OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『ハルフウェイ』特別試写会

映画『ハルフウェイ』 徹底レコメン

大人になるにつれ、恋が億劫になったり、傷つくことに臆病になったりするもの。冷静さは大人の武器だけど、なにかが足りない・・・そんなときは、若々しく、はちきれんばかりの恋心が炸裂する映画『ハルフウェイ』を。岡田将生が演じるシュウと、北乃きいが演じるヒロは高校3年生。恋のときめきに有頂天になったかと思えば、思いが伝わらないことにイラ立ち、お互いを傷つけ合う。監督は「ロングバケーション」「オレンジデイズ」など数々のドラマを手がける脚本家・北川悦吏子。ラストシーンには、真剣に悩み抜いた2人が辿り着くほほえましい結末。見守っていたつもりが逆にちょっぴり元気付けられる、そんな1本だ。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

岡田将生 映画『ハルフウェイ』

岡田将生 映画『ハルフウェイ』

誰をも魅了する端整な顔立ちと爽やかな笑顔で、いつも周囲の注目を集める岡田将生くん。映画『ハルフウェイ』で岡田くんが演じたシュウは、きっと彼の素顔そのままなのでは、と思ってしまう。

「監督からは、“役作りはしなくていい。カッコよくいてくれればいいから”って言われてはじめは“カッコいい”って言われても、どうしていいか全然わからなくて。きっとこんなヤツじゃないか、いやこうか、とあれこれ考えるうちに、結果的に自分に近い部分は出てきたと思います。たまに、今のオレか?と、錯覚するほど(笑)」

「ロングバケーション」「オレンジデイズ」などを手がけた、読者世代にとってはカリスマともいえる脚本家・北川悦吏子氏の初監督作として話題だが、実は本作では、演技のほとんどがアドリブだったという。

「まったく台本通りにやらなくて。最後は現場に台本を持って行かなかったくらい。でもね、アドリブって素が出るんですよ(笑)。映画で素の自分が見られるなんて、ちょっといやだなって思いましたよね」

恋人・ヒロを演じた北乃きいちゃんとは、撮影時は初対面。うれしいときも悲しいときも、その感情をまっすぐぶつけるヒロと、それを静かにやさしく受け止めるシュウ。ちぐはぐなようで実は相性のいい恋人同士を演じた2人は、息もぴったりに見えた。それだけに、現場でのやりとりも気になるところだが・・・。

「それが、きいちゃんも人見知り、僕も人見知りで、最後まであまり話できなかったんですよ。現場で2人きりになったときですら。ただ芝居となると、そこはお互いね。特にアドリブだから、きいちゃんもテンション高くて。殴られるシーンなんて、思いっきり腹にパンチを入れてきて・・・あれは痛かった! 僕のリアクション、素ですよ。マフラーで首絞めるときも力いっぱい。本当に痛くて、仕返ししてやろうと思ったくらいですよ(笑)」

東京への進学を選ぶか、恋人を選んで地元に残るか。ヒロに詰め寄られ答えが出せないシュウについては、「僕がシュウなら、自分のしたいことズバっとを相手に言いますね。ウジウジしているのは気持ちが悪い。だいたいシュウが、なんであんなに女の子に主導権にぎられたままでいるのか、役をはなれると全然理解できない(笑)。いい意味で言えば、包容力があるヤツなんでしょうが」と、芯のある男っぽい一面も。

映画の中では、恋人に押されっぱなしのシュウ。彼を演じた岡田くん自身は、どんな女性との、どんな恋が理想なのだろう。

「考えたことないですね。特に決まったタイプもないですし、夢中になった憧れのアイドルや女優さんとかも、いないなあ・・・。古着をうまく着こなす人はいいな、と思いますけど。あと女性のショートヘアも好き。だからって活発な子が好きってわけではないんですよ。女の子が活発すぎると、僕、弱っちゃうんで(笑)。さっきシュウの包容力の話をしましたが、それは今の僕にないもの。だから逆に、僕を受け止めてくれる、そんな人がいたらいいな、と思いますね」

profile 岡田将生
1989年8月15日生まれ。2006年にデビューし、ドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス』、『太陽と海の教室』などでブレイク。2009年は『ハルフウェイ』、『ホノカアボーイ』など主演映画の公開が相次ぐ
岡田将生 映画『ハルフウェイ』

映画『ハルフウェイ』 特別試写会

ヒロは、学校中の女子の憧れ・シュウにひそかに想いをよせていた。ある日、そのシュウから付き合ってくれと突然の告白。高校生活、最後で最高の日々を送るヒロは、その幸せがずっと続くと思っていた。が、間もなく卒業を迎える2人。地元の大学に進むヒロに、シュウは東京の大学を志望していることを言い出せない。シュウの進路希望を知ったヒロは、「東京に行くのにあたしにコクってどういうつもり?」とシュウに詰め寄るのだが・・・。

監督・脚本/北川悦吏子
プロデュース/岩井俊二
出演/北乃きい、岡田将生、溝端淳平、仲里依紗、成宮寛貴、白石美帆、大沢たかおほか
配給/シネカノン
公式サイト/http://halfway-movie.jp/
上映時間/1時間25分
2009年2月中旬よりヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷アミューズCQN改め)、シネカノン有楽町2丁目、新宿バルト9ほか全国ロードショー

■特別試写会開催日時:
  2009年2月12日(木)18:30開場、19:00開映 文京区シビックホール(水道橋)

■応募締め切り:2009年2月2日(月)

応募する

© 2009「ハルフウェイ」製作委員会

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社