OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『パッセンジャーズ』特別試写会

映画『パッセンジャーズ』 徹底レコメン

『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイが、シリアスな心理サスペンス『パッセンジャーズ』でセラピスト役に。旅客機の墜落事故で5人の乗客=パッセンジャーが生き残った。心の傷を和らげようと、彼らの担当セラピストになったクレア。しかし、生存者の1人のエリックは事故直後なのに「ご機嫌」で、カウンセリングを断りクレアを口説いてくる始末。他の4人の事故の記憶は食い違い、航空会社の事実隠ぺい疑惑も浮上。そのうち1人ずつ行方不明に・・・。怖いサスペンスでも、甘いだけのラブストーリーでも、アンが可愛いだけの映画でもない。真相を知った後に受け取るこの映画のメッセージに、きっとあなたは満足できるはず。だから結末は内緒にしていて!

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

映画『パッセンジャーズ』

映画『パッセンジャーズ』の秘密:身内と他人、どちらかしか助けられないとしたら?

事故の生存者のカウンセリングは、セラピストのクレアにとって初めての大仕事。ただでさえ仕事で頭がいっぱいなのに、隣人の女性トニは毎晩のようにやって来て、「忙しいなら新聞を代わりに入れてあげようか?」「この洗濯物を探してた?」と煩わしい。生存者の1人であるエリックは初対面なのに、なぜかクレアに姉がいる事を知っていて、「手遅れになる前にお姉さんに電話した方がいい」と不吉な事を言う。カウンセリング中に見知らぬ男が窓の外から見ていたり、仕事を紹介してくれた恩師のペリーの言うことも信じられなくなってくるクレア。真相の解明には一見関係なさそうなシーンや人物が、実はキーになっている可能性大。見落とさずに。

映画『パッセンジャーズ』の秘密:家族想いの伊藤&職人らしい内野らしさが演技に

『パッセンジャーズ』は2007年の1月から、カナダのバンクーバーで撮影スタート。美しい浜辺には物語の引き金となる旅客機の墜落事故現場のセットが作られた。ビーチに散乱する機体の残骸、繰り返す爆発、火を噴く機体・・・製作陣は事前に「これは映画の撮影」という旨をメディアに伝え、至るところに張り紙をしたが、それでも散歩やドライブで通りがかった人たちが本物の墜落事故だと信じ込んでしまい、警察に通報する人まで現れちょっとしたパニックに。映画の撮影がそこかしこで行われているバングーバーの人たちでも混乱するほどセットがリアルだったのだ。撮影だということがわかってからは子供たちがカメラを持って遊びにきていたそう。

映画『パッセンジャーズ』
映画『パッセンジャーズ』

映画『パッセンジャーズ』の秘密:生きたい。助けたい。魂の願いにハンカチ用意!

1999年にTVシリーズ「ゲット・リアル」で注目され、『プリティ・プリンセス』で映画デビュー、『プラダを着た悪魔』でブレイクしたアン・ハサウェイ。170pを超える長身&キュートな童顔の26歳。アンは不景気なんてなんのその、今後も出演作が目白押し。日本でも今作が3月に公開、4月には元薬物依存症を演じゴールデングローブ賞主演女優賞にノミネートされた『レイチェルの結婚』、その後も親友と結婚式場を取り合うコメディ『ブライド・ウォーズ(原題)』が公開予定。現在は1つ年上で俳優のアダム・シュルマンと交際しているというアン。昨年末にはチャリティオークションで「自分とデートする権利」を男性3人が120万円で落札して話題になった。

映画『パッセンジャーズ』 特別試写会

飛行機事故で、奇跡的に生き残った5人の乗客
彼らを担当するセラピストのクレア
生存者の証言の謎と、相次ぐ失踪―――
クレアの日常に忍び寄る影―――

セラピストのクレアは夜中に恩師からの電話で呼び出され、旅客機の墜落事故で奇跡的に生き残った5人の男女のカウンセリングを担当することになった。ショックで呆然とする生存者が多い中、エリックという男性だけは妙に機嫌がいいのが気になるクレア。また、航空会社は「パイロットの過失」と公式発表したが、生存者達の記憶は「爆発があった」「いや、なかった」などと食い違っている。そして1人ずつ、生存者達が行方不明に・・・。

監督/ロドリゴ・ガルシア
出演/アン・ハサウェイ、パトリック・ウィルソン、デヴィット・モース、アンドレ・分ラウアー、クレア・デュバル、ダイアン・ウィーストほか
配給/ショウゲート
上映時間/1時間33分
公式サイト/http://www.passengers.jp/
3月、日比谷みゆき座他 全国ロードショー

■試写会開催日時:
  2月24日(火)18:00開場、19:00開映 九段会館(九段下)

■応募締め切り:2月16日(月)

応募する

© 2008 PASSENGERS PRODUCTIONS,LLC.ALL RIGHTS RESERVED
取材・文/安田佑子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社