OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『近距離恋愛』OZmall試写会

映画『近距離恋愛』 徹底レコメン

男のコの友達の中でも、たまに異性を意識しちゃう“ちょっとだけいいオトコ”がいるものだ。絶対つきあったりはしないだろうし、彼も私のことなんて好きじゃないだろうし・・・。そんな男友達がいる人は、この映画で何かが変わる!? 運命論者で身持ちが堅いハンナは、大親友のトムのことが友達以上に好き。でもトムは2日続けて同じ女性とベッドインしないようなプレイボーイで結婚願望ゼロ。果たして2人が恋人に発展する可能性はあるのか? 「あ〜、いい人なんてどこにいるの?」シングルの女のコなら誰もが口にしたことがあるこの言葉。実はすぐ近くに、運命の人はいるのかも。恋人未満の親友の男のコと観にいって、あなたのほのかな恋心に気づいてもらって。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

映画『近距離恋愛』

映画『近距離恋愛』の秘密:

トムが女のコにもてるのも仕方ないか・・・と納得させられてしまうのも、トムを演じるパトリック・デンプシーの魅力に尽きる。現在42歳のパトリックは、アメリカのドラマシリーズ「グレイズ・アナトミー」で外科医Dr.シェパードを演じ大ブレイク、今やジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット同様、40代セクシー俳優の座を我が物にしている。こんな素敵な彼を世の女性が放置するわけはなく、彼が21歳の時に、なんと親友のお母さんだった48歳の女性と結婚するが離婚、今は再婚し3人の子供の父親である。特技はカーレースとジャグリング(お手玉芸)で、映画でも皿を見事にジャグリングするシーンがあるが、あれはすべて本物の陶器だとか。

映画『近距離恋愛』の秘密:

アメリカ映画で結婚式のシーンを見ているとよく出てくるのが花嫁付添い人=ブライズメイド。結婚式の立会人でもあり、盛り上げ役でもある。なかでも式の準備から当日まで花嫁の近くにいて手伝うのが“筆頭花嫁付添い人=Made of Honor(MOH)”で、この映画の原題にもなっている。ハンナはMOHをよりによってトムに頼むのだが、普通は花嫁の親友である未婚の女性が務めるため、トムは周囲にゲイだと思われてしまうのだった。偶然にも、ハンナを演じたミシェル・モナハンが2005年にオーストラリア人の現在の旦那様と結婚式を挙げた時も、MOHは親友の男性だったそう。ちなみにミシェルは現在32歳、今初めてのベビーを妊娠している。

映画『近距離恋愛』
映画『近距離恋愛』

映画『近距離恋愛』の秘密:

お堅いハンナがあっという間に電撃結婚を決めてしまうヨーロッパの貴族・コリンを演じているのは、スコットランド俳優のケヴィン・マクキッド。現在はアメリカに住んでいて、妻と2人の子供がいる34歳。舞台俳優としてデビューし、2005年には米英ドラマの「ROME」に主演、厳格なローマ軍の百人隊長ウォレヌス役で国際的にも人気を得た。身長180センチを越える大柄で、やや強面のためか(?)シリアスな作品が多かった彼が今回ラブ・コメ作品に挑戦。真面目で優しくて、運動神経抜群な上、お城のような別荘もたくさん持っているセレブなコリンは、悔しいことにトムから見ても完璧な男。あなたが選ぶならトム? それともコリン?

映画『近距離恋愛』OZmall試写会

女性関係にオープンなトムと、運命の人を待ち続けるロマンチストのハンナは10年来の大親友。性格はぴったりなのに、恋愛、ことに結婚に関する考え方が正反対。恋人の関係になるわけもない・・・とお互いに思っていた。しかし、ハンナが6週間のスコットランド出張でいなくなった時、トムは自分には彼女が必要だということに気づく。思い切って告白しようと帰国した彼女を迎えるが、ハンナはスコットランドの貴族である恋人と一緒だった!

監督/ポール・ウェイランド
出演/パトリック・デンプシー、ミシェル・モナハン、ケヴィン・マクドナルド、シドニー・ポラックほか
配給/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント【2008/アメリカ/1時間41分】
http://www.kin-ren.jp/
7月12日(土)より日比谷みゆき座ほか全国ロードショー

■試写会開催日時:
  7月3日(木)18:00開場、18:30開映 一ツ橋ホール

■応募締め切り:6月25日(水)

応募受付は終了いたしました

テキスト/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社