アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜<映画 試写会>チュ・ジフン

OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


映画『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』特別試写会

映画『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』 徹底レコメン

韓国から上陸した映画『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』は4人の“ワケあり”美男子が働くケーキ屋さんを舞台にしたビタースイートな物語。原作は、よしながふみの人気コミック『西洋骨董洋菓子店』。イケメンセレブのオーナー・ジニョク、韓国中のゲイを虜にする“魔性のパティシエ”ソヌ、元ボクサーのパティシエ見習いギボム、強面だがピュアなウェイターのスヨン。おいしいケーキが癖になるように、彼らも一緒にいることが癖になり、友情や恋心(?)が芽生えていく。ミステリー要素も盛り込まれた美男子たちの成長ドラマに、ほんわかあったかい気持ちになれる。そして、もちろん観終わったあとは、スイートなケーキを食べたくなる・・・!?

右のプレイヤーをクリックすると、この映画の予告編が再生されます。音声付きムービーとなっておりますので、再生時には十分お気をつけてください。

チュ・ジフン 映画『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』

チュ・ジフン 映画『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』

今年行われた某ネットサイトのアンケート「好きな韓流スター」で、堂々の1位に選ばれたチュ・ジフン。『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』は、そんな彼の映画初主演作となる。

日本でも大ヒットした韓流ドラマ「宮 〜Love in Palace」では高校生皇太子、「魔王」では若手弁護士を演じてきたチュ・ジフンだが、今作ではケーキ店“アンティーク”のオーナーで、ちょっとワケありだけど愛嬌たっぷりの兄貴肌、ジニョクを演じる。実際よりも年上の役を演じるにあたって、なにか気をつかった点は?

「ヒゲはこの作品で初めて生やしてみました。原作マンガにならったというのもありますが。あと、話し方も原作のイメージにあわせて気さくというか、ラフな感じにしました。韓国でもおじさんはそういうラフな感じでしゃべるんで(笑)」

現在26歳のチュ・ジフンだが、自分でもずいぶん前から「あれ。ちょっとオヤジになっちゃったかも?」と思う瞬間があるのだとか。

「ご飯を食べながらノドに詰まるじゃないですか。それをビールで流し込んで、それがすごく美味しい時! 『あー俺ももう若くないんだなあ』と思いますね(笑)」

よしながふみの人気コミックが原作で、2002年には日本で滝沢秀明主演でドラマ化、その後アニメーション化もされているこの作品。チュ・ジフンも、オファーを受けてから日本の原作マンガを読んだという。

「ドラマは敢えて見ませんでした。見ると無意識に真似てしまうんで。この物語の魅力は、誰にでも、今ここにいる皆さんにも心に傷があると思うんですね。でも、今このインタビューの場で僕たちは笑いながら話をしてるし、友達とも楽しくお酒を飲んだり遊んだりしますよね。とはいえ、その傷のことを思い出すと悲しくなったり、怒りの感情が湧いてきたり、みんなそういうものを抱えて生きていくじゃないですか。そんな気持ちの流れをうまく盛り込んでいるところにリアリティを感じました」

今回ジニョクを演じるうえで、幻想シーンでは歌ったり踊ったり、数え切れない種類のケーキの名前の羅列にフランス語・・・。「あまりに大変だったので、一度死んで生き返ってきたような気持ち」と言ってしまうほど、彼にとってチャレンジの多い作品となった。

5月30日には次回作、映画『キッチン 〜3人のレシピ〜』の日本公開が控え、そこではシェフ役を演じている(彼自身、1人暮らしが長いので韓国料理なら大体なんでも作るのだそう)。これからもアジアでの活躍が期待されるが、次回やってみたい作品について聞いてみると、「うーん」と考えながらも嬉しい答えが返ってきた。

「今は・・・濃いラブストーリーがしたいですね。うん・・・そうですね。誰かを愛したいんで、恋愛ものをやりたいです」

profile チュ・ジフン
1982年生まれ。モデルデビュー後、2006年、TVドラマ「宮 〜Love in Palace」の皇太子役でブレイク。その後出演した「魔王」は日本でもドラマ化された。韓国では数々のベストドレッサー賞も受賞
チュ・ジフン 映画『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』

映画『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』 特別試写会

人は幸せな時に、ケーキを食べる。
ほろ苦い人生を少しでも甘くするために―――。

ケーキ嫌いのジニョクは、一流企業を辞め、古い骨董品屋を改装して洋菓子店「アンティーク」を開くことにした。料理研究家のジニョクの母が腕のいい男性パティシエのソヌを紹介してくれることになったが、ソヌは働く先々で男性との恋愛トラブルが絶えない「魔性のゲイ」で、しかも、ジニョクが高校時代にこっぴどく拒絶してしまった相手だった! ソヌの希望で、店員は男を雇うことにするが、みんなソヌの虜になってしまい辞めていってしまう・・・。

