OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『小森生活向上クラブ』OZmall試写会

映画『小森生活向上クラブ』 徹底レコメン

笑顔の素敵な駅員さんのように、人々の毎日を“ちょっぴり幸せ”にしてくれる人もいれば、周りの人を毎日“ちょっぴり不幸”にする人もいる。42歳、冴えないサラリーマンの小森課長の哲学では、そんな少しの不幸も積み重なれば殺人罪に相当する!? 結局「それなら悪い人たちにはさっさと消えてもらおう」というのが小森課長がいきついた究極の自己チュー正義感。痴漢をなすりつけるOLを成敗したら、小森課長のストレスフルな日々が一変。生活に活力がみなぎり、家族もハッピー! そんな小森課長に賛同する信者が増え、ついに「KSC=小森正義クラブ」まで発足してしまう! 爽快ながら、人と社会が隠し持つ危うさを描いた1本。これが映画で良かった・・・。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

小森生活向上クラブ 映画『小森生活向上クラブ』

映画『小森生活向上クラブ』の秘密:「KSC」の“S”って何の意味?

小森課長は誰にも知られずにこっそり悪い人たちを成敗していくつもりだったのに、なぜか小森流の身勝手な正義感が社内にばれ、部下達が小森課長を崇拝するまでに。観ていて怖いのは、成敗に関わった部下たちの生活がどんどんイキイキしていくさま。地味な女性部下の静枝はおしゃれになり、冴えない男性部下たちも毎朝大きな声&笑顔で挨拶するように。そんな部下たちの暴走で発足した「KSC」だが、部下が「小森殺人クラブ=KSC」と、恐ろしい名前をつけようとしていたところを小森課長が難色を示し、同じ頭文字の「小森正義クラブ」に決定。しかし、小森の妻の妙子には「小森生活向上クラブ」というサークル活動をしているということになっている。

映画『小森生活向上クラブ』の秘密:どこでも存在感抜群の古田新太が初主演

KSCの活動に暴走する部下をよそに、小森課長はターゲットに対し、実は成敗するほどの人ではないのではないかと悩むことも。そんな小森課長の心の揺れを見事に演じているのが古田新太(ふるたあらた)。監督曰く、当初、小森課長はイケメンを想定していたのだが、「かっこいい人がこんなことをしてしまっては“面白い”の枠を出ないのでは」と考え、2枚目も3枚目も演じる古田に決まったのだとか。1965年生まれの古田は劇団☆新感線の看板スターとして、演劇界ではあまりにも有名。『木更津キャッツアイ』をはじめ、多くのドラマや映画で、バイプレーヤーというにはもったいない存在感を示してきたため、今作で映画初主演というのが意外なほど。プライベートでは1女の父親。

古田新太 映画『小森生活向上クラブ』
忍成修吾×栗山千明 映画『小森生活向上クラブ』

映画『小森生活向上クラブ』の秘密:美しい男女キャスト陣たちが大暴走♪

この映画の登場人物は、皆どこか極端なのに「いるいるこういう人」と思えてしまう。小森課長のイケメンの部下で、一時は成敗のターゲットになりかけた北沢を演じているのは、最近ではドラマ『魔王』にも出演していた忍成(おしなり)修吾。そして、社内の独身男性のほとんどと関係を持つ静枝役には映画『キル・ビルVol1』でハリウッドデビューも果たしている栗山千明。さらに、小森の妻、妙子役には、懐かしい『東京ラブストーリー』のさとみ役で大ブレイクした有森也実。活力が復活した夫のおかげで彼女のランジェリーにも日々変化が! そのほか、妙子の夫に与える影響の大きさが徐々に明らかに! 夫の手綱をしっかり握っている妙子こそ、真の良妻かも。

映画『小森生活向上クラブ』OZmall試写会

社会の小さな悪を退治します

家庭でも職場でもストレス満タンだった小森課長42歳。電車の中でOLに痴漢に間違えられても屈辱に耐える小森だったが、その女が「痴漢に遭ったフリ」をして見知らぬ男性たちに罪をなすりつける常習犯だと知り、思わずホームに突き飛ばして殺してしまう。しかも誰にも知られずに! するとどうだろう。翌日から食欲も仕事への意欲も復活、ついでに妻との夜の営みも大順調! 小森の生活全てが好転していくのだった・・・。

監督/片嶋一貴
出演/古田新太、栗山千明、忍成修吾、有森也実、佐野史郎、豊原功補ほか
配給/ファントム・フィルム
上映時間/1時間48分
11月8日(土)渋谷シネ・アミューズ他にて全国順次ロードショー

■試写会開催日時:
  11月4日(火)18:00開場、18:30開映 九段会館(九段下)

■第1弾応募締め切り:10月20日(月) 107組214名

■第2弾応募締め切り:10月27日(月) 43組86名

応募受付は終了いたしました

©  2008「小森生活向上クラブ」製作委員会
テキスト/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社