スピード・レーサー<映画 試写会>エミール・ハーシュ

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『スピード・レーサー』スーパープレミア試写会

映画『スピード・レーサー』 徹底レコメン

「マトリックス」シリーズを手がけたウォシャウスキー兄弟の新作は、なんと日本の伝説の人気アニメ・吉田竜夫原作「マッハGoGoGo」の実写リメイク! 運転席のボタンひとつでジャンプ、山岳走行、木を切り倒すカッターが飛び出すあの“マッハ号”が、ハリウッドでよみがえる。レーシングカーがハイキックするカン・フーならぬ“カー(CAR)・フー”とは!? 原作で描かれるキャラクター、家族愛を生かしながら、実写とCGが不思議なくらいに溶け込んだめくるめく映像に、「マトリックス」のような衝撃を体験できそう。デートにもおすすめなこの作品、大好きな彼と一緒に観ればマッハのスピードで恋も成就する!?

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

映画『スピード・レーサー』

映画『スピード・レーサー』の秘密:スピードはただ今遠距離恋愛中!?

3つの大陸、数百人の俳優の中から主人公スピード役に大抜擢されたのはエミール・ハーシュ。カリフォルニア生まれのエミールはまだ23歳という若さだが、俳優としてのキャリアは10年を越える。スピード役に決まった頃は、主役級の俳優としてまだ知られていなかったが、そのあとハリウッドでは映画『イントゥ・ザ・ワイルド』(日本では秋公開予定)で恵まれた環境で育ちながら、アラスカの荒野に1人踏み入り餓死していった主人公の青年を演じ高い評価を受け、まさに今脂がのっている俳優。最近では、オーストラリアに住むブラジル系の超セクシー女優エリッサ・スーサーラとの遠距離恋愛が報道されているが、エミール側からのコメントは出されていない。

映画『スピード・レーサー』の秘密:ハリウッドに殴りこんだ韓流スター!

韓国人ぽいのだが、妹の名前はハルコという、国籍不明の東洋人レーサー、テジョ・トゴカーン役を演じているのは、韓流ファンならご存知韓国の歌手Rain(ピ)。茶目っ気のあるしょうゆ顔、ハード&セクシーなダンスでアジア中を魅了してきたRainは、韓国でドラマ『フルハウス』に出演するなど演技を経験したが、そのあといきなりウォシャウスキー作品に大抜擢されたというからスゴイ! ダンスで鍛えられた体はハードなアクションもなんのその。撮影しながらもどんどん彼のシーンが増えていき、この作品で確実に世界に彼の名が知れ渡ることとなった。ウォシャウスキー兄弟の次回作「忍者暗殺者」では主演の座をゲットしているスーパーラッキーな26歳。

映画『スピード・レーサー』
映画『スピード・レーサー』

映画『スピード・レーサー』の秘密:監督も俳優も原作アニメのファンだった

原作となった日本のアニメ『マッハGoGoGo』は1967年に放映された。面白いことに、原作者も主要制作スタッフも車の運転免許を持っていなかったとか。だからこそ、あっと驚く車のデザインやアクション、ストーリーが生まれたのだろう。アメリカでは映画と同じ『スピード・レーサー』というタイトルで1990年代に放送、大人気を博した。監督のウォシャウスキー兄弟、主演のエミール・ハーシュ、そして“ミスター武者”役で出演している真田広之もこのアニメの大ファンだったという。アニメ版も一度見てみたい。また、映画のエンディングロールでは、日本の主題歌の歌詞の一部も使われているので、そんなところも楽しんでほしい。

映画『スピード・レーサー』

映画『スピード・レーサー』スーパープレミア試写会

天才ドライバーのスピードは、レース中に命を落とした伝説のドライバーである兄・レックスの遺志を継ごうと、今日も死と背中合わせの過酷なレースに挑む。スピードの父、パパ・レーサーはスピードの愛車マッハ号の設計者。スポンサーを持たず、ファミリー・ビジネスでレースに参戦するスピードは、ローヤルトン工業から傘下に入るよう大金を積まれる。家族思いの彼は断るが、そのため“今後レースで完走させない”と脅されるが・・・。

監督・脚本・製作/ウォシャウスキー兄弟
製作/ジョエル・シルバー、グラント・ヒル
出演/エミール・ハーシュ、クリスティーナ・リッチー、マシュー・フォックス、スーザン・サランドン、ジョン・グットマン、Rain、真田広之ほか
配給/ワーナー・ブラサース映画【2008/アメリカ/2時間15分】
7月5日(土)サロンパス ルーブル丸の内ほか全国ロードショー

■『スピード・レーサー』スーパープレミア GO! TOKYO DOME 開催日時:
  6月29日(日)16:30開場(予定)、18:00開演(予定) 東京ドーム(IMAX上映)
※当日はキャスト、スタッフによる舞台挨拶を予定しております
※都合により、イベントが中止になる場合があります。予めご了承ください

■応募締め切り:6月11日(水)

応募受付は終了いたしました

© 2008 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved

テキスト/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社