体の悩みをちょっとだけ減らしませんか 〜PMSの悩み2〜

  1. オズモールTOP >
  2. 体の悩みをちょっとだけ減らしませんか 〜PMSの悩み2〜

体の悩みをちょっとだけ減らしませんか 〜PMSの悩み2〜

PMSのつらい症状を緩和するツボを人気鍼灸師が伝授!

働く女性は温活や睡眠でPMSをやり過ごす
一方で、なにも対策をしていない人も

イライラ、眠気、だるさなど、生理前に起こるさまざまな不調=PMS(月経前症候群)は、ときには日常生活に支障をきたしてしまうことも。そんな中、PMSを少しでも軽くするため、「お風呂にゆっくり浸かって体を温めたり、白湯を飲んで、腹巻きをして寝る」(26歳)、「いつもより早めに寝たり、時間に余裕をもつことでイライラしないようにしている」(34歳)など、さまざまな工夫をしているよう。しかし一方で、自覚症状があるのになにも対策を取っていない人も多数。そこで、女性特有の症状を緩和する鍼灸治療に定評のある鍼灸師・白倉いずみ先生に、忙しい女性でもできる、効果的なPMS対策を教えてもらった。

働く女性は温活や睡眠でPMSをやり過ごす 一方で、なにも対策をしていない人も

最適なツボ押しで経絡の巡りをよくして
女性ホルモンのバランスを整えよう

女性ホルモンの急激な変化が関係していると言われるPMS。「PMSの症状を改善するためには、ホルモンバランスを整えることが大切です」と白倉先生。そのためのカギとなるのが、東洋医学で生命力の源とされる「気・血・水」を全身に運ぶ「経絡」。この経絡の上に点在している「ツボ」を押すことで、PMSによる不快な症状を和らげることができるそう。

最適なツボ押しで経絡の巡りをよくして 女性ホルモンのバランスを整えよう

PMSをケアしてくれるツボはどこ?
オフィスでもできるツボ押しを実践

「PMSに限らず、ストレスや肩こりなど不調を感じたときには、万能のツボ『合谷』を押しましょう。また排卵日以降は、東洋医学で子宮を意味する『血海』や、子宮とつながっていると言われている『三陰交』など、婦人科系の不調に効くツボがおすすめです」(白倉先生)
・合谷(ごうこく):手の甲を上にし、親指と人差し指の骨が交差した部分から、人差し指に向かって押していき、へこみを感じるところ
・血海(けっかい):膝のお皿の上、内側の角から指3本分上がったところ
・三陰交(さんいんこう):内くるぶしのいちばん高いところに小指をおき指幅4本そろえて、人差し指が当たっているところ

PMSをケアしてくれるツボはどこ? オフィスでもできるツボ押しを実践

PMSと上手に付き合うヒントが満載!
自分の体と向き合えるイベントを開催

2017年2月16日(木)、PMSに悩むオズモール読者40名を迎え、「働く女性の保健室vol.3」が開催された。イベントでは、婦人科系疾患のみならず女性のトータルケアをサポートする婦人科の院長・松村圭子先生からPMSの症状や原因、女性ホルモンとの関係性についてのレクチャーを受けたり、白倉いずみ先生による経絡・ツボ押しのミニワークショップに参加。無農薬・無添加の食材を使ったメニューが人気のケータリング「MOMOE」より、特別に堺泉酒造の甘酒を取り入れた体に優しい食事を楽しんだ。参加者からは「PMSとの付き合い方のヒントがたくさんあった」「食事に気をつけたり、基礎体温を測りマネジメントをしようと思った」といった声が集まり、PMSに対する意識が高まる有意義な時間を過ごせたよう。

PMSと上手に付き合うヒントが満載! 自分の体と向き合えるイベントを開催

アプリと連動した婦人用電子体温計で
PMSのマイパターンも記録しよう

PMSとうまく付き合うためには、こういうときにこういう症状が出るなど、自分のパターンを知っておくことが重要。また、PMSは排卵日以降から次回の生理開始日に向けて症状が強くなっていくため、自分の体のリズムも把握しておきたい。そこで習慣づけたいのが、基礎体温の測定。さらにグラフ化して、その都度、PMSの症状をメモしておけば、心の準備ができ余裕も生まれてくるはず。おすすめなのは、ケースから取り出すと自動電源ON&検温時間わずか10秒の「オムロン婦人用電子体温計 MC-652LC」。無料アプリと連動しており、測定データも簡単に転送OK。スムーズに体調管理やリズム管理ができるから、PMS緩和の大きな味方に!

アプリと連動した婦人用電子体温計で PMSのマイパターンも記録しよう

白倉いずみ先生が施術する鍼灸治療院で
働く女性の不調や心身の疲れをケア

女性向け鍼灸の専門家であり、あんまマッサージ指圧師の資格も持つ白倉いずみ先生は、外苑前の駅前ビルにある「サロン・ド・エトス南青山エトス鍼灸治療院」にて、リフトアップ・たるみ・しわ・ほうれい線などに効果のある美容鍼をはじめ、肩こり・冷え性・婦人科疾患、不妊、心の不調などの鍼灸治療を担当。東洋医学的アプローチと理学療法的なアプローチを取り入れた、丁寧かつ的確な施術にはリピーターも多い。「サロン・ド・エトス南青山エトス鍼灸治療院」には、白倉先生のほかにも、熟練の腕を持つスタッフが集結しているので、本格的に不調を改善したい人は一度足を運んでみては?

