OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『全然大丈夫』OZmall限定試写会

映画『全然大丈夫』OZmall限定試写会 徹底レコメン

独特の風貌やセリフ回しはもちろん、そのたたずまいだけで観る者に強烈なインパクトを与える超個性派俳優、荒川良々。ついに彼が初主演を飾る、おかしくも切ない三角関係の行方を綴った和製ロマンチック・コメディ『全然大丈夫』が完成した。荒川良々がひょうひょうと演じるのは、“世界最恐のオバケ屋敷を作る”という妙な夢からしてかなり世間とズレている、古本屋の長男・照男。さらに照男の幼なじみで、優しさゆえに八方美人な行動に走りがちな青年を岡田義徳が、ぶきっちょで天然系のヒロインを木村佳乃がそれぞれ演じている。30歳を目の前にして今の現状にちょっぴり不安を抱き始めている・・・そんな彼らの何がいったい“大丈夫”なのか!?

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

木村佳乃 荒川良々 映画『全然大丈夫』

映画『全然大丈夫』OZmall限定試写会

一挙手一投足から目が離せなくなる独自の存在感で幅広く活躍する荒川良々さんと、正統派美人女優でありながら気取りのないキャラクターで同性からの支持も高い木村佳乃さん。「お互いの舞台を観たり、観られたり」(荒川)していたという2人の初共演作『全然大丈夫』が完成! 現場でのお互いの印象から語ってもらった。

木村「実は非常に男らしい方なんですよ。浮世離れしているところのない、地に足が着いている感じ。だから、一緒にいるととても楽でした。でも撮影中、吹き出すのを我慢できないくらいおもしろい間違いをすることがあって、それは困りましたね(笑)。確信犯なのか天然なのか、その境目が全っ然わからないんですよ!」

荒川「全部見せちゃったら、おもしろくないでしょ、人間。木村さんは初めてお会いしたときから、“良々!”って呼び捨てで“(背中を勢いよく叩きつつ)バチン、元気!?”って感じですごくフレンドリーだったんです。だから現場でも話しやすかったですね」

映画『全然大丈夫』OZmall限定試写会

荒川さん演じる照男は、お化け屋敷を作る夢を持ちながら植木屋でバイト中。彼が恋する木村さん演じるあかりは、壮絶に不器用な絵描き。このまんまでいいのかな?とうっすらとした不安を感じている彼らの日常が、ゆるゆるとしたリズムで描かれていく。

木村「あかりはドジだからうまくいかないことも、いっぱいある。でも人生において、余計な経験ってないと思うんです。これはいつも自分にいい聞かせていることなのですが、どんなつらい経験にも意味があるし、悪いときがあるからこそいいときも楽しくなる。そういうことを感じてもらいながら、構えず気楽に観ていただけたらうれしいですね」

荒川「このご時世、ネット難民やらなにやらいろいろと問題がありますし、ときには無理しなきゃいけないこともある。この映画には大げさなメッセージはないけれども、“がんばり過ぎなくてもいいですよ”っていってるみたいな映画。今の日本で生きていたら大きな戦争やテロがない限り、簡単に死ぬことはないですよね。だから、長生きしてください、っていうことです。そうすればきっと、いいことが待っているかもしれません」

profile 木村佳乃
1976年、東京都出身。97年『失楽園』で映画デビュー。2007年は『さくらん』『スキヤキ・ウエスタンジャンゴ』などが公開。待機作に世界配給が決定している『ブラインドネス』などがある
profile 荒川良々
1974年、佐賀県生まれ。98年より「大人計画」に参加。舞台をはじめドラマ、映画でも活躍している。主な映画出演作に『東京タワーオカンとボクと、時々、オトン』『魍魎の匣』など
木村佳乃 荒川良々 映画『全然大丈夫』

映画『全然大丈夫』OZmall限定試写会

いつの日か世界一怖いオバケ屋敷を作るというデカい夢を実現したい。そんな照男の幼なじみの久信は、大学病院に常駐する清掃会社のサラリーマン。ある日、久信は求人に応募してきたあかりに出会う。衝撃的なまでに手先が不器用なあかりに好意を抱いた久信は、トラブルを連発する彼女を陰ながら見守っていくことに。相変わらずマイペースな日々を送っていた照男にも変化が・・・。

監督・脚本/藤田容介
出演/荒川良々、木村佳乃、岡田義徳、田中直樹、蟹江敬三
配給/スタイルジャム
2008年1月下旬より、シネクイントほか全国順次公開

■試写会開催日時:
 12月20日(木)18:00開場、18:30開映 ニッショーホール(虎ノ門)

■応募締め切り:12月12日(水)

応募受付は終了いたしました

© 2007 『全然大丈夫』製作委員会
取材・文/細谷美香 撮影/熊谷仁男

【荒川良々】スタイリング/チヨ(CORAZON)
シャツ12800円/LINEAMENT03-3791-7602、パンツ31500円/Uncut Bound03-5363-6034
【木村佳乃】スタイリング/吉野耀脩 ヘアメイク/土谷郁子(FACE-T)
ニット参考商品、スカート59850円/ともにANTEPRIMA(サイドフェームジャパン03-3794-6976)

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社