OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『洋菓子店コアンドル』特別試写会

Special Movie

恋も仕事も、ちっとも甘くないけど
おいしいスイーツなら幸せ気分に

ハッピーなときも、アンハッピーなときも、スイーツを食べたくなるのはどうしてだろう。恋人「海くん」を追って鹿児島から上京してきたなつめは、彼を探し出すまで、洋菓子店「パティスリー・コアンドル」で働くことに。しかしケーキ作りは下手、店の先輩とはケンカばかり。一方、店を頻繁に訪れるスイーツ評論家・十村(とむら)は、かつてパティシエだった。意欲はあるのに、まだまだ腕が未熟ななつめ。腕は一流なのに、厨房に立とうとしない十村。そんな不器用なふたりがぶつかりあいながら、自分たちの居場所を探していく。今、自分が笑顔を作るのが辛くても、人を笑顔にすることはできるかも。あなたのスイートな存在が大切になる!?

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

Special Interview

  • 映画『洋菓子店コアンドル』
  • 映画『洋菓子店コアンドル』で共演
    江口洋介&蒼井優インタビュー

    「洋菓子店コアンドル」で、かつての伝説のパティシエでスイーツ評論家の十村(とむら)と、一流パティシエをめざすなつめを演じた江口洋介さんと蒼井優さん。今作が初共演のお2人に互いの印象を聞いた。

    江口「蒼井さんはイメージ通りでしたね。すごく自然というか、素直で素朴というか。なつめというキャラクターも、彼女がやるから怒っていても四苦八苦しててもすごくかわいい。すごい集中力とあの笑顔のギャップが魅力だと思います」

    蒼井「すごく男らしくて器の大きい方だと思いました。現場に江口さんがいらっしゃると心強くて、ちょっとやそっとじゃびくともしない感じが“さすが主演を張ってきた方だなぁ”と思いました。おもしろい話をしてくださったり、でもつかみどころのないところもあったり、見ていて飽きないです」

    ケーキを作るシーンがたくさんあって、さぞかし大変だったろうと思いきや、意外にも作るより食べるシーンの方が難しかったと口を揃える。

  • 映画『洋菓子店コアンドル』
  • 蒼井「ケーキはキラキラしたものであってほしいから、なるべくきれいに食べたいなと思って。硬いところをどう食べようか考えていたらクリームが溶けてしまったり、クリームのことを考えていたら硬いところがうまく食べられなかったり。ムースのときはホッとしていました」

    江口「僕はびっくりするぐらい食べるシーンが多かったんです。タルトみたいに下が硬いと本番でなかなか下まで切れなくて、“カツン”て音がしてしまったり、フォークで刺したほうがいいのか、乗せたほうがいいのか、とか見栄えも含めてテイクを重ねました。朝から1日ずっと食べていると、なかなかこめかみにズキーンとくる感じがありましたね(笑)。」

    全編を通して鹿児島弁に挑戦している蒼井さんは福岡出身。同じ九州でも鹿児島弁は大変だったそう。

    蒼井「方言を喋る役が多いのですが、鹿児島弁は今まででダントツで難しかったです。法則がないので、後に続く言葉によって同じ単語でもイントネーションが変わっていくんですね。それを覚えるしかないので、毎日苦労しました。台詞にあるように、本当にメロディのようでした」

    ケーキのこと以外、すべてに心を閉ざす十村について、江口さんは「今まであまり演じたことがない役」と話す。そんな十村を演じた江口さんに完成した作品を観ての感想を聞いた。

  • 映画『洋菓子店コアンドル』
  • 江口「人間ドラマでしたね。ケーキがおいしそう・・・だけでは終わらない映画です。いろんなことが人間には起こるし、挫折もある。そこからどう立ち直るかが次へのステップにつながるし、そのきっかけは“出会い”だったり、“瞬間に起こる出来事”だったりするんですよね。日常とか人生を感じてもらえるし、観終わったらやっぱりケーキを食べたいなって思うような映画になりましたね」

    では、お2人が好きなスイーツは?

    蒼井「かき氷が大好きで、ずっとブームが続いています(笑)」

    江口「ミルクレープです。層が細かければ細かいほど、なんともいえない感じで、切ったときの弾力と口に入ったときの裏切らない感じがいいんですよ。女の子が自分へのご褒美にする感覚はわかる気がします」

    江口洋介PROFILE
    1968年、東京都生まれ。ドラマ「東京ラブストーリー」「ひとつ屋根の下」などトレンディドラマをはじめ『GOEMON』、「救命病棟24時」など社会派ドラ マ&映画と幅広く活躍中。現在ドラマ「スクール!!」に出演中

    蒼井優PROFILE
    1985年、福岡県生まれ。映画、CMを中心に活躍中。1999年、ミュージカル「アニー」のオーディションに合格。『リリィ・シュシュのすべて』で映画デビュー、『フラガール』では日本アカデミー賞助演女優賞を受賞

Special Present

映画『洋菓子店コアンドル』
特別試写会ご招待を150組300名様にプレゼント!

東京で評判の洋菓子店「パティスリー・コアンドル」。そこに、鹿児島弁の女の子・なつめが、店で働いているはずの恋人「海くん」を探しに来る。海くんは2日で店を辞め、居場所はわからないと言う。彼を追って鹿児島から出てきたなつめは途方に暮れ、「見つかるまでここで働かせてほしい」と頼む。ケーキ屋の娘であるなつめは、ケーキを作ってアピール。が、ひと口食べただけで、オーナーシェフの依子は言った。「鹿児島に帰りなさい」。

  • 監督/深川栄洋
  • 出演/江口洋介、蒼井 優、江口のりこ、尾上寛之、粟田 麗、山口朋華、ネイサン・バーグ、嶋田久作、加賀まりこ、鈴木瑞穂、佐々木すみ江、戸田恵子ほか
  • 配給/アスミック・エース
  • 上映時間/1時間55分
  • 公式サイト/http://www.coin-de-rue-movie.com/
  • 2011年2月11日(金・祝)新宿バルト9ほか全国ロードショー
  • ■開催日時:2011年1月26日(水)18:00開場、18:30開映 一ツ橋ホール(九段下)
  • ■応募締め切り:2011年1月17日(月)

応募受付は終了しました

© 2010『洋菓子店コアンドル』製作委員会
取材・文/安田佑子 Photo/Tadayuki Minamoto
■江口洋介 ヘアメイク/勇見 勝彦(THYMON) スタイリスト/山本康一郎
■蒼井優 ヘアメイク/赤松絵利(esper.) スタイリスト/山本マナ

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社