OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『HERO』松たか子OZmall限定インタビュー メイン写真

映画『HERO』松たか子OZmall限定インタビュー
映画『HERO』松たか子OZmall限定インタビュー
映画『HERO』松たか子OZmall限定インタビュー

profile

松たかこ(女優)

1977年、東京都生まれ。95年大河ドラマ『蔵』でドラマ初主演を果たす。最近の映画出演作は『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』など。9月30日まで舞台『ロマンス』に出演中のほか、2008年には『ラ・マンチャ』の公演も

映画『HERO』松たか子OZmall限定インタビュー

2001年に放映された伝説的なドラマ『HERO』が、ついにスクリーンに進出! エリート然としたところのない型破りで、まっとうな正義感を持つ検事・久利生公平役はもちろん木村拓哉さん、そして松たかこさんは彼の事務官であ雨宮舞子を久しぶりに演じている。続編モノの出演がはじめてだという松さんにとっても映画化は心躍る企画だったよう。

「連続ドラマ、スペシャル、映画とだんだん規模が大きくなってきた作品なので、お話をいただいたときにはワクワクする気持ちもあり、映画の大画面でどんなストーリーになるんだろうっていう期待もありましたね。連続ドラマのときから、個性のある役者さんたちと一緒にものを作っていくという楽しみがあったので、頭で考えるよりも6年前の気持ちのまんまでいることがチームの一員になることにつながるかなと思っていました。1人でいるときは忘れていることも、みんなで集まると思い出せるのか不思議なんですよ(笑)。木村さんを中心に自分の役割をきっちりわかっている人たちの集まりなので、ある種の厳しさがあって、それが心地いいんですよね」

松さんが「お互いにないものを持っているからこそ、尊敬しあえる関係なんだと思う」と語る、久利生と雨宮の恋の進展は? そしてイ・ビョンホンも参加した韓国ロケなど、映画版ならではの観どころもたっぷり。なかでも松本幸四郎さんとの親子共演はシリーズファンもうれしいサプライズ。

「最初に聞いたときは、まいったなと思いました(笑)。映像の世界で他人同士を演じるのははじめてなのですが、ああいう現場で幸四郎さんと一緒に仕事ができて、すごくおもしろかったです。周りの人は父のたたずまいに緊張することもあったかもしれないですけど、父も父なりに緊張して入ってきてるんだな、って気はしました。敵対する役柄ということもあるし、普段から母を通して話すことが多いから(笑)、映画について特に話し合うことはなかったですね。でも、にぎやかな現場だよってことは話しておきました。びっくりするといけないので(笑)」

映画『HERO』松たか子OZmall限定インタビュー

ドラマ、映画、舞台から、自ら作詞作曲も手がけ、デビュー10周年を迎えた音楽活動まで、ジャンルの枠を超えてフル回転の活動を続けている松さん。

「自分では突っ走ってる感じはないんですよね。それよりも例えばお笑いの方が大阪と東京を新幹線で往復しながら、いくつもレギュラーを抱えているほうがたいへんそうだな、と思うんです。同時進行でふたつの台本を読むことはないですし、舞台でも映像でも演じるという意味では同じ。音楽の仕事では、どういうものを誰と一緒に作ろうかとか、自分から積極的に動いて発信していくたいへんさはありますが、それは私にとってすごく楽しいたいへんさですね」

撮影や舞台が続いているときの息抜きは、「仕事場への行き帰りの時間に、なぁんにも考えずにぶらぶらしたりすること」だそう。「舞台の稽古にもときどきは電車で行ってみたり、ちょっと歩いてみたり。そうすると車だと気づかずに通り過ぎてしまう場所に、たまたまお店を発見したりするんですよね。そのときにやっている役のことを頭のどこかでは考えているのですが、そういうちょっとした時間が、すごくいい気分転換になっているような気がします」

連続ドラマ『HERO』に出演していた6年前に比べると、休むのが上手になったとか。

「前よりも自分のことを考えて、大事にするようになったかもしれませんね。続けることでモチベーションをキープする部分もあるし、たいへんだと思っていても、やってみるとできちゃったりもする。前はなにかやっていないとちょっと不安だったり、ひとつの仕事が終わった途端に風邪をひいたりしてたんです。でもやっと、立ち止まる勇気を持てるようになりました。仕事のテンションをセーブするのではなく、ここで休んだほうが結果的にはいいんだろうなと考えて、判断できるようになりましたね」

息切れすることのない、自分らしい歩幅とペース。松さんのいつでもフレッシュでしなやかな表現の秘密は、こんなところにあるのかもしれない。

映画『HERO』松たか子OZmall限定インタビュー 10名様に劇場招待券プレゼント!

東京地検・城西支部に戻ってきた久利生(木村拓哉)は、ある傷害致死事件の裁判を任されるが、容疑者が無罪を主張したためピンチに! どよめく法廷で久利生に対するのは、刑事事件では無敗の弁護士・蒲生(松本幸四郎)だった。実はこの事件の裏には、ある大物政治家の姿があり、裁判の結果が政界を揺るがす贈収賄事件のスキャンダル発覚につながっていたのだ! 久利生と城西支部の面々は窮地に追い詰められながらも、事件の鍵を握る証拠が韓国・釜山にあることを突き詰めるが・・・。

監督/鈴木雅之
出演/木村拓哉、松たか子、大塚寧々、阿部寛
製作/フジテレビジョン・東宝・J-dream・FNS27社【2007/日本/2h10m】
2007年9月8日(土)日比谷スカラ座ほか全国ロードショー

映画『HERO』のプレスシート付き劇場招待券を5組10名様に、
スタッフ専用レアTシャツを1名様にプレゼント

■応募締め切り:9月12日(水)

応募する

© 2007 フジテレビジョン・東宝・J-dream・FNS27社
取材・文/細谷美香 撮影/秋倉康介 スタイリング/堀井香苗 ヘアメイク/中嶋竜司(HAPP'S.)

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社