ベンジャミン・バトン 数奇な人生<映画 試写会>ブラッド・ピット

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』ジャパン・プレミア

映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 徹底レコメン

愛する彼は80歳の風貌で生まれ、日に日に若返っていく。彼女は6歳で彼に出会い、お互いが人生の折り返し地点を迎えた頃に恋に落ちた。しかし、彼は年を重ねるほどに若々しい青年に。彼女だけが老けていく・・・。特別な生を受けたベンジャミンの80年の人生そのほとんどを自ら演じたのはブラット・ピット。ベンジャミンの青年期では、最近ではめったに見られないブラピの恋愛シーン満載。“6児のパパ“のブラピも素敵だけど、この映画では再びセクシーアイコンとしてブレイクしそう! 恋のお相手ケイト・ブランシェットの美しさにもうっとり。愛しているからこそ決断できることがある。見終わった時、きっと一生忘れられない恋がしたくなる。

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

ブラッド・ピット 映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

ブラッド・ピット 映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

3年2カ月ぶりの来日となったブラッド・ピット。前回の来日が映画『Mr.&Mrs.スミス』のキャンペーンだったことを思うと、その縁でパートナーとなったアンジェリーナ・ジョリーと、6人の子供たち全員を連れての今回の来日は、なんだか感慨深い。

1月28日。六本木で開かれた『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』記者会見場は、報道記者とカメラマン700人ですし詰め状態! 翌日のプレミアにはスーツでレッドカーペットを歩いたブラッド・ピットだが、会見ではグレーのセーターにグレーのハンチング帽、ジーンズというシンプルなファッションで登場。今作では特殊メイクを駆使して80歳の子供が、年を重ねる毎に若返っていくというベンジャミンを演じているが、役のイメージが完成したのは「ベンジャミンのメイクをした後だった」と言う。

「メイクの椅子に座って、優秀なメイクさんたちが僕の顔を作り上げてくれた時にイメージが固まっていったんだ。素晴らしい変身だったから、思っていたよりすんなり役に入り込めた。姿は若返っていくけれど、時の流れは誰もが経験すること。誰にでも初恋があるように、皆が普遍的に経験するシーンを“訪ねていく”作業が楽しかった。この作品はメイク、音楽、技術、演技、演出あらゆるレベルで優れた映画だと思うから、大勢の人に観てもらいたい。僕は3回観たけどまた観るよ(笑)」

運命の女性と出会い、恋に落ち、すれ違い・・・ブラッド・ピット自身もベンジャミンの人生を、映画を観る人と同じように予感し、楽しみながら演じたと言う。演じながらそう思えることは稀なことなのだそう。ベンジャミンの選択した「愛の形」があったように、ブラッド・ピットの選択した「愛の形」については、今現在よきパートナーとして、よき父親として家族に愛されている彼らしい、成熟した答えが返ってきた。

「愛には、いつかは終わりというものがくると思っている。例えば“死”による別れは、男女の関係の自然の結末。だから僕は一緒にいる時間を楽しみたい。絶望にしがみつくのではなく、そこに価値を見いだしたいと思う。でも、デビッド(監督)とは永遠に別れがこないね。長いつきあいになりそうだよ(笑)」

デビッド・フィンチャー監督と組むのは『セブン』『ファイト・クラブ』に続き3作目。そして今年度アカデミー賞最多13部門にノミネートというビッグ・ニュースも舞い込むなか、ブラッド・ピットにとっては、“主演”男優賞にノミネートは初めての快挙でもある(アカデミー賞授賞式は2月22日)。

ベンジャミンのような数奇な人生を送る予感は?という質問に「6人も子供がいるんだよ。もう十分ドラマティックだと思うな」と答えたブラッド・ピット。会見の最後には「僕がみんなに質問したいんだけど」と自らアピール。その質問が「この近くに、大人も子供も楽しめる場所はあるかな? レストランも教えて欲しいな」と、さすが素敵なファミリーマンだった。

profile ブラッド・ピット
1963年生まれ。TVデビュー後、映画『テルマ&ルイーズ』で注目され、その後大ブレイク。現在はプロデューサーとしても活躍。出演作はもちろん、パートナーのA・ジョリーとの話題はなんでもニュースになる“世界のスター”
ブラッド・ピット 映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』

映画『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』 ジャパン・プレミア

「人生は素晴らしい」
80歳で生まれ、若返っていく男の物語

1918年、ニューオリンズ。ある夫婦の間に男の子が生まれ、妻は出産後亡くなった。その赤ん坊の顔はシワだらけで目は白内障、足腰も弱っていて老人のようだった。ショックで父親は見知らぬ家の前に置き去りにしてしまう。「これも神の奇跡」と黒人女性のクイニーは彼をベンジャミンと名付け育てることに。ベンジャミンは日に日に成長したが、不思議とだんだんと若返っているように見えた。そんな折り、6歳の少女デイジーに出会う。

監督/デビッド・フィンチャー
出演/ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、タラジ・P・ヘンソン、ジュリア・オーモンド、ジェイソン・フレミング、イライアス・コーティーズ、ティルダ・スウィントンほか
配給/ワーナー・ブラザース映画
公式サイト/http://wwws.warnerbros.co.jp/benjaminbutton/
上映時間/2時間47分
2009年 2月7日(土)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
ジャパン・プレミア in TOKYO レッド・カーペット25組50名様ご招待

■開催日時:

1月29日(木)17:00開場、18:00イベント開始予定

六本木ヒルズ内イベント広場・アリーナ(六本木)

■イベント内容:

主演のブラッド・ピット、デビッド・フィンチャー監督が来日し、ジャパンプレミアを開催。当日は本場ハリウッド形式のレッドカーペットパフォーマンスを実施する予定

※多少の雨天決行(屋外イベント)

※イベントが中止、日程変更となる可能性があります

※来日メンバーは予定です。当日変更の可能性があります

※レッドカーペットへのご招待です。映画本編はご覧いただけません

■応募締め切り:1月19日(月)

『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』
ジャパン・プレミア試写会10組20名様ご招待

■開催日時:

1月29日(木)18:00開場、18:30開演予定

TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7(六本木)

■イベント内容:

主演のブラッド・ピット、デビッド・フィンチャー監督が来日し、舞台挨拶を行う予定。そのあと、本編をご覧いただけます

※イベントが中止、日程変更となる可能性があります

※来日メンバーは予定です。当日変更の可能性があります

※座席に限りがございますので、当日は定員になり次第ご入場を締め切らせていただきます。予めご了承下さい

■応募締め切り:1月19日(月)

応募受付は終了いたしました

© 2008 Paramount Pictures Corporation and Warner Bros. Entertainment All Rights Reserved.
取材・文/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

 

PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社