監督・脚本/ミン・ギュドン
原作/よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」(新書館)
出演/チュ・ジフン、キム・ジェウク、ユ・アイン、チェ・ジホ、アンディー・ジレ、キム・チャンワン、イ・フィヒャン、オ・ミヒ、ナム・ミョンリョル、ヨ・ジングほか
配給/ショウゲート
公式サイト/http://www.antique-movie.com/
上映時間/1時間51分
4月18日(土)より、恵比寿ガーデンシネマ、シネカノン有楽町1丁目他、全国順次ロードショー

■特別試写会開催日時:
  4月9日(木)18:30開場、19:00開映 サイエンスホール(九段下)

■応募締め切り:3月30日(月)

応募受付は終了いたしました

© 2008 Showbox/Mediaplex, Inc., United Pictures, SooFilm & ZIP CINEMA. All Rights Reserved
取材・文/安田佑子 撮影/米山典子

Interview Backnumver インタビュー・バックナンバー

vol.136
僕の初恋をキミに捧ぐ<映画>井上真央×岡田将生
映画『僕の初恋をキミに捧ぐ』特集へ (2009.9.15)
vol.137
引き出しの中のラブレター<映画>常盤貴子
常盤貴子 映画『引き出しの中のラブレター』特集へ (2009.9.15)
vol.138
きみがぼくを見つけた日<映画>レイチェル・マクアダムス
映画『きみがぼくを見つけた日』特集へ (2009.9.29)
vol.139
なくもんか<映画>阿部サダヲ
阿部サダヲ 映画『なくもんか』特集へ (2009.9.29)
vol.140
サイドウェイズ<映画>小日向文世×生瀬勝久
菊地凛子 映画『サイドウェイズ』特集へ (2009.9.29)
vol.131
クヒオ大佐<映画>堺雅人
堺雅人 映画『クヒオ大佐』特集へ (2009.8.25)
vol.132
パンドラの匣<映画>染谷将太×川上未映子
映画『パンドラの匣』特集へ (2009.8.25)
vol.133
ココ・アヴァン・シャネル<映画>オドレイ・トトゥ
映画『ココ・アヴァン・シャネル』特集へ (2009.8.25)
vol.134
私の中のあなた<映画>キャメロン・ディアス
映画『私の中のあなた』特集へ (2009.9.1)
vol.135
わたし出すわ<映画>小雪
小雪 映画『わたし出すわ』特集へ (2009.9.8)
vol.126
あなたは私の婿になる<映画>サンドラ・ブロック
映画『あなたは私の婿になる』特集へ (2009.8.11)
vol.127
カムイ外伝<映画>松山ケンイチ
松山ケンイチ 映画『カムイ外伝』特集へ (2009.8.11)
vol.128
のんちゃんのり弁<映画>小西真奈美
映画『のんちゃんのり弁』特集へ (2009.8.18)
vol.129
TAJOMARU(多襄丸)<映画>小栗旬
映画『TAJOMARU』特集へ (2009.8.18)
vol.130
白夜<映画>EXILE 眞木大輔(MAKIDAI)
EXILE 眞木大輔(MAKIDAI) 映画『白夜』特集へ (2009.8.18)
vol.121
男と女の不都合な真実<映画>キャサリン・ハイグル
映画『男と女の不都合な真実』特集へ (2009.7.14)
vol.122
ウルヴァリン:X-MEN ZERO<映画>ヒュー・ジャックマン
映画『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』特集へ (2009.7.14)
vol.123
女の子ものがたり<映画>深津絵里
深津絵里 映画『女の子ものがたり』特集へ (2009.7.23)
vol.124
ちゃんと伝える<映画>EXILE AKIRA
EXILE AKIRA 映画『ちゃんと伝える』特集へ (2009.7.28)
vol.125
G.I.ジョー<映画>チャニング・テイタム
映画『G.I.ジョー』特集へ (2009.7.28)
vol.116
モンスターVSエイリアン<映画>
映画『モンスターVSエイリアン』特集へ (2009.6.16)
vol.117
山形スクリーム<映画>成海璃子×AKIRA
映画『山形スクリーム』特集へ (2009.6.23)
vol.118
南極料理人<映画>堺雅人
堺雅人 映画『南極料理人』特集へ (2009.6.23)
vol.119
ナイトミュージアム2<映画>ベン・スティラー
映画『ナイトミュージアム2』特集へ (2009.6.30)
vol.120
キラー・ヴァージンロード<映画>上野樹里×木村佳乃
上野樹里 映画『キラー・ヴァージンロード』特集へ (2009.7.10)

エンタメ特集バックナンバー >>

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社