白倉いずみ先生が施術する鍼灸治療院で 働く女性の不調や心身の疲れをケア

女性の美と健康を応援する
「オムロン式美人」がリニューアル

2011年からの6年間、多くの女性の体の悩みを解決するヒントを提供してきたサイトがリニューアル。Q&Aを中心に、月経/妊娠・出産/更年期/ライフスタイルの4つのパートから情報を発信。また、オムロンの運営サイト「Rhythm(リズム)」と連携して、レシピやエクササイズなど、女性の生活に役立つ情報もお届け。さらにスマートフォンでも見やすくなったので、いつでもどこでもアクセスして、心と体のパートナーとして活用して。

女性の美と健康を応援する 「オムロン式美人」がリニューアル
  • 文/六識(ヨダヒロコ)

みんなの体験コメントみんなの体験コメントアイコン

hanana 2017/03/25 23:41:26
冷えを改善したらだいぶ楽になりました。自分ではあまり気にならなくても意外と体冷えてます^^;
けんらん 2017/03/24 21:50:40
鼻が止まらない時や目が疲れた時などツボを押すと効くのですが、PMSでもツボ押しは効くのかな?
フクタロ 2017/03/14 10:17:48
女性の不調には万能の三陰交は自分でお灸を買って試したりしています。本当にここであっているのかな〜?と半信半疑でやっていますが、なんか気持ち良いところであればいいみたいなので、継続して行きたいと思います。
あかりん 2017/03/14 21:13:16
30代後半になってから、PMSがひどくなり毎月自分の感情のコントロールのできないことに困ってしまいます!市販薬を最近飲みはじめたり、できることをなるべくやっています!
しおん 2017/03/19 20:23:55
10代の頃なんかは痛み止めを飲むのはあまりよくないのかなと思っていたので飲まずにやり過ごしたりしていました。今は我慢せずに飲んでしまいますが、やはり楽になりますね…
まりん 2017/03/14 18:19:17
女性ならではの症状や悩みは女性の医師の方が相談しやすいですね!プロである以上知識はあるはずなのに1度男性医師の病院で暴言をはかれて以来トラウマになってます。。
りん 2017/03/20 23:38:58
この情報ほんとに役立ちます!PMSが増えているという情報はあっても、どう対処していいかわからず困っていました。ツボを押して対処してみます!
さや 2017/03/19 00:35:14
そんなイベントあったんですね。30過ぎてから、生理前のもろもろの不調が休に激しくなってきたので、、ぜひまたそうゆう勉強会やってほしいです。
たーたま 2017/03/20 23:56:57
当帰勺薬散飲むと調子が回復するので手放せません。でも飲みたいときに飲めるとは限らないのでこのツボ押しで乗りきろうかと思います。
みききせんせい 2017/03/16 08:42:35
PMSが辛くてプレフェミンなども飲んでいましたが、続けるのが難しく、、、ツボ押しならすぐにできて効果がありそうですね。
くまたろう 2017/03/20 13:40:51
PMSはあんまり実感したことないけど、生理中は不調を感じること多いなぁ。ツボ押しならいつでも手軽にできるからいいね。
yon 2017/03/19 21:07:27
身体をあたため、リラックスすることですよね。土日の予定のない時に酷い場合だと寝ていられるのですこし楽なのですが、、。
あにゃにゃ 2017/03/18 23:10:44
合谷は普段からよく押してます。それでPMSが良くなったりホルモンバランスが整えられるならこの先も押し続けますよ
なぁ 2017/03/15 07:59:19
生理中も前も痛みがあるので対策してます。効き目がなかなかでないときは、無理せず痛み止め飲むようにしています
★みんみん★ 2017/03/15 08:28:12
睡眠不足と生理痛がひどいので、生理中に仕事が休みの時は、買い物もしないで一日コタツに入って寝ています。
かなちゃんねる 2017/03/20 13:17:04
足つぼとか行って痛いと思ったところが子宮だったりして… 生理痛も重いのでつぼを知るのはいいですね!
いーや 2017/03/14 23:32:24
温活と睡眠〜。手軽に実行出来るしいいと思います。でもなかなか、その簡単なことが難しいんですよね。。。
いーや 2017/03/14 23:32:15
温活と睡眠〜。手軽に実行出来るしいいと思います。でもなかなか、その簡単なことが難しいんですよね。。。
mero 2017/03/23 23:22:00
ツボって効くんですかね〜?全く正確な場所を押せる自信がなくて難しいですね。PmSは毎回辛いです。
れこりん 2017/03/19 18:29:10
やっぱり冷えが一番いけないと思うので、つぼ推したり、体を温めて乗り切るのがいいかなあと思います。

このページにコメントする

>>体験コメントとは

ページTOP
  1. オズモールTOP >
  2. 体の悩みをちょっとだけ減らしませんか 〜PMSの悩み2〜
シェアする twitter|facebook|mixi

TOP