少年メリケンサック<映画 試写会>宮崎あおい×宮藤官九郎

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『少年メリケンサック』 OZ特別試写会

宮崎あおい 映画『少年メリケンサック』

宮崎あおい 映画『少年メリケンサック』

待望の宮アあおいさん主演映画『少年メリケンサック』がいよいよ公開する。パンクバンドを題材にしたコメディと聞けば、今までにない宮アさんが見られそう! しかも監督・脚本があの宮藤官九郎さん。期待するなと言うのが無理な話。

「やっぱり、宮藤さんとやらせていただけるというのは、すごく嬉しかったですね。才能の豊かな方だなとずっと思っていたので、ご一緒できるのがとても楽しみでした。実はいちばん最初に、どなたが書いたものかは知らされずに脚本を拝見したんです。すごく心に引っかかる内容で、やってみたいと思っていたら、宮藤さんの書かれたものだと後から教えられました。最初に宮藤さんのお名前を聞いていたら、中を見る前に出たいと言っていたと思うので、2重の意味でよかったです」

それほど待ち望んでいたという宮藤さんとのお仕事は、期待以上に楽しかったとか。「一言ひとことや、動きの一つひとつが、とにかく楽しいんです。こうやってください、とお手本を見せてくれる姿もおもしろければ、実際の演出でも“ねずみみたいな顔してください”とかおっしゃるんですよ。“ねずみの顔”は、私の中ではやりきれなかった感が実は残っているんですが、そのほかのリクエストにはある程度応えられたかな、と思っています(笑)」

宮アさんが演じるかんなは、「少年メリケンサック」というイケメンバンドを発掘してくるレコード会社の派遣OL。実はバンドメンバーはひと癖もふた癖もあるオッサンたちで、かんなは彼らに振り回され、もみくちゃにされていく。そんな“パンク”な役柄へのアプローチは?

「パンクは全然聞きませんし、パンクな精神もあんまり持っていませんが(笑)、役に対してやりやすいとか、やりづらいというのは基本的に全然ないんです。自分が演じさせていただくと決まったら、すんなり入っていけるんですよ。それに、現場のみなさんが本当にやさしかったんです。私の最後のカットが終わったとき、すでにクランクアップしていた佐藤(浩市)さんたちが待っていて、お祝いしてくださったんです。ほかにも、木村(祐一)さんにキム鍋を作っていただいたり、あんなに笑いの起こる現場はそうはないんじゃないでしょうか。佐藤さんは、ライブ用のツンツン頭が気に入ったみたいで、髪形を直さずに家に帰られてました(笑)」

今回の作品は大河ドラマ『篤姫』の収録の合間に撮影が行われた。短い時間で頭と役を切り替える難しさや、ベテラン俳優に囲まれての主演など、プレッシャーを感じて当然の状況。しかし宮アさんは、「基本的にあまりプレッシャーを感じないタイプの人間なんです」と笑う。

「主演という立場ではありましたが、みなさんに引っ張ってもらっている部分がすごくありましたし、ときには私が引っ張る形になったところもあり、みんなで支え合ってやっていたと思います。大河ドラマとの役の切り替えに関しても、特別な意識はしないんです。そもそもお芝居をしなきゃ!と頭で考えすぎるのではなく、オンとオフの境目があまりないというか、いつもニュートラルにギアが入っている感じかもしれません」

そんな自然体で臨んだ本作の仕上がりは、「間違いなくおもしろいです!」との太鼓判。「宮藤さんがすごいというのはみなさんご存じの通りで、佐藤さんたち4人もハチャメチャだし、絶対笑えて、楽しんでもらえると思いますよ!」

宮崎あおい 映画『少年メリケンサック』
宮崎あおい 映画『少年メリケンサック』

23歳になったばかりでありながら、そのみずみずしさとともに国民的女優としてのオーラも感じさせる宮アさん。

「実は自分の年齢をよく忘れちゃうんです。あれ、私いくつだっけ?みたいな。年齢がいい意味で関係なくなってきていて。もちろん長く生きている方はそれだけたくさんの経験をお持ちで、尊敬しています。けど、20歳だからどうだ、30歳だからこうでなくちゃ、っていう考え方はなくなりました。それよりも人間としてどう生きていられるかのほうが大事だと思うので。でも、ときどき家族の年齢までうっかり忘れてしまったり、自分の誕生日がそれほど楽しみでなくなっちゃったりするのはよくないですよね(笑)。自分に足りないものはたくさんありますけど、それを年齢のせいだとは考えません」

前だけを見つめる真っすぐな視線は、スクリーンを通しても観客を射抜く。それは時代劇であっても、コメディであっても、変わることのない宮アさんだけが持つ魅力。

「お芝居をしていて迷ったりすることは、ほとんどないんです。お仕事に限らないんですが、多分、勘だけで生きてるんですよね(笑)。勘とか、感覚とか。たとえ迷ったときでも直感で進んでみればどうにかなるって。根がポジティブなんです。もしどうにもならなくなってしまっても、そこから新しく進めばいいと思うし、失敗したとしても、それを後悔するのではなく反省して活かせばいいかな、って。そう考えると、身の回りのどんなことにも必然性を感じられるんです。大河ドラマでも、『少年メリケンサック』でも、必ずなにか自分に役割や理由のようなものがあってその作品に呼ばれているんだと。うまく言葉にできませんが、やっぱり勘のようなものを信じているんでしょうね。悪いことからはなにを学ぶべきか考え、いいことに対しては素直に喜び、それが続けばいいなって思える。なんとなく、としか言いようがないんですが、そんなふうに考えています」

宮アあおいという女性を突き動かしている“なんとなく”な直感。しかしそれはこの先も、どうしようもなく私たちを魅了し続けていくのだろう。

profile 宮アあおい
1985年、東京都出身。現在、舞台『その夜明け、嘘。』が上演中なほか、映画『劒岳 点の記』(6/20公開)が控える。また、3月1日には『宮アあおい 心にしみるアフリカ〜生命輝く大地・ルワンダ』(フジテレビ)がオンエア

映画『少年メリケンサック』 OZ特別試写会

好きです! パンク! 嘘です!

レコード会社の派遣OLカンナは、動画サイトで、凶悪な絶叫パフォーマンスのイケメンがいるパンクバンド「少年メリケンサック」を見つける。契約を取るため訪ねていくと、そこにいたのは、酔い潰れた50歳すぎのオッサン・・・。カンナが見た映像は、25年前のものだった。カンナの驚愕をよそに、「少年メリケンサック」の人気はネット上で大爆発! 全国のライブツアーが次々と決まり、カンナと「少年メリケンサック」の珍道中が始まるが・・・。

監督・脚本/宮藤官九郎
出演/宮崎あおい、佐藤浩市、木村祐一、田口トモロヲ、三宅弘城、ユースケ・サンタマリア、勝地涼、ピエール瀧、田辺誠一、哀川翔ほか
上映時間/2時間5分
公式サイト/http://www.meriken-movie.jp/
配給/東映
2009年2月14日公開

■開催日時:
  2009年2月5日(木)18:30開場、19:00開映 渋谷TOEI1(渋谷)

■応募締め切り:2009年1月12日(月)

応募受付は終了いたしました

© 2009「少年メリケンサック」製作委員会
撮影/秋倉康介

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社