vol.11 もうすぐ解禁!幻のフルーツ「ル レクチエ」が銀座にやってくる

更新日:2017/11/20

右ページコラージュ

またの名を“西洋なしの貴婦人”
幻の西洋なし「ル レクチエ」を知ってる?

洋なしといえば「ラ フランス」が有名だけど、もうひとつ、ラ フランスとは味や食感がかなり異なる洋なし「ル レクチエ」を知ってる? 甘みと香りがより強く、酸味は控えめ、とろけるような食感に加えて、気品漂うエレガントなシルエットから、“西洋なしの貴婦人”と讃えられているのだとか。洋なしの中でも栽培が難しく、現在では原産地のフランスでもほとんど生産されていないこちらのル レクチエが、なんと新潟で栽培されているのだそう! この希少な新潟産ル レクチエは収穫期間が短く、出回るのは11月下旬~12月下旬までの約1カ月間のみ。この時期しか味わえない、特別な味をぜひ楽しんでみて。お歳暮やクリスマスのギフトにもぴったり。

11月22日(水)ついに解禁!
ル レクチエのスイーツが銀座で楽しめる

11月22日(水)の解禁にあわせて、銀座の名店でル レクチエを贅沢に使った期間限定スイーツが登場。銀座千疋屋本店 フルーツパーラーでは、香り高いキャラメルのアイスとソースを使って、果実の甘みを引き立たせたパフェ(セットドリンク付き2160円)を、RAMO FRUTAS CAFÉでは、ル レクチエと3種チーズのパフェ(セットドリンク付き1490円)を、キル フェ ボン グランメゾン銀座ではル レクチエのタルト(609円)を、Café comme caコムサステージ銀座店では、ルレクチエといちごのケーキ(1080円)をそれぞれ提供。冬は銀座で期間限定の贅沢を堪能してみては?

※スイーツの提供期間は店舗により異なります。詳細は店舗に問い合わせを

問い合わせ先

銀座千疋屋本店 フルーツパーラー TEL.03-3571-4388/キル フェ ボン グランメゾン銀座 TEL.03-5159-0605/RAMO FRUTAS CAFE TEL.03-5537-5506/Café comme caコムサステージ銀座店 TEL.03-3535-1090

「やまぼうし」
キル フェ ボン グランメゾン銀座の新潟県白根産ル レクチエのタルト609円
左/「サンフルーツ」ルレクチエのショートケーキ 右/「菓乃実の杜」ルレクチエのケーキ

銀座三越で新潟の美食三昧!
「新潟フェア」開催

東京でおいしい新潟グルメを味わいたい。そんな人は、11月29日(水)~12月5日(火)、銀座三越の地下2階・3階、ギンザフードガーデンにて開催される「新潟フェア」へ。期間中は幻の西洋なし「ル レクチエ」を使ったスイーツをはじめ、新米、海鮮、野菜、肉など、新潟県が誇る多彩な食材を購入できるほか、旬の食材を使用したお惣菜、お弁当なども数多く揃うので立ち寄ってみて。“銀座三越限定品”も登場するのでお見逃しなく。

冬の「雪ん子賞」開催中
「#新潟オズフォトコンテスト」

新潟の写真を「#新潟オズ」を付けてInstagramに投稿しよう。現在は冬の「雪ん子賞」開催中。受賞者には新潟の特産品をプレゼント。また最優秀作品に選ばれると、新潟の旅1泊2日ペアチケット(東京からの新幹線+1泊宿泊チケット)がもらえるほか、投稿写真はもれなくオズモールで紹介されるので、あなたの感性で切り取ったフォトジェニックな「新潟」をOZmallでシェアしよう。

#新潟オズフォトコンテスト「おむすび賞」の受賞作品はこちら!

@onoj5933さんの作品

七五三でしょうか、正装した子供が見上げているのは、新潟県村上市の風物詩のひとつ、塩をすりこんだ鮭を寒風にさらして仕上げる「塩引き鮭」。天井からぶらさがる迫力のある鮭と、それを未知との遭遇といった様子で見つめる子供の表情が印象的です。

@shin_can56さん作品

雲海に紅葉! 限られたときにしか見られない絶景ですね。「大きい秋 みつけた」というタイトルも素敵です。場所は新潟県魚沼市にある枝折峠。圧巻の大自然の中に三角屋根の建物が並んでいて、絵本の1シーンのよう。

@s.kinchanさん作品

強烈に食欲が刺激されるこちらのいくらは、朝、新潟で採れた鮭を、初めて自分で漬けた
ものだそう。新潟では“はらこ”とも呼ばれるいくら、きらきらと輝いていて本当に宝石のようです。見るからに弾力があって、鮮度のよさも伝わります。

NIIGATA 食文化めぐり バックナンバー

オズマガジントリップとのコラボで、毎回新潟の豊かな食文化を紹介。新潟の特産食材や、その食材のお料理をおいしくいただけるお店、農家直伝のレシピなど、現地だけではなく、自宅でも新潟の食を楽しめる情報も発信していくのでお見逃しなく。

PR/新潟県

  • LINEで送る

TOP