OZmall 恋、キレイ、知性 東京女子が“今”したいコト

こんにちは、ゲストさん♪


占い・映画・小説・エンタメ

迷って見つける恋するトキメキ


 
 でもさ、案内役ってなんか緊張するよー。だって私、お花のことなーんにも知らないんだもん。出てくる言葉も「すごいですねー」とかばっかりだしさぁ。もっと芸術に造詣の深い人のほうがいいと思うんだけどさ。萬田久子さんとか樋口可南子さんとか壇ふみさんとかさ、もっとスラーっとした美しくて知的な女優さんがいいと思うんですけどねー。ミスキャストじゃないかなぁ。
  それで! そのフラワーイベント当日の衣装は和服で、っていうことになって、なんと、有名な刺繍作家の長艸先生って方の作品を着させていただくということになったのですよ! そりゃあ、今着物にはまりまくってる私としては信じられないぐらいうれしいお話よ。だって有名な先生の作られた着物なんて、そう簡単にお目にかかれないもの。ましてやそんなの着れるなんて、大ラッキーもいいとこよ。でもさ、でもさ、やっぱり見た目、そんなすてきな刺繍の着物を着るなら、やっぱり萬田久子さんとか樋口可南子さんとか壇ふみさんとかさぁ(しつこいって)、そういう人が似合うと思うんだけどねぇ。だってさ、正直いって私、着物着ると周りのみんなから「おっ、仲居さん! ビール1本!」とかいわれちゃうもんなぁ。
  だけどその先生の作品はすごいよ。見せていただいた作品の中に、能の衣装がたくさんあったんだけど、着物の背中と袖を使って、桜がまさに百花繚乱咲き乱れていたり、狂おしいほど色彩豊かな紅葉が水面に落ちるさまが描かれていたり、しんしんと雪が笹の上に降り積もる様子がこれまたぞっとするような寒気すら感じさせたり、いやぁすごい! 能の衣装だけじゃないですよ。普通の着物にも刺繍をあしらった作品はたくさんあって、遊び心満載のかわいいものもいっぱいある。子犬が無邪気に遊んでるもの、猿がいろんな芸をして遊んでたり、さるかに合戦やすずめのお宿とか昔話シリーズもある。作業としては手間と時間が恐ろしくかかる仕事だと思うけど、こんなに自由奔放で楽しげで、きっと長艸先生の頭の中にはまだまだやりたいこと、楽しいことがいっぱいあるんだろうなぁ。
  長艸先生にしろダニエル・オストさんにしろ、自分に与えられた仕事を思う存分楽しんでいる。あんなふうに、自分も自分の仕事を存分に楽しまないといけないなぁ、と、思った私でした。よし! がんばるぞ! 放送はなんと2005年元旦、NHKBS2でございます。お笑い番組もいいけど、たまには静かな世界に浸ってみてください。
     

INFORMATION


PR

ページTOP
シェアする twitter|facebook|mixi
OZのプレミアム予約商品一覧
スターツ出版株式会社