OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『ミラクル7号』 試写会プレゼント

映画『ミラクル7号』 徹底レコメン

中国映画。しかもSF。一見女子がスルーしそうな映画「ミラクル7号」。しかし、この映画に登場するライオンとも犬とも、宇宙系とも識別しがたい生命体「ミラクル7号」の愛くるしさは癒し効果抜群! 思わず笑顔になってしまう作品なのだ。監督、脚本、主演は「カンフー・ハッスル」「少林サッカー」のチャウ・シンチー。主演の小学生の男の子ディッキー役を演じているのは、実は女の子のシュー・チャオ。そのほかディッキーをいじめる男の子の親分や、その用心棒まで女の子が演じている。これには、まったく気がつかず驚くばかり。ミラクル7号はビンボー少年ディッキーを救えるのか? 見どころ盛りだくさんの爽快かつ、癒し系ムービーだ。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

チャウ・シンチー 映画『ミラクル7号』

チャウ・シンチー 映画『ミラクル7号』

チャウ・シンチーという人は、本当にすごい。彼の主演&監督作品『カンフー・ハッスル』は、香港では『タイタニック』に次ぐ歴代興行成績2位を樹立、アメリカでもその年公開された外国映画で最高のヒットとなった。すでに撮影が終わっているハリウッド映画・実写版『ドラゴンボール』でもプロデューサーとして脚本についてのご意見番となっていたというチャウ・シンチー。今作では“ミラクル7号=通称・ナナちゃん”なる、なんとも得体の知れないエイリアンと少年の物語で大いに笑わせ、ちょこっと泣かせてくれる。

「家族全員が楽しめる映画が撮りたかったから、子供が好きなSFというジャンルを取り上げたんだ。ナナちゃんは全てCGで作ってるんだけど、基本的なイメージは“犬”。僕自身犬が大好きで、昔ペキニーズ(シーズーの親戚)を飼ってたこともあってね。表情や動きは僕や、ディッキーを演じたシュー・チャオのを取り入れたりもしたよ。僕とナナちゃんの共通点?・・・喜んで人を助けようとするところかな。ほんとだよ(笑)」

また、ナナちゃんのキャラクター作りには、チャウ・シンチーが大ファンの『ドラえもん』からも影響を受けていると言う。ある意味チャウ・シンチー自身も、ドラえもんのようなユニークなアイディアの宝庫といえるが、今回の主人公のディッキーをはじめ、女の子が少年を演じたり、大人の男性が小学生の女の子を演じたりという「性転換キャスティング」は、偶然思いついたアイディアだと言う。

「キャスティングするのに1万何千人の子供達に会ったんだけど、演技させてみたら、男の子よりも女の子たちの方が出来が良かったんだよね。もしかしたら、この方法でいけば、全てが解決するんじゃないかと思ったんだ。いつも思うんだけど、力仕事を除けば、女性はあらゆる仕事で、男性よりもうまくこなせる気がする。特に子供の場合は女の子の方が早熟だしね」

インタビュールームの彼の横では主演のシュー・チャオがドラえもんの歌を口ずさんでいる。彼女のお気に入りのドラえもんのアイテムは「タケコプター」だとか。映画の中では少年だったシュー・チャオは、髪も肩上まで伸び、青いアイシャドウをつけ、本当にかわいい「女の子」だった。この映画がきっかけでチャウ・シンチーの養女になった彼女にも、男の子を演じることになった時の気分を聞いてみた。

「正直、びっくりとうれしいが半分はんぶんでしたね。やりながら慣れてきました。でも、腰まであった髪をばっさり切られた時は悲しかったです。お父さん(チャウ・シンチーのこと)の映画は前から大好きで、会う前は“ものすごく面白くて、変な人なんだろう”と思ってたんですけど、撮影現場では、とても真面目で、演技指導にも忍耐力があって、思ってたよりも変な人じゃありませんでした(笑)。もちろん今でもお父さんは私のアイドルです。私もいつかお父さんみたいな映画監督になりたいです」

profile チャウ・シンチー
1962年6月22日香港生まれ。香港の子供番組の司会者として人気者になり、映画の世界へ。「少林サッカー」「カンフー・ハッスル」の監督・脚本&主演俳優としてワールドワイドな人気を誇る。

チャウ・シンチー 映画『ミラクル7号』
映画『ミラクル7号』

映画『ミラクル7号』試写会プレゼント

いまどき珍しい超ビンボー生活のティー&ディッキー父子。ティーは息子に将来苦労してほしくないと、工場で昼夜働きディッキーを名門小学校に通わせる。しかしゴミ捨て場から拾ってきたスニーカーを履き、いつも汚れた顔と制服を着て通うディッキーはいじめられっ子。ある日、ティーがゴミ捨て場から息子のおもちゃにと思って拾ってきたものが・・・なんとUFOの忘れ物で、癒し系役立たず生命体「ミラクル7号」だった!

監督・脚本・製作/チャウ・シンチー
出演/シュー・チャオ、チャウ・シンチー、キティ・チャン、リー・ションチンほか
配給/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント【2008/中国/1時間28分】
公式サイト/http://www.miracle7.jp
6月28日(土) シネマスクエアとうきゅう他全国ロードショー

■試写会開催日時:
  6月18日(水)18:00開場、18:30開映 一ツ橋ホール

■応募締め切り:6月11日(水)

応募受付は終了いたしました

テキスト/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社