007/慰めの報酬<映画 試写会>ダニエル・クレイグ×オルガ・キュリレンコ

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『007/慰めの報酬』特別試写会

映画『007/慰めの報酬』 徹底レコメン

前作『007/カジノ・ロワイヤル』が大ヒットし、人間味ある“新ジェームス・ボンド”として華麗なるスタートを切ったダニエル・クレイグ。最新作『007/慰めの報酬』では、ウクライナ出身のオルガ・キュリレンコをボンドガールに迎え、さらなる趣向をこらしたアクション、そして世界各国を舞台に壮大なスケールで魅せる。ストーリーは前作のラストシーンの1時間後から始まる。最愛の恋人を失ったボンドは、その死に隠された真相解明と復讐を胸に決意する・・・。キャラクターたちを引き立たせるトム・フォードのスーツ、プラダのドレス、クロムハーツのアクセサリーなど、ファッションも楽しめるアクションムービーだけに女子の満足度も高い!

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

オルガ・キュリレンコ 映画『007/慰めの報酬』

オルガ・キュリレンコ 映画『007/慰めの報酬』

“007”シリーズと言えば、ボンドガールは欠かせない。今作のボンドガール、カミーユを演じるのはウクライナ出身のオルガ・キュリレンコ。10代の頃からフランスでスーパーモデルとしてのキャリアをスタート、18歳になる頃には「VOGUE」や「ELLE」の表紙を飾っていた。日本は3回目というオルガは食べ物、アート、本など日本の文化が大好きなのだとか。

「カミーユ役に決まるまで、3回オーディションがあって、2カ月半もかかったの。1回やっては3週間くらい次まで待つって、へとへとになるわ。だからクリスマスイブにエージェントから電話があって『ボンドガールに決まったよ』って言われた時も、全然信じられなかったの。実感がわいてからはもちろんハッピーだったわ」

ボンドガールということは、今回もジェームス・ボンドとのロマンスが・・・という想像をしてしまうが、今回は少し違う。

「前作よりさらに女性がタフで魅力的に描かれていると私は思っているから、女性にもとってもおすすめの作品よ。カミーユはとても強くて自立していて、ボンドの影の存在じゃないし自分のストーリーを持ってるの。ただの美しい人形ではなくて、とても人間的だから、私も彼女がリアルで自然なキャラクターに思えるように演じたつもりよ」

大切な人を失ったことへの“復讐心”がボンドとカミーユを引き寄せる。映画のようにドラマティックじゃなくても、誰でも「悔しい」とか「見返したい」という気持ちが存在するもの。オルガ自身はそういう気持ちになったら、どうしているのだろう?

「すごくいい質問ね。難しいことだけど、“許す”ってとても大切なことだと思っているから、私もうまく気持ちを切り替えて忘れようと努力してる。復讐をしても、結局失ったものは戻ってこないのよ。カミーユも映画の中で同じことを言っているけれどね」

映画中のカミーユは、さりげなくキュートでセクシーなファッション。パーティシーンでは黒のプラダのドレスを着るなど、その衣装も見どころのひとつだ。オルガもモデル出身だけに、ファッションの話になると楽しそう。

「私の登場する最後のシーンで着ていたタンクトップにカーゴパンツが、実は一番気にいってるの。とってもクールでセクシーだと思うわ。カミーユをとてもタフに見せてくれてるし、私自身もああいう楽なファッションが好きなの。ジーンズにTシャツにジャケットとかね。好きなブランドはすごくいっぱいあって、バーバリーのコートは最高だし、トーマス・ワイルドのバックも素敵。フランスに住んでいたから、シャネルやイブ・サンローランとかのフレンチブランドも大好きよ」

現在29歳のオルガ。2度の離婚を経ている彼女だが、ジェームス・ボンドは恋や結婚のお相手になるだろうか?

「まず、ボンドが結婚自体をするとは思えないわ。それに、彼は映画のキャラクターだから、私はリアルな人間と恋したいわ(笑)」

profile オルガ・キュリレンコ
1979年、ウクライナ生まれ。スーパーモデルとしてパリ、ミラノ、NY、ロンドンで成功し、2005年には小川洋子原作のフランス映画『薬指の標本』で初主演。その他の出演作に『パリ・ジュテーム』、『ヒットマン』など
オルガ・キュリレンコ 映画『007/慰めの報酬』

映画『007/慰めの報酬』 特別試写会

初めて心から愛した“運命の女”を殺された男
家族を殺され、たった1人で生きてきた孤独な女
復讐心が2人を引き合わせ、
傷ついた2つの魂が共鳴してゆく。

ジェームス・ボンドは、彼の目の前で命を絶った恋人・ヴェスパーの死に隠された陰謀を暴こうと、ハイチに飛んだ。任務のために目の前の敵も味方も次々と死なせてしまうことから上司のMから帰国を命じられるが応じないボンド。現地ではミステリアスな美女・カミーユと知り合う。彼女もまた復讐心だけを支えに生きていた。ボンドは彼女を通じてヴェスパーを操っていた組織の幹部で、ある慈善団体のCEO・グリーンに接触する・・・。

監督/マーク・フォースター
出演/ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジャンカルロ・ジャンニーニ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン、ジュディ・デンチほか
配給/ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント
公式サイト/http://www.007NAGUSAME.jp
上映時間/1時間46分
1月17日(土)18日(日)先行上映決定!
09年1月24日(土)より丸の内ルーブルほか全国ロードショー

■特別試写会開催日時:
  2009年1月15日(木)18:15開場、19:00開映 中野サンプラザホール(中野)

■応募締め切り:2009年1月5日(月)

応募受付は終了いたしました

© Quantum of Solace 2008 Danjaq, LLC, United Artists Corporation, Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.
取材・文/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社