【イベントレポート】代官山でカメラレッスン&フォトさんぽを体験

「好き」を見つけて、私をもっと好きになるためのオズモール×東急グループのコラボプロジェクト「キラリプラスカレッジ」。第4回目のイベントが2018年3月21日に開催された。今回のテーマは「フォトさんぽ」。参加した40名の女性は、プロのカメラマンからスマホでかわいく撮れるコツを学べるフォト講座を受けたのち、実際に街に出てフォトさんぽを体験。写真を撮るのがさらに楽しくなる、イベントの様子をレポート!

更新日:2018/04/10

プロのカメラマンが伝授!
写真の腕がぐんと上がるフォト講座

イベントは、代官山駅から徒歩約3分の商業施設「ログロード代官山」内のベーカリー・カフェ「GARDEN HOUSE CRAFTS」からスタート。オズマガジンやオズモールで活躍するプロカメラマン・佐野学を講師に迎え、スマホでかわいい写真が撮れるようになるフォト講座を開催した。講座では、スマホカメラの設定や構図の取り方、光の向きやおすすめの加工アプリなど、今すぐ実践できるポイントをレクチャー。「グリット機能を表示すると構図が取りやすい」「料理のアップは、寄るのではなくズーム機能を使うとすっきりした写真が撮れる」など次々出てくるカメラの知識に、「今までそんなこと意識していなかった!」「これなら簡単にできそう」とあちこちから感動の声が。参加者たちは、実際にカメラを起動しながらカメラの技術に磨きをかけていった。

今すぐできる!スマホでおいしい・かわいい写真を撮るコツ

【コツ1】料理や器に合わせて構図を工夫

写真の良し悪しを左右する要素のひとつが「構図」。料理を撮る際は、料理を食べるときの目の高さである45度の角度から撮るのが基本。ただし、“お皿の数が多い”“お皿のサイズが大きい”という場合は真上からのショットが効果的。また、料理にプラスして手を映り込ませるなど人の気配を感じさせると、物語性のあるワンランク上の写真に仕上がる。

【コツ2】ハンバーガーやパフェは真横から

ハンバーガーやパフェなど、“ボリュームがある”“断面がかわいい”料理は真横から撮影するのがポイント。あえて角度を付けずに撮ることで、中身やボリューム感が伝わる、おいしい&かわいい写真に。スマホのカメラは上部分についていることが多いので、スマホを逆さまにして撮影すると真横からのアングルが撮りやすくなって◎。

【コツ3】「光」を制して料理をおいしく撮影

さらにいい写真を撮りたいなら、「光」の向きを意識して。光の向きは、影が伸びている向きを見るとわかりやすい。風景には「順光」、雰囲気のあるポートレートには「逆光」など、ベストな光の向きは被写体によってさまざま。料理をおいしく撮りたいのなら、「サイド光」(影の向きが左右)または「半逆行」(影の向きが斜め)の位置を狙うのがベター。

代官山ほか東急線人気エリアのフォトジェニックスポット&メニュー6

【代官山駅】TENOHA&STYLE RESTAURANT

「TENOHA DAIKANYAMA」内にあるレストラン。「味は極上・価格は日常」をコンセプトにした本格イタリア料理をいただける。平日ランチタイムには、前菜、パスタまたはピッツァ、カフェが付くお得なセット1500円(写真・前菜)が登場。色とりどりの料理は、目にもおいしくSNS映えもばっちり。食事の後には、TENOHA DAIKANYAMAを回りながら友達と撮影しあってみるのも◎。モデルみたいなおしゃれな写真が撮れるかも!

【駒沢大学駅】Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店

新鮮野菜たっぷりの、ヘルシー料理が人気のこちら。ヴィーガンメニューやグルテンフリーメニュー、高たんぱく低カロリーのメニューなど、女性に嬉しい料理がラインナップ。チキンブレスト1890円(写真)は、大きな鶏胸肉がのった栄養バランス抜群の一皿。彩りもよくボリューミーで、お腹も心も満たされるはず。また、緑を感じるナチュラルな空間も魅力のひとつ。居心地のいい店内もぜひ写真に収めてみて!

【代官山駅】SPRING VALLEY BREWERY TOKYO

「ログロード代官山」にある、店内で作られるクラフトビールが自慢のオールデイダイニング。100%のビーフパテや自家製ベーコンなどを豪快にサンドしたSVB特製バーガー2000円(写真)は、週末限定の人気メニュー。真横から撮るカメラテクニックで、臨場感のある写真を撮影してみよう。店内中央にある存在感抜群のビール製造機や、スタイリッシュなビールタップを撮るのも忘れずに!

【代官山駅】フツウニフルウツ

代官山駅から徒歩4分の場所にある、フルーツサンド専門店。バナナやキウイなど5種類のフルーツを使ったフツウニフルウツ350円(写真・手前)をはじめ、旬の果物を使ったジューシーなフルーツサンドが常時5種類ほど並ぶ。売り切れてしまうこともあるので、出来上がりの時間をチェックしてから出かけると安心。サンドイッチ+ブルーの外観を入れて撮ると、よりステキな写真が撮れるはず。

【中目黒駅】TRAVELER'S FACTORY

中目黒の路地裏にひっそりと佇むお店で、「旅するように毎日を過ごすための道具」をテーマにしたアイテムを扱う。「トラベラーズノート」などのステーショナリーやオリジナルプロダクト、世界からセレクトした雑貨、旅に出たくなる本など、旅好きにはたまらないアイテムをゆっくりチェックしよう。2階のフリースペースでドリップコーヒーを飲みながら今日撮った写真を見返して過ごすのも◎。

【桜新町駅】タケノとおはぎ

桜新町にある、おはぎのテイクアウト専門店。定番のこしあん、つぶあんのほか、日替わりで5種類のおはぎがラインナップ。フルーツや木の実、ハーブなどを使用した、ほかでは食べられないバラエティ豊かなフレーバーに出会える。わっぱに入れられた色とりどりのおはぎはとってもキュート! テーブルコーディネートもして、個性あふれる魅力的な写真にチャレンジしてみよう。

オズモールと東急グループのコラボプロジェクト
「キラリプラスカレッジ」

自分の「好き」を追求していくと、知識が増えるのはもちろん、また別の分野へと興味が広がったり、没頭している時間自体がリフレッシュにつながったり・・・。ありのままの素の自分が磨かれて、私らしさもよりパワーアップ。オズモールと東急グループのコラボプロジェクト「キラリプラスカレッジ」では、「好きなコトで私をもっと好きになる」をキャッチフレーズに、私がキラリと輝くきっかけになるイベントを4回に渡って実施。ぜひチェックして!

PR/東急グル―プ
WRITING/CHIAKI ISHIBE(ROKUSHIKI) PHOTO/AYUMI OOSAKI

  • LINEで送る

TOP