チョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」会場で食べられるイチオシスイーツ5

更新日:2018/01/16

ブルガリ イル・チョコラートの「キャラメリア・グラニータ」2901円

あのグランメゾンの
特別なショコラスイーツも登場

パリ発、チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」は、チョコレートファンは見逃せないバレンタインを代表する一大イベント。16回目を迎える今回は、新宿NSビルにて1月22日(月)~28日(日)まで開催される。今年はフランスをはじめ、世界中から108ブランドのショコラが集結。イートイン限定のスイーツも充実していて、中でもイチオシはジュエリーのような「チョコレート・ジェムズ」でおなじみのブルガリ イル・チョコラートから登場する、チョコレートタルトを添えた「キャラメリア・グラニータ」(2901円)。ラズベリーやキャラメルのソースがチョコレートのグラニータと相性抜群! 華やかなグラスデザートは、思わずSNSにUPしたくなるはず。

おなじみのあのスイーツも
チョコレートでバージョンアップ!

ローラン&京子デュシェーヌからは「エクレールショコラ」(756円)が日本初上陸。フルーツを使ったショコラが有名だけれど、サクサク生地にショコラカスタードクリームがたっぷり詰まったこちらも絶品! ボリュームがあるので、シェアして食べても◎。また、兵庫にお店を構えるパティシエ エス コヤマのおすすめは、シェフのスペシャリテでもあるバウムクーヘンに、さらにこだわりをプラスした「ダニエルズ カカオバウム+フランボワーズ」(864円)。エクアドル産の良質なカカオを70%も使用したしっとり生地に、甘酸っぱいフランボワーズを組み合わせた大人の味わいを、この機会にぜひ。

ローラン&京子デュシェーヌの「エクレールショコラ」756円

アツアツも、ひんやりも。
できたてを食べたいショコラスイーツ

できたてのおいしさがいただけるのは、イートインならではのお楽しみ。ジャン=ポール・エヴァンからは、会場で焼き上げた2種類のマドレーヌを、カカオソースとクリームにディップして食べる「マドレーヌフォンデュ」(945円)がお目見え。新しいマドレーヌの食べ方に目からウロコ! また、アンリ・ルルーでは、「フォンダン・キャラメルC.B.S」(432円)に、東京会場限定で塩キャラメル風味のソフトクリーム(+216円)のトッピングも。生地の中に隠れたキャラメルとショコラと、ソフトクリームが口の中で一体になってとろける、至福のひとときをどうぞ。「サロン・デュ・ショコラ」の入場にはチケットが必須。購入したい人は、早めに公式サイトをチェック!

PR/三越伊勢丹
WRITING/MINORI KASAI

  • LINEで送る

TOP