Little DJ 〜小さな恋の物語〜<映画 試写会>広末涼子

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画Little DJ〜小さな恋の物語〜』OZmall限定試写会

映画『Little DJ〜小さな恋の物語〜』OZmall限定試写会 徹底レコメン

ラジオが輝いていた70年代を舞台に、海辺の病院に入院した12歳の太郎が、治療の一環として院内放送のDJを務めたことからストーリーは動き出す。リスナーから番組に寄せられたメッセージを受け取り、様々な環境にいる患者たちと交流するなかで、太郎は初めての恋をする。両親への感謝や、好きな人への告白なんて、照れくさくて恥ずかしい。本当に言いたいことを素直に口にできないもどかしさは、今も昔も誰にだって経験があるはず。だからこそ、太郎が命を懸けて見せる“想いを伝える”ことの尊さが、心に響いてくるのだろう。神木隆之介と福田麻由子、ふたりの天才子役が演じるピュアなラブストーリーは、大人になった今だからこそ観たい作品だ。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

映画『Little DJ〜小さな恋の物語〜』OZmall限定試写会

ぷるんとみずみずしく水分を含んだ肌は少女の頃のまま、やわらかな笑顔が大人の女性の落ち着きを感じさせる広末涼子さん。最新作の『Little DJ〜小さな恋の物語〜』は、海辺の病院に入院した男の子、太郎がDJをはじめる物語。「完成作を観て思わず号泣してしまいました」という広末さんは彼と意気投合した女の子、たまきが成長した姿を演じ、プロローグとエピローグに出演している。

「福田麻由子ちゃんが演じる少女時代とギャップがあるといけないな、とはじめは心配だったんです。でも脚本を読んだときに気持ちが突き動かされた部分を大事にして、あまり深く考え過ぎずに太郎君のことを思って演じたら、素直に入っていけました。2人の思い出がメインなんですが、大人になったたまきの人生から映画がはじまるので、夢を感じさせるサクセスストーリーでもあるし、過去を振り返ることで未来を見る映画でもあるのかなと思うんです」

太郎との思い出を胸に抱え、念願のFM局のディレクターという仕事につきながら、理想と現実に悩むたまき。27歳の広末さんも、友人たちの同じような悩みを耳にすることが増えてきた。

「私の場合はすっごくお仕事が好きで、趣味っていうのもおかしいですが、それぐらい熱中するものなので、あんまりマンネリ化しちゃうことはなかったんです。でも学生時代の友達と話していると、ちょうど私の世代の子たちは、最初はてんてこまいだったのが仕事に慣れてきて、転職とか結婚とかいろんな選択肢が見えてくる頃ですよね。やりたいことをやっているんだけど、同じ場所で成長したいのか、それとももっと刺激がほしいのか。抱えてるものはみんな同じだなって思うから、きっと大人になったたまきに共感してくれる人は多いと思います」

広末涼子 映画『Little DJ〜小さな恋の物語〜』
広末涼子 映画『Little DJ〜小さな恋の物語〜』

映画『Little DJ〜小さな恋の物語〜』OZmall限定試写会

父から贈られたレコードに込められた想い、入院患者たちからのリクエストに込められた願い。病に倒れながらもDJに挑戦する主人公を通して描かれるのは、自分の気持ちを素直に“伝える”ことの難しさと大切さ。広末さんもラジオ番組を持っていた経験を「すごく楽しかった」と振り返る。

「とても慌ただしい頃だったのでたいへんではあったのですが、みんなの声が聴こえてくる感じ、すぐに反応が返ってきて直接つながっている感じがすごくうれしかったことを覚えています。それと今回この映画を観て思い出したのは、放送委員だったときのこと! 小学校のときは放送委員で、“下校の時刻です”などやっていました(笑)」

舞台は70年代の函館。ノスタルジックな映像でつづられる太郎とたまきの初デートがなんともほほえましく、初恋を思い起こされる。病院をこっそり抜け出して2人が観に行った映画は『ラストコンサート』。気になる広末さんのデートの思い出は?

「私はこんなにおませじゃなかったかも(笑)。13歳といえば、はじめて髪の毛をのばした頃で、それまでは男の子に間違われてたくらいだったんです。そういえば中学生のときはじめてデートに行って、映画を観ながら手を握られたことを覚えてます(笑)」

映画『Little DJ〜小さな恋の物語〜』OZmall限定試写会

12月からは野田秀樹氏の舞台『キル!』を控え、来年は映画『子猫の涙』も公開に。年齢を重ねるごとに役柄の幅がどんどん広く、深くなる。

「なにに対しても多面的に見られるようになってきたし、いろんな方に出会うことで自分に広がりが出てきたように感じますね。女優さんは、それを活かせるお仕事だなって、最近すごく思います。10代の頃は、年齢を重ねると役の幅は広がるけど、おばちゃんになっちゃうし・・・って思ってたんですよ(笑)。その頃、自分ではできていたと思っていたことでも、今になってみると気づいてなかったなって、感じることもいっぱいあります。以前の自分は、生き急いでいたのかもしれないですよね。できないこと、知らないことしかった。でも今は逆に、そういうことがあるのが、うれしかったりするんです。マイナスなことがあるからプラスにもっていきたくてがんばれる、ってことに気づいたのかな。自分がちっぽけだってこともわかったし、人として大きくやさしくなりたい。最終地点はどこ、って決めていないから、今すごく楽しいです」

広末さんのしなやかな存在感はきっと、自分らしい“がんばり方”を見つけたからこそ生まれたもの。

「撮影が続いちゃうと、季節感や現実味がなくなったりしがちな仕事だから、そんなときはちょっと公園に行ったりするだけで、自分に帰れる気がするんですよね。以前はずっと仕事の緊張の中にいたかったけれど、今はそこから自分を解放してあげることを覚えたんだと思います」

profile 広末涼子
1980年、高知県生まれ。94年にデビューし、NTTドコモのCMで注目を集める。主な映画出演作に『鉄道員(ぽっぽや)』『WASABI』『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』など。11/21、朗読を担当したコンピレーションCD『忘れられない恋のうた〜私の中のもうひとりの僕』が発売。12月よりNODA・MAP第13回公演『キル!』に出演する
広末涼子 映画『Little DJ〜小さな恋の物語〜』

映画『Little DJ〜小さな恋の物語〜』OZmall限定試写会

ラジオを聴きながら野球の練習にはげむ12歳の少年・高野太郎は、突然学校で倒れることが続き、海辺の病院に入院する。痛くて退屈な入院生活に飽きたころ、治療の一環として病院の中で流れる音楽番組のDJをすることに。様々な事情と病気を抱える大人たちと触れ合うことで、太郎のDJ番組「サウンドエクスプレス」はどんどん大きく成長していった。そんなとき、太郎はひとつ年上のたまきに出会い・・・。

監督/永田琴
出演/神木隆之介、福田麻由子、広末涼子、佐藤重幸
配給/デスペラード【2007/2h8m】
12月15日(土)、シネスイッチ銀座、シネ・リーブル池袋、渋谷シネ・アミューズ、シネマート新宿他全国ロードショー

■試写会開催日時:
 11月28日(水)18:00開場、18:30開映 明治安田生命ホール(新宿)

■応募締め切り:11月21日(水)

応募受付は終了いたしました

© 2007 Little DJ film partners
取材・文/細谷美香 撮影/秋倉康介 スタイリング/平野真智子 ヘアメイク/佐藤寛

リボンブラウス33600円/モスキーノ・ジーンズ(モスキーノ・ジャパン03-5413-1830)、
ニットカーディガン29400円/sita murt(ストックマン03-3796-6851)

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社