島からの手紙」など。また「明日の記憶」「沈まぬ太陽」では日本アカデミー賞最優秀主演男優賞獲得

Special Present

映画『インセプション』
特別試写会ご招待を150組300名様にプレゼント!

ドム・コブは、人間が夢を見ているときに潜在意識に入り込み、アイデアを盗み出す犯罪のスペシャリスト。業界でもコブの“技術”はトップレベルで、企業スパイの世界で彼は引っ張りだこだった。しかし、そんな彼が国際指名手配犯に。人生を取り戻すために、コブは最後のミッションを拒むことはできなかった。それは、「インセプション」と呼ばれる、アイデアを「盗む」のではなく、アイデアを意識に「植え込む」という完全犯罪だった。

  • 監督・脚本/クリストファー・ノーラン
  • 出演/レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、マリオン・コティヤール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケインほか
  • 配給/ワーナー・ブラザース映画
  • 公式サイト/http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/
  • 7月23日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
    7月17日(土)、18日(日)、19日(月・祝)先行上映決定!
  • ■開催日時:7月15日(木)17:30開場、19:00開映 東京国際フォーラム(有楽町)
  • ■応募締め切り:7月5日(月)

応募受付は終了しました。

© 2010 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC.
取材・文/安田佑子 スタイリスト/馬場順子 ヘアメイク/筒井智美(PSYCHE)

INFORMATION

MOBILE

OZmallmobile
『OZ』の厳選情報を詰め込んだ携帯サイト(会員無料/通信費別途)

STAFF

OZmallスタッフクレジット


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZ限定ワンプライス プレミアム予約商品一覧
©1996-2014 Starts Publishing Corporation. ALL Rights Reserved.